--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

03.23

「フラミンゴの家」伊藤たかみ

フラミンゴの家フラミンゴの家
(2008/01)
伊藤 たかみ

商品詳細を見る

大阪にほど近いJ市駅の北側は町の顔。一方、駅の南側に位置し、シャッター通りと言われれ、町の下半身と呼ばれるさかえ通り商店街。そこでパチンコ屋とスナックを経営する実家を手伝い、すっかり水商売が板についた片瀬正人。6年前に離婚した妻がガンで入院し、幼い頃に別れたきりの娘・晶を預かることになったのだが…。子どもだけでなく親も大人になる。人の本当の強さとは何かを問う、悲しさの中にも可笑しさがある家族小説。

子供の世話だけはちゃんとするべきだと言う正人に対し、仕事から手が離せないと言う翔子。夫婦はすれ違いの日々が続いて、ついに別れることになった。彼女とはいっさい連絡を取らず、娘の晶と会うこともなかった。それが翔子の入院がきっかけで、娘の晶と一緒に住むことになった正人だが、我が娘とどう向き合えばよいのかわからずに、恐々と接する。それに地元人に戻った正人だが、娘は都会で育ってきた。翔子の病気のことも漏らせない。

一方の娘側、晶はかつてパパっ子だった記憶がまったくなく、自分のことを捨てたと正人のことを思っていて、パパとは呼ばずに片瀬さんと呼んで距離を取る。本人は隠そうとしているが、どこから見ても田舎ヤンキーの匂いがするし、愛車は改造シーマーだし、女の影もちらついている。だけど、母にもしものことがあれば、祖父母のもとか、母の恋人の小早川さんか、ないとは思うが正人に引き取られるかもしれないので、一応人物を見極めようとする。

ちょっと難しい年代の女の子を取り巻く大人たちに魅力があった。キャバレーを出そうとする正人の母、商才のある弟の龍二、幼なじみでパブ経営の高井戸、高井戸の妹であり正人の恋人のあや子、片瀬家の居候兼ボディーガードのたあ坊。中でもおかんのパワーと、あや子のさりげない献身さが印象的だった。

どんどん病状が悪化する翔子のことや、これからのことを考えていかなければならない不安。父娘は押しつぶされそうな現実に襲われながらも、家族経営の商売のこと、さかえ通り商店街夏祭りのことなどの問題も抱えていく。さまざまな困難はあるが、周りにいる怪しげな人々とのひと夏の生活を通して、父娘の関係は、ぶつかりながらも絆を強めていく。

晶がお母さんのことを想う場面は、ぐっと込み上げてくるものはあるが、全体的にユーモアがあって、晶を猫かわいがりせずに、自分で考えさせようとしているのが良かったと思う。それに、片瀬さんと呼んでいたのが、自然にパパと呼んでいることに気づいた時、こちらまで幸せでいっぱいになることができた。大人とは、子供が大きくなっただけで特別な存在ではない。父娘が一緒に成長していく姿に感動した、一冊だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊藤たかみ
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

親子になる


小説「フラミンゴの家」を読みました。 著者は 伊藤 たかみ ストーリーというか、プロットはありがちで 元妻が入院したため、娘を預かることになった正人 2人の関係を軸に 親子にな

2012/09/13(木) 20:13 | 笑う社会人の生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。