--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.27

「ダックスフントのワープ」藤原伊織

ダックスフントのワープ (文春文庫)ダックスフントのワープ (文春文庫)
(2000/11)
藤原 伊織

商品詳細を見る

「ダックスフントのワープ」「ネズミ焼きの贈り物」「ノエル」「ユーレイ」の四編を収録。

「ダックスフントのワープ」
自閉的な少女・下路マリの家庭教師をする大学の心理学科に通う僕。彼女の心の病を治すため、《邪悪の意思の地獄の砂漠》にワープしたダックスフントの物語を話し始める。マリは徐々にそのストーリーに興味を持ち、日々の対話を経て症状は快方に向かっていくのだが、口を聞かなかった新しいママが壊れはじめた。

寓話が少女を正しい道に導いていくのだが、この語られる寓話に心が挽かれた。そしてマリ、僕、女教師と、人物たちがすごくドライで、ラストの衝撃度も乾いているのだが、不思議な余韻が残った。

「ネズミ焼きの贈り物」
チャイナドレスの濃い化粧の女の子が、哲学書を万引きして補導員に捕まっていた。その彼女の顔に記憶のあった僕は、千代と声をかけながら男を階段から蹴落として、その場から二人で逃げた。そして千代の兄であり僕の友達だった男の死に様と、ネズミを焼くという奇行を繰り返していたことを聞かされる。

これは…何が言いたいのかよくわからなかった。年をとって普通は成長するのだが、それ以外にも変化はあるということかしら。ちょいと解釈が難しい。

「ノエル」
高校一年生の翔子は、フトしたことがきっかけで、弟ノエルの出生の秘密を知ってしまった。それと同時に、姉弟でかわいがっていたフランス人形が、ノエルの亡き姉の形見だとも知ってしまう。翔子は何も知らない弟と共に、その人形を海へ捨てに行くことにした。

弟に流れる血の汚れというか、信じていたものの裏切りによってわいた怒り。それを弟に告げられないが、その代償としてかわいがっていた人形を憎むようになる。知って何かを行動するのと、知らぬまま行動しなければならないのは、どっちがつらいのだろうか。

「ユーレイ」
叔父の骨董店の店番をする僕の前に、ある日、女性のユーレイが訪ねてきた。この店に届くはずのあるものを待ちたい。だからこれから通わせてもらいたいと。こうして僕とユーレイは親しくなった。そして彼女がなぜユーレイになったのか、そして彼女の目的を知るのだが。

報われることのない切ない恋ですかね。ユーレイになると欲望は後退するとあったが、こんなにもあっさりしたラストだとは思わなかった。

ハードボイルドで有名な藤原伊織氏だが、処女作がこのような文学作品だとは知らなかった。だけど、派手さがない枯れた主人公だけはそのまま同じ。そこにじっと留まること。自分から何かをしようとしない。しかし何かに影響を及ぼしてしまう存在。これが藤原氏の特徴なのだろうか。まだ未読の作品が多くあるので、今後も読んでいきたいと思う。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

藤原伊織
トラックバック(4)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

いわれてみると確かに、主人公の特徴は同じかもしれませんね。
著者の作中人物に向ける目も同じなのかなぁと思います。

文庫版のカバーも可愛いですね。

ふらっと:2008/02/27(水) 17:21 | URL | [編集]

ふらっとさん
ですよね。諦観した主人公が多いと思いました。
表紙のわんこのかわいさにダマされるな、という作品でしたね。

しんちゃん:2008/02/28(木) 11:46 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

◎「ダックスフントのワープ」 藤原伊織 集英社 1325円 1987/2


 2000/11発行の文春文庫のほうには、表題作「ダックスフントのワープ」と「ネズミ焼きの贈りもの」「ノエル」「ユーレイ」と4つの作品が収録されているようだが、評者が今回読んだ単行本のほうは、「ダックスフントのワープ」と「ネズミ焼きの贈りもの」の2作のみの収

2008/02/27(水) 17:03 | 「本のことども」by聖月

藤原伊織のことども


  ◎ 『ダックスフントのワープ』 ◎◎ 『テロリストのパラソル』 既読書評なしm(__)m   ◎ 『ひまわりの祝祭』 ◎◎ 『雪が降る』   ◎ 『てのひらの闇』 既読書評なしm(__)m   ◎ 『蚊トンボ白髭の冒険』 ◎◎ 『シリウスの道』   ○ 『ダナエ』 ...

2008/02/27(水) 17:04 | 「本のことども」by聖月

ダックスフントのワープ*藤原伊織


☆☆☆・・ 利発で難しい言葉を使いたがる癖のある自閉傾向の10歳の少女マリの家庭教師として――標準的な家庭教師10人分ほどの報酬で―...

2008/02/27(水) 17:22 | +++ こんな一冊 +++

「ダックスフントのワープ」藤原伊織


タイトル:ダックスフントのワープ 著者  :藤原伊織 出版社 :文藝春秋 読書期間:2007/04/09 - 2007/04/10 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 大学の心理学科に通う「僕」は、ひょんなことから自閉的な少女・下路マリの家庭教師を引き受ける...

2008/02/28(木) 14:33 | AOCHAN-Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。