--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.09

「フュージョン」濱野京子

フュージョンフュージョン
(2008/02)
濱野 京子

商品詳細を見る

今年イチオシの作品を見っけ。ぜひ読んでほしいなー。

八木原朋花は中学二年の女の子。夏休みに入ってからずっと、いらいらして落ち着かない。理由はわかっている。高校教師をしている母親が家にいる時間が長いからだ。何を話していいのかわからない。どんな顔を向けたらいいのかわからない。だから、あまり口をきかないようにしているのだけど、それでも、時々、朋花の苛立ちはマックスを越える。そんな時は、相棒の銀色のチャリに乗って、家を飛び出す。ペダルを漕ぐたびに車輪がきしむ。もっと速く走ればいい。もっと、あたしの意思を感じて、もっと速く。遠くへ行きたい。でも、どこへ?

そんなある日、朋花はヤツらと、そして、ダブルダッチと出会った。超優等生の沢田美咲、ヤンキー娘の村元玲奈、パシリのうわさがあった小塚玖美という、ありえない組み合わせの三人組が縄跳びをしていたのだ。それはただの縄跳びではなかった。ビシッ、パシッ、と軽快に地面を打つ縄は二本あった。その中をかいくぐるように跳ぶ。縄が二本ってことは、跳ぶテンポも二倍ということだ。跳び越したと思うとあっという間にもう一本が来る。縄に足を取られることなく、軽々と跳ぶ。身体をひねって回転する。すごく速い。なんてスピードだろう。スゲエ!こいつ、何なんだよ! 大きな力に引き寄せられるように、朋花は一歩、また一歩と踏み出していた。その時、声がした。やってみる?

朋花が加わった四人でダブルダッチをすることになって、朋花だけでなく、四人の少女たちの物語が動き出す。朋花には超優等生の兄の悠ちゃんがいるのだが、自分の価値観で縛ろうとする親の圧力が息苦しくて、ある日突然、家を出て行ってしまった。その悠ちゃんからは、朋花だけに風景を撮った写メールが時折送られてくる。そのことは両親には明かしていない。そしてクラスでは友達と呼べる存在が彩乃しかいない。自分も優等生なのに自信が持てず、そんな自分を嫌いに思っている。それ以上に両親は嫌い。何か夢中になれることを見つけたいと思っていたが、それが縄跳びだった。

美咲は何でもできる超優等生。それゆえにまわりがバカに見えてしまって、いつも退屈をしていた。しかし、四人で縄跳びをすることで、頼りになる性格の悪さを発揮していく。玲奈は大人たちから不良の烙印を押されていた。確かにキョーボーだけど、ほんとは優しくていい子だったり、純情だったりすることがわかる。玖美は玲奈のパシリという噂があったが、実際はちんぴらに絡まれていた玖美を、玲奈が助けたことで仲良くなっていた。いつも誰よりも先に来る努力家で、天然で、人をよく見るムードメーカーだと知る。

四人の少女たちのくすぶった胸のうち、親は親だから、親の子をやめれない苛立ち、わかろうとしない大人たちへの不満が痛いほど伝わってくる。ふつうに生きることが息苦しくて、たまったものを吐き出すすべを知らないもどかしさ。そんな中で、熱中できる何かを見つけ出せた喜びが、ストレートに伝わってくる。はじめは八木原さんと呼ばれ、ヤギハラ、トモカと呼び名が変わっていく。跳びたい。ただ跳んで、身体をひねり、ステップをリズミカルに刻んで、風を感じて、仲間の呼吸が聞こえて、四人だけの一つの世界になる。そして四人みんなが成長して、変わっていく。そんな彼女たちの姿が眩しくきらきら輝いていた。

補足。タイトルのフュージョンとは、ダブルダッチの競技の中で、回転やアクロバット、ダンスステップなどを組み込んで、オリジナルの動きを作り出しながら跳ぶフリースタイルという種目に、さらに音楽を融合させたものをいう。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

濱野京子
トラックバック(2)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

ようやくこの本の感想を書きました(汗)。
やはり貯めちゃうとダメですね~

こういう爽やかな結末で終わる本っていいですね。
しんちゃんは本当にこういう本を見つけるのが上手いですね。

リベ:2008/04/18(金) 23:29 | URL | [編集]

りべさん
爽やかで良かったでしょ!あたたかい気持ちににもなれて。
書店で表紙に惹かれるんだな。あっ、これ面白そう!って。
ただの勘ですが、これが中々…。まあ、児童書が好きというのもあるかな。

しんちゃん:2008/04/19(土) 12:13 | URL | [編集]

やっぱりしんちゃんの「お薦め」は最高です。
朋花のウツウツとした気持ち、学校での評判と違う同級生。
ダブルタッチに魅せられていく様子、そして文化祭。
すごくよかったです。

なな:2008/07/01(火) 08:57 | URL | [編集]

ななさん
これはすっごくテンションが上がりました。
久しぶりに読んだあとでも欲しくなった作品です。
いや~ん、そんなに褒めないで。くねくね(キモイか)

しんちゃん:2008/07/01(火) 11:44 | URL | [編集]

こんばんわ
「フュージョン」読みました
すごいよかった!

中学生の成長物語はいろいろあるけど、こんなに疾走感あふれてるものって他にあるかな、って思いました。

おすすめ、ありがとう!

わたしからのおすすめは、ひこ・田中さんの本です。
同じく児童書です。

のびんこ:2009/11/10(火) 21:23 | URL | [編集]

のびんこさん、こんばんは。
おお~!読まれましたか。
これは知らないと損な作品だと思いました。
文庫化したら、絶対に買う(笑)

その方の名前だけは存じあげています。
ただ、買った本に追われ、図書館予約した本に追われ…。
い、いつか^^;

しんちゃん:2009/11/12(木) 18:20 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

フュージョン (濱野京子)


(本の内容) 2本の縄に包まれて、高く、軽やかに、跳ぶ。ダブルダッチって最高! 何なの、これ?何やってんだよ、あいつら。それが、あたしとヤツらの、 そして、あたしとダブルダッチの出会いだった――。 いま人気のスポーツを題材に、少女たちの交流と成長

2008/04/18(金) 23:26 | 今夜も読書を

「フュージョン」濱野京子


フュージョン 濱野 京子 JUGEMテーマ:読書 主人公の朋花は中二。赤信号を守って渡らないのって常識だし安全。皆と一緒に危険を冒すことなく無難に生きていきたいなら、どこでもきちんとルールを守るのが一番。でも、時々無茶をしたくなる。ぎりぎりで走り抜けたい時...

2008/07/01(火) 08:57 | ナナメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。