--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.03

「みなさん、さようなら」久保寺健彦

みなさん、さようならみなさん、さようなら
(2007/11)
久保寺 健彦

商品詳細を見る

芙六小学校を卒業したのは全部で107人。みんな団地に住んでいた。小学校の卒業式で起きたある事件をきっかけに、団地から出られなくなってしまった渡会悟。それを受け入れた悟は団地で友達を作り、恋をし、働き、団地の仲だけで生きていこうとする。「団地に閉じこもってたら、悟君の友達は減る一方でしょ。さみしくない、そういうのって?」 月日が経つにつれ一人また一人と同級生は減っていき、最愛の恋人も彼の前を去ろうとしていた。悟が団地を出られる日はやってくるのだろうか――。限られた狭い範囲で生きようとした少年が、孤独と葛藤に苛まれながらも伸びやかに成長する姿を描く、極上のエンターテイメントであり感動の物語。第1回パピルス新人賞受賞作。《本の帯より》

主人公は団地っ子の悟。中学へは行かないと宣言し、それ以降、団地の敷地内から一歩たりとも外へ出ない生活を始めた。団地には、遊戯室とトレーニングルーム、視聴覚室と図書館を併設したコミュニティセンター、通称コミセンがあり、保育園もある。他にも公共施設があって、クリーニング屋、ケーキ屋、本屋、酒屋、中華料理屋、八百屋、肉屋、郵便局の出張所、内科医院と、必要なものは揃っている。運動も勉強もここでできるし、友達もいる。主人公はパトロールをして同級生の動向を把握し、信奉する極真空手の創始者の大山倍達に憧れて、ランニング、基礎体力作り、空手の練習などのトレーニングをして、体を鍛える。始めは面白がって一緒に行動していた友達だが、一人抜け、また一人抜け…。

そんな中で、同じように団地が全てだった薗田くんと仲良くなったり、隣同士で幼なじみの松島さんと話すようになって社会の正論を知ったり。そして不登校だった中学卒業を期に、敷地内にあるケーキ屋のタイジロンヌで師匠のもと働きはじめる。そんな主人公だが、かつての同級生たちは少しずつ団地を去っていく。やがて彼女もできて、このままストーリーは進むのかと思いきや、主人公がなぜ団地を出られなくなったのか、というトラウマの原因が提示され、ここから作品の雰囲気が変わってゆく。

これまでがわりとのん気だったのに対し、けっこう重い流れになっていく。これが少し苦手というか退屈というか。団地の老朽化に伴って、若者の流出がやまず、お年よりも亡くなって、お店もシャッターが下ろされ、空き部屋が目立つようになっていく。それに幼なじみも、恋人も、師匠も、親友もと、魅力ある人物が次々と去っていく。作品の展開としては納得できるのだが、物悲しさよりも辛気臭さによって、読むペースを下げてしまった。しかしそこに救世主が登場する。孤独なサッカー少女のマリアだ。途中で中だるみを感じたものの、彼女とからむことによって終盤に盛り返し、最後は気持ちよく本を閉じることができた。

だけど、一番の理解者であるの母親のヒーさんや、変わり者と見ずに接してくれた多くの人たちに対して、主人公ははたして感謝していたのだろうか。もし気付かぬままだったら、こいつはサイテーなやつ。そういった心理描写がごっそり抜け落ちていたのが残念だった。それとも閉鎖した世界で生きてきたので、そういう感情の欠如をわざとねらったのか。それならば、やはりサイテーなやつ。なんてイジワルを言ってみたりする。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

久保寺健彦
トラックバック(5)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

こんばんは。

トラウマ告白後は重かったですね~。
薗田くん(思い出した!)とのことは特に辛かったです。
主人公は…自分の事でいっぱいいっぱい?
団地やそこにすむ人たち、時代の流れが興味深かったです。

ちきちき:2008/04/03(木) 21:46 | URL | [編集]

ちきちきさん、こんにちは。
薗田くん思い出せましたか。いじめられっ子で登校拒否児。
いっしょにパトロールして、ケーキ屋さんも一緒にするあの子です。
彼が壊れていくところは痛かったですよね。
なのに主人公は、これといった感情を見せない。
やっぱこの主人公はおかしいよ。

しんちゃん:2008/04/04(金) 11:49 | URL | [編集]

しんちゃん こんばんは。
おぉー。ちょっとイジワル(笑)
環境のせいってことなのかな??!
後半重かったですね~。
アイデアとしては面白かったけど。
『ブラック・ジャック』がけっこうツボだったんで
もうちょっと違う感じが読みたいかも。

naru:2008/04/04(金) 21:28 | URL | [編集]

naru、こんにちは。
イジワルしすぎですかね(笑)
でも感謝を知らないのは嫌なヤツですよ。
後半のさびれは、重くてしんどかったです。
同じような素材の「ブラック・ジャック」ですが
全然タイプが違いましたね。今後どこへ行くのやら。

