--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

03.21

「平成大家族」中島京子

平成大家族平成大家族
(2008/02/05)
中島 京子

商品詳細を見る

歯科医を自主的に引退し、優雅な隠居生活を夢見た緋田龍太郎72歳。30歳を過ぎても引きこもりの長男・克郎を「いつか追い出してやる」と思いながらも実行せずにいる。そんなところへ、夫のIT事業失敗に直面した長女・逸子の一家が舞い戻ってくる。有名私立中学から公立中学へ転校余儀なくされたさとるは、いじめに巻き込まれないための「公立サバイバル」に密かに取り組む。さらに、大阪で結婚生活を送っていたはずの次女・友恵が突然離婚、35歳で妊娠して出戻ってくる。そして妻・春子の母、タケは時折、大連の頃の記憶が頭を巡りだす。緋田家が外に出したものは全部、しかも外で増えてしまった人数をすべて抱えて戻り、出そうにも出て行かないものが、相変わらず残った。思わぬ形で四世代同居となった家族のそれぞれの思いを描いた大家族の物語。

これは良かった。三人称でだっと勢いある大家族を描くのではなく、一人称でそれぞれの人物の悩みを描き、家族たちが次々とリレーしていくことで、大家族の月日が過ぎていく。

龍太郎、72歳。何事にも事なかれ主義の緋田家当主。2年前に歯科医を勝手に定年退職。趣味は囲碁と義歯製作。...「トロッポ・タルディ」 友恵、35歳。緋田家の次女。夫との離婚後、妊娠。子供の父親が14歳年下の駆け出し芸人であることは誰にも言えない。...「酢こんぶプラン」 さとる、13歳。柳井家の長男、中学2年。有名私立中学を退学し、公立中学へ転校。両親が鬱陶しく、いじめを恐れている。...「公立中サバイバル」 逸子、40歳。龍太郎の長女。夫の会社が倒産し、一家で実家に転がり込む。溺愛する息子を転校させたことに罪悪感を抱く。...「アンファン・テリブル」 タケ・92歳。春子の母。要介護2の認知症で、時折、大連にいた頃の記憶と、現在がごっちゃになる。...「時をかける老婆」 克郎、30歳。存在感が薄い緋田家の長男。庭の物置に引きこもったまま、インターネットトレードにハマっている。...「ネガティブ・インディケータ」 皆川カヤノ、24歳。週二回、緋田家を訪問するタケの介護ヘルパー。元カレと別れ、正真正銘、初めての恋人と,ただいま甘い恋の真っ最中。...「冬眠明け」 聡介、44歳。逸子の夫。IT事業に失敗。職探しと偽って、知らない街を放浪中に、ある求人案内に足を止める。...「葡萄を狩りに」 春子、66歳。龍太郎の妻。母親の介護や、家庭に無関心な夫と我の強い娘たちに振り回され、悩みと不満が鬱積。...「カラスとサギ」 漆畑慎吾、21歳。芸名うるうるしんご。編み物が趣味のピン芸人。ひとりで産むと告げた友恵に対して、答えられなかった過去をくやむ。...「不存在の証明」 緋田家のエピローグ。あらたな生活への旅立ち。...「我輩は猫ではない」

内容紹介と人物紹介を頑張ったと思う。でも体調が悪いので感想はパス。お許しを。だけど一言だけ。これめっちゃ好き!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

中島京子
トラックバック(11)  コメント(16) 

Next |  Back

comments

体調だいじょぶですか~?

