--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.06

「主題歌」柴崎友香

主題歌主題歌
(2008/03/04)
柴崎 友香

商品詳細を見る

デザイン関連の会社でOLをしている実加の楽しみは、三つ上の三十一歳の小田ちゃんと、テレビの中でも身の回りでもかわいい女の子を見つけて報告し合うこと。同期のいつ子を加えた三人組でランチに行っても、かわいいアルバイトの女の子を見つけて盛り上がり、仕事場に一カ月ほど前からアルバイトに来た、背が高いというよりでかいという印象の愛ちゃんも、かわいいな、ええ子やよ、と言い合い、雑誌「PLAYBOY」の綴じ込み『永遠のセクシー女優名鑑』を歩きながら見入ってしまい、路上駐車の車にぶつかりそうになったり、同棲中のもうすぐ三十四歳になる洋治よりも、プレイボーイを必死に見てしまうほど、とにかくかわいい女の子が大好き。

女子好きな女性って、おいらは男だからこういう感性というか何というかはよく分からない。同性愛というわけでなく、ただかわいい女の子を見て楽しんで、きゃっきゃと騒ぐだけ。これとは少し違うが、女同士で手をつないだり、人前で笑いながら女同士でキスをしたりする女の子たちがいる。これはおいらのまわりにいる人たち限定なのかもしれないが。だけど男同士ではとても考えられない。……。うげーーっ、想像したら気持ちが悪くなってきた。これだけは乙女たちの空想上の楽しみだけに留めておきたい。というか、BL(男と男のラブ)をすんなりと受け入れてしまう女の子がいること自体を不思議に思う。どこかで聞いた記憶があるのだが、男は想像する人種で、女は現実がすべての人種。これで言うならば、男性は想像力が強すぎて、ある一定を超えると楽しめないが、女性にとっては、想像はあくまで想像でしか過ぎず、だからあんなにドギツイものでも平気で読めるのかもしれない。あら……、話が脱線しすぎたかしら。えーっと、汗、汗、女子好きのお話だっけ。

主人公の実加は友達の花絵の個展を訪問したり、音楽の趣味が合う森本やりえといっしょにライブに行き、食事をする。それら人とのやり取りを描きながら、周りの風景や人たちも描写し、さらにふっと実加以外の目線で物事を見ることで、全体像が明確に膨らんで、情景が目に浮かぶ柴崎ワールドを構築している。さらりと描いているようでいて、ここに柴崎友香の上手さがあると思う。

女の子の友だちをみんなうちに呼んで開催した女の子カフェも、とても楽しそうで、すごくいい雰囲気だった。柴崎友香が描く女の子って、みんな普通なのだが、それぞれに魅力がある。ある一部分を強調するわけでもないのに、みんなが生き生きしているように感じられるのだ。三十歳になった敬一と、どこかで繋がっている人物たちがリレーする「六十の半分」、恋する女性のなに気ない日常を切り取った「ブルー、イエロー、オレンジ、オレンジ、レッド」が同時収録されている。これら30ページほどの短編二作も、また違った味わいがあって、短いながらも情景が目に浮かぶ。ふつうの日常を面白く読ませてしまう柴崎友香は、やはりすごいと思った。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

柴崎友香
トラックバック(7)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

>ある一部分を強調するわけでもないのに、みんなが生き生きしているように感じられるのだ。

そうそう、深~くうなずきました。
自然体の女の子の描写が秀逸ですね、柴崎さん。

ふらっと:2008/04/11(金) 06:26 | URL | [編集]

ふらっとさん
ふつうなんだけど魅力があるんですよね。
お局やセクハラおやじがいないのも柴崎さんらしい。
せっぱつまった感のない日常だけど、なんかいいのよ。

しんちゃん:2008/04/11(金) 20:38 | URL | [編集]

女の人はみんな「かわいい女の子」が好きだと思います。
でも手をつないだり、キスしたりなんていうのは私の周りにはいないぞ!
柴崎さんの描く日常。ゆるゆると時間が過ぎていって、読んでいてホッとしますよね。

なな:2008/04/15(火) 21:26 | URL | [編集]

