--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.08

「ブラックペアン1988」海堂尊

ブラックペアン1988ブラックペアン1988
(2007/09/21)
海堂 尊

商品詳細を見る

一九八八年五月。ある晴れた日の朝、一人の研修医が東城大学医学部付属病院への坂道を駆け上っていた。その青年の名は世良雅志。神の手を持つとされている佐伯清剛教授率いる佐伯外科教室に入局したばかりの新米医師だった。佐伯教授の言葉は絶対。ここでは彼がルールだ。そこに世良の指導医であり、赴任して間もない高階講師が新兵器を持ち込み、天性の跳ねっ返りさを発揮して、総合外科学教室を引っかきまわし、医局員の十年選手という変わり者で、オペ室の悪魔と呼ばれる手術職人の渡海、といった個性派の面々の中で、世良は一人前の医師として扱ってもらえないもどかしさ、技術をもたないゆえに無常感に襲われながら、二人の凄腕医師に挟まれて、己の医師としての方向性を模索していく。

口は禍の元。とばっちりの矢がどこから飛んでくるのかわからない、という忠告を受けながらもついつい口を出してしまう主人公。そんな若さがあり、不親切なようでいて、いつの間にかちゃんと身に付いてしまう高階講師の指導のような上に立つ者のさりげなさや心ある医療のもとで、新しいものを取り入れようとする斬新さがあり、自分の手術技術がすべてだと言い切る人あり、老獪さもありと、まんべんなく揃った人物たちが面白い。

主人公の世良、裏主人公の高階講師、何かありげな手術職人の渡海、大御所の佐伯教授、中間管理職の垣谷助手、やり手の藤原婦長、やはりネコのままの猫田主任、初々しい花房看護婦、口うるさい黒埼助教授、学生としてやって来る速見、島津、田口の三人。新しい人物たちに加え、肩書きは違うがおなじみの人物たちの登場に楽しくなったのだ。

癌告知について、製薬会社との癒着、新技術導入に伴う人材育成、病院の自己保身など、医療の問題点を読ませながら、いつか手術で人を殺してしまうのではないかという恐怖や、忙しい合間の淡いデート、心も技術も磨いていく成長など、人間ドラマとしてもしっかりと読ませてくれる。

それにおまけのように登場していた、学生たちの三者三様のレポートも面白く、中でも田口が手術嫌いになったエピソードはニヤリだった。そうか、世良の未熟さが不愁訴外来を生んだのかと。田口ではないが、おいらも血を見ると貧血を起こしてしまうほどの怖がりなので、本書の手術シーンの多さには、ちょっと及び腰になってしまった。だって生々しくて、臨場感があって、緊迫感もある。苦手と言いつつ褒めざるをえないのだから、さすがは現役のお医者様といったところかしら。

患者を治すのは医師の技術ではない。患者自身が自分の身体を治していく。だけど、患者になる身としては、名医に頼みたいものだ。出版社を越えたリンクを楽しみつつ、若者の成長、医師とは、が面白く読めた作品だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

海堂尊
トラックバック(8)  コメント(14) 

Next |  Back

comments

医者として成長してゆく世良の姿が爽やかでしたね~
若かりしころのお馴染みの登場人物たちの姿も読めて、楽しかったです。
世良に提出したレポートの内容、三人三様で、その後の萌芽も感じられて私もニヤリでした。

エビノート:2008/04/08(火) 21:23 | URL | [編集]

こんばんは!
医療ものとしても、若い医師の成長ものとしても、人間の葛藤を描いた人間ドラマとしても楽しめました。
3人の医者のたまご達のレポートには笑いが。
初心貫徹でそれぞれにりっぱなお医者様になったんですね。
「ジーン・ワルツ」も面白かったですよ。

雪芽:2008/04/08(火) 21:28 | URL | [編集]

今まで出てきた人たちの若かりし頃。
ニヤニヤしながら読みました。
今では普通に行われてる癌の告知も
この時代には「潰瘍」だとか言って
誤魔化していたんだなって思い出したりして。

なな:2008/04/08(火) 21:34 | URL | [編集]

こんばんは。
やっぱり、リンク部分にはどうしても目が行ってしまいますね。
嬉しい再会もありました。
でもそれを除いてもやっぱり面白くって、ちょっと昔の医療の世界と言うのも興味深かったです。

ちきちき:2008/04/08(火) 21:46 | URL | [編集]

こんばんは。
私も今日、たまたまこの本をブログに書いていたので、
驚きました!
いつも海堂さんのリンク、楽しみで読んでいます。
世良のその後のお話が今度は、読みたいなぁと、思いました。
TBさせていただきました。

percy:2008/04/08(火) 22:52 | URL | [編集]

エビノートさん
さまざまな悩みや迷いを乗り越えていく世良が爽やかでした。
若かりしころのあの人たちも面白かったですよね。
特に寝場所を探すネコこと猫田主任がツボでした。
それに学生三人のレポートには、頬がぷるぷる震えました。

しんちゃん:2008/04/09(水) 11:09 | URL | [編集]

雪芽さん、こんにちは。
そうそう。医師として、人間ドラマとしても面白かったですよね。
若者三人の下地がすでにできていましたね。
彼らの登場シーンは少なかったけどニヤリでした。
予約してる「ジーン」が先か、持ってる「地球儀」が先か。
二冊とも読むのが楽しみです♪

