--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.12

「シンメトリー」誉田哲也

シンメトリーシンメトリー
(2008/02/21)
誉田 哲也

商品詳細を見る

警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査第十係第二班、通称”姫川班”の主任を拝命している、姫川玲子警部補。彼女が活躍する「ストロベリーナイト」「ソウルケイジ」に次ぐ第三弾は、七編が収録された短編集。

「東京」
玲子がまだ品川署の強行犯捜査係にいて、同じ係のデカ長だった小暮に、刑事のイロハを叩き込まれていたころ、品川東高校の女子水泳部員が、プールのある屋上から飛び下りた。その女子が所属する水泳部にはいじめがあった。しかし、いじめの対象は被害者ではなかった。

「過ぎた正義」
三人の女子高生を誘拐、監禁、殺害し、心神喪失で無罪となった男。都合四人の女子中学生を強姦し、内二人を殺害、一年少々の禁固刑で出所した元少年。その二人が、交通事故、薬物中毒で、連続して死んだ。ベテラン監察医の國奥に教えられ、その話が玲子の心に引っかかって残った。

「右では殴らない」
覚醒剤使用の痕跡がある男性が、立て続けて劇症肝炎で死亡する症例が起こった。玲子がその話を國奥から聞いたわずか三日後、またしても同様の死者が出た。所轄所も覚醒剤取締法違反程度にしか認識していなかったが、玲子は連続殺害事件と定義して取り上げた。

「シンメトリー」
JR某線が乗用車に接触、脱線、横転した事故で、百人からの命を奪ったのに、車を運転していた米田は、たった懲役五年で出所してきた。その米田が、事故のあったその場所で、電車に轢かれて死んだ。復讐した犯人の目線で描いた異色作。そこに玲子が犯人の前に現れる。

「左から見た場合」
あれは超能力だと噂された手品師の男が、何者かに刺殺された。その死体の側に転がっていた携帯電話には、〇四五、六六六、とだけ入力されていた。そのマル害の所持していた携帯の電話帳に、たった一人だけ登録されていた渡辺姓の人物。渡辺繁とは一体、何者なのかと気になる玲子。

「悪しき実」
マンションの部屋で男が死んでいる、そう110番通報をして、同室賃借人の女が姿を消した。玲子は即座にその美津代の身柄を確保した。検死結果では他殺か自殺か判断がつかず、亡くなった人物について美津代に問うても、私の亭主で私が殺した、以外は答えない。玲子の勘では、彼女は殺していない。その死んだ男は誰なのか。

「手紙」
玲子が捜査一課に引っ張られることになった事件。今泉係長と出会うきっかけになった、デカ長時代の武勇伝を玲子が披露する。中目黒の児童公園内でOLが、胸部、腹部を三箇所刺され、失血死した事件が起こった。その当時交通課にいた玲子が、数合わせで呼ばれ、捜査本部に参加した事件だった。

おなじみの今泉係長、玲子に惚れている菊田和男、ベテランの石倉保、若手の湯田康平、ベテラン監察医で恋人気分の國奥定之助など、もちろん登場はしている。だけど、短編なのでそれらの人物とのじゃれ合いは少なく、ほとんどは玲子が単独で事件を追うストーリーになっている。理論立てて犯人を追うのではなく、玲子の勘に頼る部分が多いのはシリーズを通しての特徴だ。とにかく玲子のキャラで読む作品になっているので、ミステリやサスペンスを期待すると、肩透かしを食うかもしれない。まあシリーズの三冊目なので、それらをわかって読む人がほとんどだとは思うが。

そんな中で変わり種は、玲子が怒りまくっている「右では殴らない」と、表題作になっている「シンメトリー」だろう。この「シンメトリー」の冒頭にあったような、細切れに書かれた風景描写は好きだった。それと暗号ミステリの「左から見た場合」もそうだ。こういう茶目っ気あるユーモアは、誉田作品では初めて読んだことになるのかも。それぞれに派手さはないものの、バラエティにとんだ作品集になっている。姫ファンなら、もちろん読むしかないっしょ。


関連記事
「ストロベリーナイト」誉田哲也
「ソウルケイジ」誉田哲也
「シンメトリー」誉田哲也

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

誉田哲也
トラックバック(2)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

あ!
コレ、水泳部の一話だけ読んだことある(* ̄∇ ̄*)
雑誌に掲載されてたのです( ̄▽ ̄)σ
誉田作品は、長編がオススメだなぁ~( ̄∇ ̄;)

つたまる:2008/04/13(日) 01:52 | URL | [編集]

つたまるさん
殺人事件を読むのではなく、玲子を読むという作品でした。
ライトな感じですが、玲子ファンなら楽しめると思います。
特に「右では殴らない」は強烈でしたよ。くっくっ、笑えた~。

しんちゃん:2008/04/13(日) 12:35 | URL | [編集]

私は、池袋の本屋さんで見つけて「お!!新作」って
ついこの間思ったばっかり(遅いって??)
短編なのは残念なんだけど、玲子ファンだから
今から読むの楽しみだよv-221

まる:2008/04/14(月) 16:26 | URL | [編集]

まるさん
強い女の姫川玲子の魅力がたっぷりでした。
長編のようながっつりさはないけど、玲子の魅力は健在でした。
短編ならではの面白さがあるので、これも悪くないっすよ。

しんちゃん:2008/04/14(月) 23:18 | URL | [編集]

読みましたよ~~。やっぱり姫ファンには溜まりませんね!面白かった。
特に私は「悪しき実」が好きだったんですよね。ちょっとああいう設定に憧れたり・・・(爆)
二人を追い込んだ組織と玲子、いつか長編で読んでみたいです。
やっぱり、姫は長編がよくないですか?

じゃじゃまま:2008/06/17(火) 23:24 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
お~っ、読まれましたか。やっぱ姫はカッコいいですよね。
変わった設定の短編が多かったけれど、そんなに悪くなかった。
でも、やっぱり長編をがっつり読みたいです。

しんちゃん:2008/06/18(水) 10:03 | URL | [編集]

やっと図書館から順番がまわって来たよ!!
面白かった~。面白かった。
二回読んじゃったよ(笑)
今度は長編が読みたくなったよー。

まる:2008/08/28(木) 17:54 | URL | [編集]

まるさん
すごい、まるさんは二度読みですか。
姫がカッコ良かったよね。そして、次は長編を希望だー!

しんちゃん:2008/08/28(木) 19:47 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

シンメトリー 誉田哲也著。


≪★★★☆≫ 姫シリーズの短編集。まさか姫で短編が出てくるとは。でもやっぱ姫は面白い。 「東京」 女子高生が屋上から転落死した。事故?自殺?それとも事件? 「過ぎた正義」 過去に少年犯罪で捕まった人間が死んでいる。これは誰かの意思か?玲子は今日もある目的の...

2008/06/17(火) 23:23 | じゃじゃままブックレビュー

姫川玲子の短編集『シンメトリー』【小説】


シンメトリー誉田哲也さんの作品 姫川玲子は、警視庁捜査一課殺人犯捜査係に所属する刑事だ。主任として、「姫川班」を率い、殺人事件の捜査にあたっている。なりたくてなった刑事、三度の飯より捜査活動が好き、できれば派手な事件に挑みたい。そんな女だ。しかし、...

2009/05/28(木) 21:20 | やっほっほ~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。