--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.10

「虚空の旅人」上橋菜穂子

虚空の旅人 (偕成社ワンダーランド)虚空の旅人 (偕成社ワンダーランド)
(2001/07)
上橋 菜穂子佐竹 美保

商品詳細を見る

十四歳になった新ヨゴ王国の皇太子チャグムは、相談役であり学問の師である、若き星読博士シュガと共に向かったのは、ヤルターシ海に面した海運と海産物で栄えるサンガル王国だった。新王即位ノ儀に招かれたのだ。新王が即位する、このときに、地方領主である島守りたちが怪しげな動きを見せ、得体の知れない南方の商人が暗躍し、ナユグール・ライタの目に選ばれた少女が現れた。

それは、サンガル王国に語り継がれている伝説で、海の底にナユグール・ライタという民が暮らしているとされ、その異界の海の民に目として選ばれた少女は、王宮に招いて最上のもてなしを受けたあと、海に落とされ、殺される運命にあるという。それを聞いたチャグムは、かつての自身を襲った運命と、あまりにも似すぎていたことに驚く。チャグムは精霊の卵を宿すという不思議な体験をしていた。あの時、女用心棒のバルサと、その幼なじみの薬草師タンダ、そして、師匠である呪術師トロガイが、彼の命を救ったのである。そのナユグール・ライタの目になった少女から、あのナユグの水の臭いを、チャグムは嗅ぎ取ってしまう。

チャグムは、その華やかな宴の席で、接待役のサルーナ王女と、血の気の多いタルサン王子と親しくなる。そのタルサン王子だが、突然、新王になるはずのカルナン王子を傷つけてしまう。人変わりしてしまったタルサン王子は、呪いにかけられていることに、シュガが気付いた。一方、海に浮かぶ家船で暮らすスリナァは、南方のタルシュ帝国がサンガル王国侵略を企てていることを知り、かつて幼いころから一緒に海にもぐり、遊んだ友であり、今では雲の上の人になってしまったタルサン王子に急を告げようと、一人孤独な船旅をはじめた。チャグムは、サンガル王家に渦巻く呪詛と陰謀の中に身を置くことになる。「精霊の守り人」シリーズの外伝。

これまでは、バルサが放つ孤高の力強さが目についたが、本書は王国と王国の狭間に揺れるチャグムの物語だ。新ヨゴ王国では、身近に数は少ないが、心が通じた者たちがいた。それが今回はシュガしかいない。だけど、皇太子チャグムにとって、シュガとって、先の未来にこれからの新ヨゴ王国にとって欠かせない二人の、主従の絆を深めるきっかけになる。

それに他国の内乱、外敵の脅威の中に身を置いたチャグムは、政治の世界、あるいは外交の世界にいるので、うかつな行動を取ることが出来ない。そんなもどかしさの中で、サンガル国の政治力や、いざとなった時の決断に疑問を感じ、自身の持つあやうさを認識しながらも、その考えを曲げたくはない、と強く思うようになってゆく。

サンガル王国の王子であるタルサンと、一緒に育ったスリナァ、ナユグール・ライタの目になった少女エーシャナの三人の物語も読ませるものがあるし、そして将来的には、チャグムとサルーナ王女はあり、なんて楽しみかたもある。冒険のわくわくではなく、少し大人の世界を垣間見せてくれる作品だった。

放りっぱなしで終わってしまった感はあるが、その辺りは「蒼路の旅人」に引き継がれるのだろうか。まだまだ読む楽しみがあって、嬉しく思う。


「精霊の守り人」 
 
「闇の守り人」 
「夢の守り人」 
「虚空の旅人」
「神の守り人 来訪編」
「神の守り人 帰還編」
「蒼路の旅人」
「天と地の守り人 ロタ王国編」
「天と地の守り人 カンバル王国編」
「天と地の守り人 新ヨゴ皇国編」
「流れ行く者 守り人短篇集」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

上橋菜穂子
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんにちは。
チャグムは、バルサに助けられた頃に比べると成長しましたよね。
守り人は今月、短編集『流れ行く者』が出る予定だそうですよ。そちらも楽しみです。


mint:2008/04/11(金) 11:46 | URL | [編集]

mintさん、こんばんは。
あのヒヨっ子がずいぶんと逞しくなってましたよね。
でもまだ十四歳。どんな青年に成長していくのか楽しみです。
新刊はまだまだ先になりそう。まずはシリーズの既刊を読まねば^^;

しんちゃん:2008/04/11(金) 20:59 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。