--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

10.27

「K・Nの悲劇 」高野和明

K・Nの悲劇 K・Nの悲劇
高野 和明 (2006/02/16)
講談社

この商品の詳細を見る

妊娠中絶問題を提起した本です。

マンションを買ったばかりの夏樹夫婦に妊娠が判明する。
しかし生活レベルを下げることを嫌った、夫・修平の説得で中絶をすることに妻・果波も納得。

ここからがめっちゃ怖いんです。

中絶手術のために診察台に乗った果波が突然発作をおこし、手術が延期になる。
その後、帰宅した果波に異変がおこりはじめる。
果波に他人の人格があらわれ・・・。

本の中に中絶についての様々な統計が書かれています。
ようするに子供が欲しくなければ避妊をしなさい!
泣くのは女、男は逃げる。でしょ。

めっちゃ怖かったけど、最後に救いがあったので今は爽快です。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

高野和明
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「K・Nの悲劇/高野和明」読了


K・Nの悲劇高野 和明これ、怖かった~。妊婦さんの話ってなんかとてつもなく怖いときありますよね?(ない?)どうもあたしがその分野に極端に反応してしまうようで。ものすごく怖かったのです。夏樹果波は、幸福の絶頂にいた。仕事で成功した夫、高層マンションでの新しい

2007/07/10(火) 16:53 | 本を読んだり…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。