しんちゃん:2008/04/05(土) 12:41 | URL | [編集]

こんばんは。
私もしんちゃんのように周りの人たちのあたたかさをわかっていたのかな?って思いました。
2冊も同時に受賞ってすごいですよね。
次もチェックですね。

なな:2008/04/17(木) 21:01 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
ですよね。周りの人たちに感謝してないのが気になりました。
確かに連続受賞はすごいと思います。でももう少しなにかが欲しいかな。

しんちゃん:2008/04/18(金) 12:10 | URL | [編集]

こんにちは。
悟が団地の外に出られなくなる理由がわかるところで雰囲気がガラリと変わりましたね。
薗田のこともちょっと重かったし。
そういえば、確かに悟が周りの人に感謝する心理描写は抜けてましたね。
気づいてないわけじゃないと思うけど…。

mint:2008/09/29(月) 11:42 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
雰囲気が変わりすぎて、好きっていえなくなりました。
前半が良かっただけに…。
感謝の気持ちがあったならば盛り返していたかもです。

しんちゃん:2008/09/29(月) 12:37 | URL | [編集]

何かひとつに打ち込む主人公をすごいと思いました。団地にとじこもるわけはぜんぜん分りませんでしたが、それでも、中学校へ行って友達と勉強するほうが楽なのに、自分で決めたメニューを一人こつこつこなす姿がかっこよく映りました。人間は、もともと集団で生きる習性をもって生きる動物だから、主人公の生き方は、さぞ、意志と努力が必要だったのではないかと・・・。後半で、主人公が団地を出られないわけを知ったときは、衝撃的でした。そして、この広い世間を適度にあちこちに参加し、嫌なところは見ないように生きている私より、はるかにこの主人公は濃い人生を送っているな~と・・・人間は、移動距離、行動範囲で、人生の濃さが決まるのではなく、どれだけ、人生に自分をこめるか?なんですね・・・。ついつい、どれだけ広範囲に移動できるかに価値をおいていた自分を馬鹿らしく感じれました。人間嫌な人間関係は、適当に・・・上手にこなすのも手ですが・・・人生にこれだけこめれるのは、本当にすばらしいことだと主人公を尊敬しました。私が一生かかっても体験できないような経験を彼は、17年間という人生で学んだのではないでしょうか・・・悟君、がんばれ!あなたならどこに行ってもやってける!と思いました。

やぶ:2008/11/02(日) 02:35 | URL | [編集]

やぶさん
すごく読み込んでいらっしゃいますね。
でも、ここはレビューを書く場所ではありません。
だから、コメントの趣旨としては見当違いかと^^;
よって、当方、困惑しております。

しんちゃん:2008/11/02(日) 12:58 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

みなさん、さようなら


JUGEMテーマ:読書 団地という限られた世界の中だけで生きようとした少年。だが誰もが彼の前から去ってゆく……。少年が孤独と葛藤に苛まれながらも伸びやかに成長する姿を描く、第一回パピルス新人賞受賞作!幻冬舎HPより さて。去年三冠の新人さんということです

2008/04/03(木) 21:46 | ぼちぼち

久保寺健彦『みなさん、さようなら』


「一生、団地で暮らしたい」

2008/04/04(金) 22:32 | 待ち合わせは本屋さんで

『みなさん、さようなら』久保寺健彦


みなさん、さようなら 久保寺 健彦 2007/11/10発行 幻冬舎 P.332 ¥1,575 ★★★★★ 団地の中にとどまる限り、危険な外部とは隔たっていられる。しかし、団地は外部と完全に隔絶しているわけではない。三か所の入り口から、外部の?魔?が侵入

2008/04/08(火) 19:37 | ほんだらけ

「みなさん、さようなら」久保寺健彦


みなさん、さようなら 久保寺 健彦 JUGEMテーマ:読書 1回パピルス新人賞受賞作。 「ブラックジャック・キッド」はファンタジーノベル大賞ですよね。なんだかすごいなぁ。 主人公は悟は小学校卒業後「中学へは行かない」と宣言し、それ以降団地の敷地から一歩...

2008/04/17(木) 21:02 | ナナメモ

『みなさん、さようなら』 久保寺健彦


今日読んだ本は、久保寺健彦さんの『みなさん、さようなら』(2007/11)です。

2008/09/29(月) 11:43 | いつか どこかで

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。