しんちゃん:2008/04/09(水) 11:15 | URL | [編集]

ななさん
うちのオトンのときはさらっと癌告知をしました。
あれは何年前だったのかなー。今でもピンピンしてるけど。
おなじみの人たちが若いっすね。高階の生きの良さはびっくりでした。

しんちゃん:2008/04/09(水) 11:19 | URL | [編集]

ちきちきさん、こんにちは。
うん、そう。やっぱリンクには目が行きます。これは仕方がないかも。
医療の世界は信頼するしかないので、手術でオタオタされると怖いです。
ミスによる緊急事態はドキドキものでした。

しんちゃん:2008/04/09(水) 11:24 | URL | [編集]

percyさん、こんにちは。
同日アップでしたか。ちょいと嬉しくなりますよね。
海堂さんのリンクは楽しいですね。出版社を超えてのリンクはすごいよ。
世良もそうだし、速見のその後も気になります。あと天馬とリリイも。

しんちゃん:2008/04/09(水) 11:29 | URL | [編集]

この本って、出版社を超えてのリンクだったんですね。
表紙のイメージがそろってるんで気づきませんでした。

おなじみのメンバーの若かりし頃を覗き見るという楽しみもありましたが、それ抜きでも十分おもしろい本でした。
新人医師のさわやかな成長物語であり、医療とはと熱く語る人間ドラマでもあり・・。よかったです。

june:2008/04/16(水) 15:17 | URL | [編集]

juneさん
出版社を超えてのこのリンクはすごいですよね。
表紙の色もある意味で凝ってますし。

おいら的には、赤色と比べても遜色ないぐらい面白かったです。
やっぱこの人には医療をどんどん書いてほしいっす。

しんちゃん:2008/04/16(水) 20:01 | URL | [編集]

こんばんわ。
手術シーン、結構リアルでしたよね。
田口先生ならずとも苦手かも。あのシーンは笑っちゃいましたけど(笑)
癌告知の論争では「自分が患者だったら」と考えさせられました。
そういえば出版社が前作とは違うんですね。
新刊も出版されるようですし、今後も楽しみですね。

ia.:2008/11/11(火) 21:39 | URL | [編集]

ia.さん、こんにちは。
血が出る場面は目を背けたいです^^;
あのシーンは「ひかりの剣」にもありましたよ。
告知はねぇ。自分だったらどうだろう。
宝島社が田口シリーズみたいですね。

しんちゃん:2008/11/12(水) 11:25 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「プラックペアン1988」 海堂 尊


 ブラックペアン1988  海堂 尊  講談社 (2007/9/21)  単行本: 317ページ 黒を基調にシルバーグレイのタイトルが並ぶ装丁のシンプルさが際立つ。あるのはただひとつのブラックペアン。原色で派手な印象の多かった海堂さんの本にしては珍しい。本屋に並ん...

2008/04/08(火) 21:10 | コンパス・ローズ  compass rose

ブラックペアン1988 〔海堂 尊〕


ブラックペアン1988海堂 尊 講談社 2007-09-21売り上げランキング : 101おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 驚愕手術の結末! 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院

2008/04/08(火) 21:17 | まったり読書日記

「ブラックペアン1988」海堂尊


ブラックペアン1988 海堂 尊 JUGEMテーマ:読書 1988年(昭和63年)の東城大学医学部付属病院。研修医1年生世良は神の手を持つとされている佐伯教授率いる佐伯外科教室で研修を始めた。その佐伯外科に帝華大から高階講師が新しい手術用器具を持ってやってきた。世良

2008/04/08(火) 21:33 | ナナメモ

ブラックペアン1988


JUGEMテーマ:読書 驚愕手術の結末! 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…… 大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。 『チーム・バチスタの栄光』で颯爽とベス

2008/04/08(火) 21:46 | ぼちぼち

『ブラックペアン1988』海堂 尊


小学校、新学期が始まりましたね。 我が家の長男も、新しいクラスに期待いっぱいで、登校です。 『ブラックペアン1988』海堂 尊 ブラック...

2008/04/08(火) 22:53 | バンザイ!(^^)!

「ブラックペアン1988」海堂尊


ブラックペアン1988 ええと・・これは、何シリーズっていうんでしょう。バチスタシリーズ?桜宮シリーズ?いつも黄色とか青とか赤って言ってるシリーズの5冊目です。5冊目にして時を20年ほど遡った東城大学医学部付属病院が描かれます。過去の経緯を知りたい!って...

2008/04/16(水) 15:18 | 本のある生活

ブラックペアン1988/海堂尊


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/6/15 [講談社HPより] 驚愕手術の結末! 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…… 大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。

2008/06/18(水) 23:36 | hibidoku~日々、読書~

ブラックペアン1988


著者:海堂 尊 出版社:講談社 感想文: オススメいただいた「ブラックペアン1988」読みました。 今回は若き日の若き日の高階院長奮戦記。 研修医・世良によって語られる、バチスタ事件より20年前程前の東城大学医学部付属病院の物語です。 相変わらず医療専門用

2008/11/11(火) 02:14 | どくしょ。るーむ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。