これはよかったですね!私も好きです。
いろいろあるけど、笑い飛ばせる明るさがありました。
みんな勝手にやってんのに(笑)
家族ってどこまでも家族で、ちょっと安心できるかも。

ちきちき:2008/03/23(日) 18:55 | URL | [編集]

体調が悪いとのこと、大丈夫ですか?
季節の変わり目なので、ご無理なさいませんよう。

この作品とっても良かったですね~♪
家族であっても全部理解しあってるわけじゃない。
距離はあるんだけど、断絶してるわけでもない。
そんな距離感が不思議と心地良かったです。

エビノート:2008/03/23(日) 19:37 | URL | [編集]

ちきちきさん
死ぬかと思っちゃいました。でももう大丈夫です。たぶん。

いいですよね、これ。あまり干渉しない距離感が絶妙でした。
でもどっかで繋がっているんですよねー。ある人を除いて(笑)

しんちゃん:2008/03/23(日) 20:35 | URL | [編集]

エビノートさん
立ったまま意識を失いそうになりました。
あれは何だったのだろう。ビビッたー。

読み始めは静かやなーと思いました。
ですが、タケ、克郎あたりからニヤリしっぱなし。
家族の繋がりと、あの結末がたまりませんでした。

しんちゃん:2008/03/23(日) 20:41 | URL | [編集]

こんばんは。しんちゃん。
この作品で、ますます中島さんのファンになってしまいました!
わたしも、この作品がめっちゃ好き!です(笑)

ゆう:2008/03/23(日) 21:55 | URL | [編集]

こんにちは。
体調、回復したようでよかったです。

私もこの作品、すごく好きです。
タケや克郎のエピソードもおもしろかったし、それぞれの立場から語られる家族の関係(?)も楽しんで読みました。

mint:2008/03/24(月) 09:59 | URL | [編集]

ゆうさん、こんにちは。
中島さんの描くダメ人間はいいよねー。
周りにいたらイライラしそうだけど、これが憎めないんだよな。
めっちゃ良かったですよね。

しんちゃん:2008/03/24(月) 12:30 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
今は平常モードに戻りました。ありがとね。

龍太郎から見た克郎、カヤノから見た克郎とか
リレーで見る家族たちが面白かったですね。

しんちゃん:2008/03/24(月) 12:35 | URL | [編集]

しんちゃん こんばんは。
体調はどうですか。
気温の変化が激しいので、気をつけて~。
この作品、内容的にはシビアですが、笑えました。
イナバ物置が頭に浮かぶ~(笑)
「冬眠明け」が一番好きかな。

naru:2008/03/24(月) 20:14 | URL | [編集]

naruさん、こんにちは。
温くなったり寒くなったり、おかしな毎日ですね。
百人乗っても大丈夫ってヤツですか。
もっと古い木造のを想像していました。
「冬眠明け」のベタなのは良かったですよねー。

しんちゃん:2008/03/25(火) 11:52 | URL | [編集]

自分もこういうタイプ話は好きです。
中島作品はこれが初読みだったのですが、上手いなと思いました。
特に「冬眠明け」や「葡萄を狩りに」、そして最後の「我輩は猫ではない」のような話は良かったです。

リベ:2008/06/19(木) 14:06 | URL | [編集]

りべさん
中島さんはいいですよ!これを機会にもっと読みましょう。
「冬眠明け」はベタ好きにはたまらないです。
「葡萄」「我輩」は今の父親像がそのまま描かれてるっぽいですね。

しんちゃん:2008/06/19(木) 21:36 | URL | [編集]

こんばんは。
中島さんの本、初めて読みましたが、
ホント、面白くあっという間に読み終えました。
決してハッピーエンドではないけど、明日へとつながっていくのがいいですね。
仰るとおり、一人称で、それぞれの目線で書かれていて、また面白い!
これを機会に、他の本も読んでみたいです!

percy:2008/08/24(日) 22:48 | URL | [編集]

percyさん、こんにちは。
中島さんはいいよー! 新刊が出ると必ず読んでいます。
愛すべきダメな人たちが一歩を踏み出していく。
それが大家族全員というところが面白かったですね。
他の既刊もぜひぜひ。

しんちゃん:2008/08/25(月) 12:50 | URL | [編集]

私も中島さん初読みだったんですけど、読み始めはちょっと面倒くさそう?硬いかな?なんて思ったのに、数ページ進んだらすんなり入って行けました。
一人一人の事情が分かって、大変なのに、なんだかにんまりしちゃったり。
克郎とさとるの父の農作業の章、好きです。

