--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.07

「もう誘拐なんてしない」東川篤哉

もう誘拐なんてしないもう誘拐なんてしない
(2008/01)
東川 篤哉

商品詳細を見る

田舎でもなく、かといって都会というほどでもない。そこそこ暮らしやすい地方都市、山口県下関市。樽井翔太郎は、二十歳の大学生。七月も半ばを過ぎれば学生は夏休み。うまいバイトを求めて先輩に相談したところ、軽トラックのたこ焼き屋台を、体よく押し付けられてしまった。軽トラ屋台を任されて一週間、下関の街で商売することに早々と限界を感じた翔太郎は、商機を求めて関門海峡を挟んだ対岸の福岡県門司港まで、軽トラ屋台を走らせた。翔太郎の目論みは当って、午前中の売り上げは上々。この調子なら、午後にはもうひと稼ぎできるはず、と期待を膨らませていたところ、少女の悲鳴が聞こえてきた。

漫才コンビのようなヤクザ二人から、勢いで助けた女子高生は、門司を拠点とする暴力団花園組組長の娘・花園絵里香だった。彼女が妹の移植手術費用を必要としていることを知り、翔太郎はひとつの提案をしてやった。俺がおまえを誘拐してやろうか? かくして、大学の先輩で、たこ焼き屋台のオーナーである甲本一樹を巻き込んで、ひと夏の狂言誘拐がはじまった。

一方、そんな魂胆を知らない花園組の面々。身代金を要求する電話を受け、組長よりも子分たちの忠誠心を受ける、妹思いの絵里香の姉・皐月が、組のナンバー3であり、切れ者の名が高い山部勢司と共に、妹を救うべく立ち上がる。キュートな姉妹、トボけた翔太郎、個性豊かなヤクザたちの活躍が楽しいユーモア誘拐ミステリー。

深みなんてこれっぽっちもなく、のほほんとゆるくて、能天気に浮かれて、ベタな笑いがてんこ盛りで、軽快にドタバタして、まったく肩肘張らずに読める作品。つまり東川篤哉らしい作品だ。偽札、殺人、狂言誘拐、身代金受け渡し、殺人容疑、逃亡、怪人ワカメ男の登場と、イベントは多いのだが、どれもこれもが小粒。しかも説明が足りないというか、投げっぱなしで放置されたものが数点あり、そこが中途半端に終わっていたのは残念だった。だけど、それらを差し引いても十分に面白かった。

あちらこちらに散りばめられたユーモアの数々や、念入りに書き込んでいないにも関わらず、魅力ある登場人物たち。ちょっとスケベな主人公に、タイプの違うヒロインが二人、その父親の二重人格ぶりに、ボケキャラの宝庫の組員たち。大きな山場はないものの、彼らの会話や一挙手一投足がクスリと笑わせてくれる。活字で読者を笑わせるのは難しいとは思うが、東川篤哉はそれをいとも簡単にやり遂げてしまう。これは稀有な才能だ。よって、ミステリとしてはインパクトに欠けるが、ユーモア小説としては安心して読むことができるだろう。あー、面白かった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

東川篤哉
トラックバック(7)  コメント(7) 

Next |  Back

comments

結局狂言誘拐の原因となったあの話の結末はどうなったのか!?
非常に気になります。
肩が凝らない本当に読みやすい話でした。
皐月さんのかっこよさが際立っていました。

す~さん:2008/04/07(月) 20:34 | URL | [編集]

ところどころ回収し切れてない謎が残ってましたが、それもなんとなく許せる雰囲気の本でした。
久しぶりに能天気に読めるミステリを読んで肩の力が抜けました♪
たまにはいいです。

ちきちき:2008/04/07(月) 21:28 | URL | [編集]

気軽に読める内容で楽しかったですね~。
東川さんの作品はこれが初めてでしたが、
他の作品もこんな風にユーモアがあって気軽に読める感じなら、手に取ってみたいなぁ~と思います。