ななさん
えっ、やっぱりいませんか。おらが街限定のノリなのかなー。
飲み屋で若い子たちがふつうにチュってしてます。

柴崎さんのゆるくてなんでもない日常には癒されます。

しんちゃん:2008/04/16(水) 12:36 | URL | [編集]

こんばんは。

私もやっぱり可愛い女の子が好きなのでそうやねん!って頷いてしまいました。周りにもいっぱいいるし。
柴崎さんの物語は本当癒されますよね♪
出てくる人たちの距離感が好きです。

ちきちき:2008/04/17(木) 19:00 | URL | [編集]

ちきちきさん、こんにちは。
ねーっ、癒されますよね。ふつうがなんかええねん。
べったりでもなく、さらっとでもない。そんな距離感もすてき♪

しんちゃん:2008/04/18(金) 12:06 | URL | [編集]

そういえば柴崎さんの小説にはお局やセクハラおやじが出てきませんね!
今気がつきました。そういうのも、あのゆるゆるとした空気につながっているのかも。

june:2008/07/14(月) 23:05 | URL | [編集]

juneさん
でしょ、でしょ!ありがちな人たちが出ていません。
だから、負のイメージがまったくないのかな~と思っています。

しんちゃん:2008/07/15(火) 11:46 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

主題歌/柴崎友香


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/3/28~2008/3/29 [日販MARCより] 聞こえてくる人の声、街の音。そして、誰かの心に響く歌がある…。何気ない日々を新鮮なタッチで描く、「女子好き」な女性たちのみずみずしい日常の物語。第137回芥川賞候補作「主題歌」ほ

2008/04/09(水) 00:59 | hibidoku~日々、読書~

主題歌*柴崎友香


主題歌(2008/03/04)柴崎 友香商品詳細を見る この歌がここで歌われたことは消えてしまわない 聞こえてくる人の声、街の音 そして、誰かの心に響...

2008/04/11(金) 06:27 | +++ こんな一冊 +++

「主題歌」柴崎友香


主題歌 柴崎 友香 JUGEMテーマ:読書 第137回芥川賞候補作の「主題歌」「六十の半分」「ブルー、イエロー、オレンジ、オレンジ、レッド」短編3作収録。 柴崎さんの文章。好きです。物語に音楽や写真や絵がいっぱい出てくる。バンドをやっている友達がいて、メジャ...

2008/04/15(火) 21:26 | ナナメモ

主題歌


JUGEMテーマ:読書 この歌がここで歌われたことは消えてしまわない 聞こえてくる人の声、街の音 そして、誰かの心に響く歌がある 「女子好き」な女性たちのみずみずしい日常の物語 第137回芥川賞候補作(「主題歌」) 「愛ちゃんて、かわいいな。こないだの子とは...

2008/04/17(木) 19:04 | ぼちぼち

『主題歌』柴崎友香


主題歌 柴崎友香/講談社 この歌がここで歌われたことは消えてしまわない 聞こえてくる人の声、街の音 そして、誰かの心に響く歌がある 「女子好き」な女性たちのみずみずしい日常の物語 第137回芥川賞候補作(「主題歌」)「主題歌」「六十の半分」「ブルー、イエロー、...

2008/04/24(木) 12:02 | ひなたでゆるり

主題歌


主題歌 柴崎 友香 まったくもって他愛ない話だが、おそろしく気持ちがゆるりと解けるような感じ。 普通の会社に勤める二十代の女の子の普通の毎日。 大きなことが起きるでも、切なくてたまらない恋愛をしているわけでもない。 毎日会社に通い、同僚の女の子と話を

2008/05/12(月) 21:25 | 読書三昧

「主題歌」柴崎友香


主題歌 何が起こるでもない日常の何でもないやり取りを切り取っただけなのに、不思議に読むのが止まりません。やっぱり柴崎さんの文章と世界は好きです。でも今回、物語を語る視点がちょこちょこ変わりました。ずっと実加の視点できたので、てっきり実加の気持ちだと思...

2008/07/14(月) 23:06 | 本のある生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。