--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

03.26

「ラ・パティスリー」上田早夕里

ラ・パティスリーラ・パティスリー
(2005/11)
上田 早夕里

商品詳細を見る

森沢夏織の勤務先・フランス菓子店〈ロワゾ・ドール〉は、駅から徒歩で十分ほどの坂をのぼった場所にあり、喫茶部が併設された中規模程度の個人店である。定休日の火曜日以外は、毎日のように大勢の客が訪れる。土日や祝日には遠方からも客が来て賑わう。関西地方ではよく名前を知られた神戸にある店だ。アルバイトで入り、製菓学校を卒業後、真面目に勤めたのが効いたのか、四月から正規の従業員として採用になった。正式にパティシエとして雇われたのである。

新人職人である夏織の朝一番の仕事は、誰よりも早く出勤し、厨房のオーブンに火を入れることだ。その日も、いつもと同じように厨房に入ると、見覚えのない先客が、作業台に向かって飴細工を作っていた。お菓子の作り方以外はまったく記憶がない謎の菓子職人・市川恭也だった。彼はオーナーに頼み込み、新人パティシエの待遇で、〈ロワゾ・ドール〉で働くことを認められた。

二人の交流を通じて描く洋菓子店の日常と、そこに集うさまざまなお客の人間模様。10年前の懐かしい味を求めてやってくるお客。そんなめずらしい客もいれば、ほとんどの客は気まぐれ。どんなに美味しいケーキでも、そればかり食べ続ければ、やがて飽きてしまう。そこでお店側も新たに工夫する。

そして従業員たちのそれぞれの夢。ある者は独立を目指し、ある者はコンテストで優勝がしたいと言い、東京に店を出したいと夢を語りあう。そして喧嘩別れした親子のこと、恋人未満の二人の関係のこと、市川恭也の失われた過去のこと。彼らの人間ドラマが中々面白く、読み終えたあとは、ほんのりとした幸せな気分に浸ることが出来た。

甘いモノがまったく食べられないおいらだが、ひと欠けぐらいは食べてみたいと思うまでになった。ザ・ケーキ三昧という描写ばかりで、甘いモノに目がない方にはたまらない本だと思う。ストーリーの方は、甘みよりもちょっぴりビター風味で、香りのよい紅茶が似合いそうな本であった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんばんは、しんちゃん。
この本は、甘党なわたしには面白かったですよ。
私も書きましたが、ケーキ好きの人には読んで欲しいです。
以外と、女子の人たちが読んでいないのが、ちょっと残念な気がします。

モンガ:2008/04/04(金) 00:37 | URL | [編集]

モンガさん、こんにちは。
女子の人たちというよりも、読んでるかたが極端に少ないですよね。
新刊はミステリ・フロンティアなので、手に取るかたが多いかも。
そしたらこれも読者が増えるんじゃないでしょうか。

しんちゃん:2008/04/04(金) 11:55 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ラ・パティスリー  上田 早夕里


ラ・パティスリー 上田 早夕里  07-90 ★★★☆☆  【ラ・パティスリー】 上田 早夕里 著  角川春樹事務所  《スイーツを好きでしょうがない人、必読かも》  内容(「MARC」データベースより) 坂の上の洋菓子店へようこそ! ある日突然現れた謎の...

2008/03/26(水) 13:02 | モンガの独り言 読書日記通信

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。