エビノート:2008/04/07(月) 22:02 | URL | [編集]

す~さん
放置しっぱなしでしたね。たぶん親父が…でしょうね。
皐月さんがカッコよく、絵里香もかわいかったです。
まあ面白さだけはバツグンでしたね。

しんちゃん:2008/04/08(火) 11:47 | URL | [編集]

ちきちきさん
そうそう、回収なしだけど「まあいいか」と許せてしまうノリでした。
こういうユルいのもたまにはいいですよね。

しんちゃん:2008/04/08(火) 11:49 | URL | [編集]

エビノートさん
ほんと気軽に読めて楽しかったです。
おいらはこれが二冊目ですが、他のも読みたいです。
つうか一冊積んでるし。。

しんちゃん:2008/04/08(火) 11:51 | URL | [編集]

しんちゃんに期待せずになんていわれて読んだおかげで
すごく楽しめました。
主人公、とぼけたキャラのくせにエッチでしたね。
あれ?なんで??って何度も驚きました。

なな:2008/04/26(土) 22:07 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

もう誘拐なんてしない   ~東川 篤哉~


この前読んだ作品が面白かったので たまたま本屋で見つけたこの作品をゲット。 怪しい男たちに追われている女子高生を助けた翔太郎。 ...

2008/04/07(月) 20:31 | My Favorite Books

もう誘拐なんてしない


JUGEMテーマ:読書 北九州ヤクザの娘・絵里花が計画した狂言誘拐。そうとは知らず本気で妹を助けようと動くヤクザ顔負けの姉・皐月。そして殺人が! 下関の大学生・翔太郎がひょんなことから知り合ったのは、門司を拠点とする暴力団花園組組長の娘・絵里香。彼女がお...

2008/04/07(月) 21:28 | ぼちぼち

もう誘拐なんてしない 〔東川 篤哉〕


もう誘拐なんてしない東川 篤哉 文藝春秋 2008-01売り上げランキング : 5208おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ とびきりキュート! 空前の身代金トリック! 俺が、おまえを誘拐してやろうか? ひょんなことからヤクザの組長の娘を誘拐する羽目に

2008/04/07(月) 21:59 | まったり読書日記

「もう誘拐なんてしない」東川篤哉


もう誘拐なんてしない 東川 篤哉 JUGEMテーマ:読書 ひょんなことからヤクザの組長の娘・絵里花の狂言誘拐を手伝う羽目になった翔太郎。狂言とは知らず本気で妹を助けようと動くヤクザ顔負けの姉・皐月。開門海峡をはさみ怒ったドタバタ劇。 ネットで表紙を結構頻...

2008/04/26(土) 22:07 | ナナメモ

「チルドレン」伊坂幸太郎


チルドレン 伊坂 幸太郎 陣内という青年の周りにいる人達が、陣内と一緒に巻き込まれた出来事を語る。 この本を読むのは2回目。1回目は確かブログを始める前2月頃読みました。殆どの本は図書館で借ます。地元と職場の2つの市で登録していて、読みたい本は二

2008/04/26(土) 22:09 | ナナメモ

もう誘拐なんてしない


もう誘拐なんてしない/東川 篤哉 ¥1,260 Amazon.co.jp 「もう誘拐なんてしない」 東川篤哉・著 文藝春秋・出版 『ユーモア・ミステリ』  楽して稼げるバイトはないものかと考える大学生の翔太郎。 偶然出会った暴力団組長の娘、絵里香と狂言誘拐を計

2008/07/09(水) 22:23 | 個人的読書

もう誘拐なんてしない 東川篤哉


もう誘拐なんてしない著者:東川 篤哉文藝春秋(2008-01)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 俺が、おまえを誘拐してやろうか?ひょんなことからヤクザの組長の娘を誘拐する羽目になった翔 ...

2011/06/13(月) 11:01 | 苗坊の徒然日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。