じゃじゃまま:2008/10/28(火) 22:58 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
たぶん、あっちの大家族と比べてしまったのでしょうね。
家族の本当の姿が見えるたびにニヤニヤでした。
そんな中でも克郎は外せないですよね。
親父とカヤノの目線の違いがたまらなかったです。

しんちゃん:2008/10/29(水) 11:55 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

平成大家族


JUGEMテーマ:読書 家族のことを、どれだけ知っていますか? 72歳の元歯科医・緋田龍太郎が、妻と妻の母、ひきこもりの長男と暮らす家に、事業に失敗した長女一家、離婚した妊婦の次女が戻ってきて、大家族に。家族それぞれの思いをユーモアを交え綴る連作長編。集英社

2008/03/23(日) 18:56 | ぼちぼち

平成大家族 〔中島 京子〕


平成大家族中島 京子 集英社 2008-02-05売り上げランキング : 10659おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 家族なのに。家族だから。 言わない言えない。訊かない訊けない。 父が、母が、子が、祖母が。 4世帯家族の混戦連作小説集。 (単行本・

2008/03/23(日) 19:32 | まったり読書日記

平成大家族 中島京子


元歯科医の老夫婦と妻の母、引きこもりとなった長男と暮らす家に、事業に失敗した長女夫婦、離婚した妊婦の次女が同居することになった一家の大家族騒動記。 一応は静かに暮らしていた老夫婦の居住まいが、一瞬にして穏やかでないものとなってしまった様子が、家族それぞ...

2008/03/23(日) 21:56 | かみさまの贈りもの~読書日記~

『平成大家族』


今日読んだ本は、中島京子さんの『平成大家族』です。

2008/03/24(月) 10:00 | いつか どこかで

中島京子『平成大家族』


「窮鳥懐に入れば猟師もこれを殺さず」

2008/03/24(月) 20:35 | 待ち合わせは本屋さんで

平成大家族 (中島京子)


(本の内容) 72歳の元歯科医・緋田龍太郎が妻の春子、妻の母のタケ、ひきこもりの長男克郎と暮らす家に、事業が失敗した長女逸子の一家3人、離婚した妊婦の次女友恵が同居することに。にわか大家族になった緋田家の明日は・・・!?家族それぞれの目線から語られる、そ

2008/06/19(木) 13:58 | 今夜も読書を

『平成大家族』中島京子


『平成大家族』中島京子 平成大家族(2008/02/05)中島 京子商品詳細を見る ********************************...

2008/08/24(日) 22:39 | バンザイ!(^^)!

平成大家族 中島京子著。


≪★★★☆≫ 登場人物にはクセがあるのに、物語にはクセがなく、読み心地のよさを感じた。 義歯の製作の趣味を持つ、引退した歯科医の緋田龍太郎を筆頭に、緋田家には、妻の春子、春子の母タケ、何年も引きこもっている長男克郎が暮らしていた。 そこへ、事業の失敗で自

2008/10/28(火) 22:28 | じゃじゃままブックレビュー

平成大家族


平成大家族/中島 京子 ¥1,680 Amazon.co.jp 「平成大家族」 中島京子・著 集英社・出版 『シビアなのに、どこかふんわり穏やか』  本書、雑誌「本の雑誌」の上半期ベスト10にランクインしておりました、 読んでみたら、それに違わぬ、面白さ!!。

2008/12/10(水) 00:14 | 個人的読書

平成大家族/中島京子


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/12/6~2008/12/7 [集英社HPより] 家族のことを、どれだけ知っていますか? 72歳の元歯科医・緋田龍太郎が、妻と妻の母、ひきこもりの長男と暮らす家に、事業に失敗した長女一家、離婚した妊婦の次女が戻ってきて、大家族に。家

2008/12/20(土) 00:34 | hibidoku~日々、読書~

「平成大家族」「futon」感想 中島京子


「ちいさいお家」が凄く良かったので、他の中島京子さんの本も読んでみよう・・・と思い立ち、読んだのが、この2冊でした。

2011/04/08(金) 15:49 | ポコアポコヤ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。