--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

03.31

「無痛」久坂部羊

無痛無痛
(2006/04)
久坂部 羊

商品詳細を見る

神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本部は具体的な犯人像を絞り込むことができなかった。そして八カ月後、精神障害児童施設に収容されている十四歳の少女が、あの事件の犯人は自分だと告白した、が……。

見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条―。人を殺せば殺すほど、罪に問われぬ人がいる。罪なき罰と、罰なき罪。いちばん悪いのは誰だ?《本の帯より》

書店で海堂尊の医療シリーズと並べられて平積みされていた。これはすごく気になってしまうのはわかってもらえるだろう。思わず手にとってレジに直行、ではなく、その足で図書館へ行き、運よく棚にあったのを借りた。おいおい…買えよ。

まずは内容紹介の補足と人物紹介をしておきます。

為頼英介、四十七歳。妻とは死別。東灘区の古アパートで診療所を営む開業医。患者の外見の兆候から病気が診断できるが、治らない病気が見えるなら、見えないほうがいいという。犯人の兆候も読み取れる。

高島菜見子、二十七歳。三歳の息子の裕輔と二人暮らし。精神障害児童施設で臨床心理士をしている。サトミの症状を見て欲しいと、為頼に相談を持ちかける。別れた夫の執拗なストーカー行為に悩まされている。

南サトミ、十四歳。菜見子の患者で、強迫神経症や自閉症の症状もある境界型人格障害の中学二年生。会話は菜見子とのメールでしかしない。教師一家惨殺事件の自白をするが、刑事の訪問を知って施設を脱走。

白神陽児、三十六歳。医師会に属さない関西有数の私立病院長。新しい発想で現在の医療に風穴を開けようとしている。彼もまた症状が見えてしまう医師だが、治る患者を見分けて病院の治療成績を上げようとしている。

イバラこと伊原忠輝、二十三歳。白神が特別に手をかけて治療している患者であり、手術エリアの機材係。嗅覚が鋭いのと、先天性無痛症なので痛みをまったく感じない。助けてくれた白神を崇拝して、実験台にもなっている。

佐田要造、三十四歳。うぬぼれが強くて自分に甘く、小心さと図々しさが入り混じった自分勝手な男。半年で離婚された菜見子を逆恨みして、執拗なストーカー行為を続けている。

早瀬順一郎、三十二歳。灘署に所属する刑事。一家殺害事件の犯人を追う。刑法三十九条を悪用して、刑を逃れる犯罪者が赦せない。刑法三十九条に理不尽な思いを募らせている。その刑法三十九条とは、心神喪失者の行為は、罰しない。心神耗弱者の行為は、その刑を軽減する。というもの。

冒頭で提示されるおぞましい殺人事件の犯人は誰か、という謎解きはいつのまにか作品の中心から離れてしまっている。たぶん、為頼と菜見子が絡むストーリーが主流になっているのだろう。それらと平行して、白神や佐田やイバラたちコンプレックスを抱える人物のストーリーが展開していく。その彼ら各々のストーリーに盛り上がりが欠けていて、長々と読まされるのは少し飽きがくる。この著者は構成力に難がある。その不味さが本の分厚さにも繋がっているのだろう。それゆえに、患者の外見の兆候から病気が診断できるという魅力ある設定が生かされていなかったのが残念だった。

医療のこと、人格障害のこと、刑法三十九条のことなど、たくさんの問題提起はあるが答えは読者に委ねられている。難しい問題ではあるが、提起するならば意見に同調するしないは別として、一応の答えを出して欲しかった。

そして終盤に来て、ジェットコースター並みの加速度であらゆることが繋がっていく。忘れられた冒頭の事件や、ストーカーや、精神の異常やら、これまでバラバラだったストーリーが結びついていくのだ。かなりご都合主義が見えるが、そこは面白く読めた。ただ、そこまで持ってくるまでの読ませる力が足りないのかなと思った。やはり、この人に必要なのは構成力でしょ。ミステリとしても破綻しているし、自分としてはもう一つだった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(5)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

こんにちは。
医学ものでも海堂さんとは全然違う作風ですよね。
終わりのほうは、ひぇ~っ!って思いながら読んだ記憶があります。
インパクトがありすぎたおかげで(?)、久坂部さんはこの本しか読んでいないのですが。(笑)

mint:2008/04/01(火) 11:35 | URL | [編集]

mintさん、こんばんは。
まったく別物でしたね。一緒でも困るけど。
読みやすいのですが、盛り上がる部分がない。
それでく長ーーいので途中でだれてしまいました。
もういいかな^^;

しんちゃん:2008/04/01(火) 19:32 | URL | [編集]

冒頭で、アーケード歩いてる時に、主人公が危険な兆候を見抜くところ、こんな人がそばにいてくれたら安心だな~って思ってました。(笑)
一家惨殺は、貫井徳郎氏の「愚行録」と比べちゃいます。一家惨殺ってのは嫌なもんですね。

じゃじゃまま:2008/04/02(水) 17:23 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
冒頭のあの場面はカッコよかったですよね。
期待値があがったのですが、その後は生かされておらず。
肩透かしを食らっちゃいました。

しんちゃん:2008/04/03(木) 12:41 | URL | [編集]

見るだけで病気がわかるなんて、すごく魅力的な設定だと思いましたが、問題提起が多く、読み応えがありすぎてまとまってない感じですね。

花:2008/04/30(水) 22:36 | URL | [編集]

花さん
これは明らかに詰め込みすぎですよね。
もっとキャラの特性を生かして欲しかったです。

しんちゃん:2008/05/01(木) 19:23 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

無痛 久坂部羊著。


教師一家惨殺事件。小さな子どもまでもがむごたらしく殺害された。 一体誰が? 病気は、診察などしなくても見ただけで兆候が出ているらしい。 診ようする意思さえあれば、体を観察するだけで分かってしまう、その予後までも。 この話の中では、為頼の説にみんな首をかしげ...

2008/04/02(水) 17:19 | じゃじゃままブックレビュー

本「無痛」


無痛 久坂部羊 幻冬舎 2006年4月 一家惨殺事件が起きる。その殺し方はすさまじく、情緒欠如の疑いが強いと思われた。刑法三十九条「心神喪失者の行為は、罰しない。心神耗弱者の行為は、その刑を軽減する」とあることより、捜査員のあいだに重苦しい空...

2008/04/30(水) 22:37 | <花>の本と映画の感想

硬膜外麻酔法の安全性


麻酔薬を用いた無痛分娩といえば、硬膜外麻酔法が主流となっています。 これは、腰椎の中にある硬膜外腔というスペースに細い管を入れ、麻酔薬を注入する方法です。 この方法を行なうにあたって重大な問題が生じることは稀ですが、針を進める際に誤って硬膜外腔の奥...

2008/05/02(金) 20:24 | 医療の最新情報

医療に限界はあるのか:無痛


無痛作者: 久坂部 羊出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2006/04メディア: 単行本 「廃用身」、「破裂」に続く久坂部羊の第三作。 今までと感じが異なるが、面白さは一番上かもしれない。

2008/07/07(月) 22:11 | 本読みの記録

(書評)無痛


著者:久坂部羊 無痛 (幻冬舎文庫)(2008/09)久坂部 羊商品詳細を見る 表情、皮膚などの外見的特徴から、相手の体調を察知することの出来る医...

2009/04/22(水) 22:49 | 新・たこの感想文

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。