--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.18

「ツクツク図書館」紺野キリフキ

ツクツク図書館 (ダ・ヴィンチブックス)ツクツク図書館 (ダ・ヴィンチブックス)
(2008/02)
紺野 キリフキ

商品詳細を見る

町のはずれに図書館がある。名前はない。看板にはただ図書館と書かれている。そこが筑津区だから?ツクツク図書館″と呼ぶ者もいる。本を読むこと。それがツクツク図書館員の仕事だった。この図書館のつくりはふつうと違う。広いうえに入り組んでいる。とにかくさまざまな部屋がある。ドアを開ければ開けるだけ、新しい部屋が現れる。そしてそれぞれの部屋がそれぞれに本を抱えている。たとえば「おもらしの短編小説の部屋」「夜の押入れの部屋」などと。でもどんなに本があっても、おもしろい本だけは一冊もない。つまらない本しかない、だめな図書館なのだ。

だめな図書館なら職員もへんてこぞろい。弱気な館長、つまらない本を運んでくる運び屋、外国語の本だけを読む語学屋、読んだ本を正しい部屋に戻してくれる超遠視の戻し屋ちゃん。その図書館は一人の着膨れた女を雇った。女は働かないで、わがまま放題。その女によって、静かな図書館がちょっとにぎやかになっていく。ちょっとシュールで笑えるエンターテインメント小説。

とにかく静かで不思議な物語。そしてシュール。性格の悪い着膨れた女には同居人がいる。?ニャア″と鳴かずに?ふぎ″と鳴く猫。このギィという名前の猫は、本を読む。人間が寝静まった夜にである。ちょこん、と行儀よくお座りした後、ページに目を落とす。猫は夜目がきくので部屋は暗いが問題ない。一文字も逃さずに丹念に文字を追う。やがてそのページを読み終わり、いったん顔をあげる。猫は前足をぺろぺろとなめる。そして本に向かって、ぺたん、と下ろす。それから足をそっと持ち上げる。紙も一緒になって上がってくる。ある高さまで来たら、勢いよく横にふる。するとページはぺらりとめくれ、新たなページが登場するのである。一回でめくれたときは、とてもうれしいらしい。そして?今日はここまで読みました″とページの隅に足跡をちょこんとつけて、猫専用のしおりにする。これら一連の描写は、猫好きにはたまらないだろう。

この猫にはある夢があって、女のはちゃめちゃぶりや、不思議な図書館のあれこれなどを読ませながらも、結局はこの猫のための物語なのかも、と思わせるシュールなラストにおもわずニヤリ笑い。これっていったい何ナノ、という疑問を持つことはタブーで、最初から最後までへんてこで、まったりしていて、ゆるく脱力していて、そして、とてもかわいらしい作品だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

ダ・ヴィンチブックス!?
なんと、そんな出版元があったのですね!!(」°ロ°)」ナント
もちろん、あの雑誌『ダ・ヴィンチ』関連??

それにしても、
しんちゃんの書評は、読ませるなぁ~(〃∇〃) てれっ☆
今度、探してみよっ♪(* ̄∇ ̄*)

つたまる:2008/04/19(土) 01:43 | URL | [編集]

はじめましてこんにちは、ガバチャと言います。
文章が上手ですね。・参考になります。
「鮎釣り師のひとり言」ヨロシクお願いいたします。
http://sky.ap.teacup.com/hfgayu/

ガバチャ:2008/04/19(土) 09:26 | URL | [編集]

つたまるさん
そうそう。あの雑誌を出してる出版社ですよ。
最近では、瀧羽麻子さんがここからデビューしました。
ちょいと注目している作家さんです。

書評ではなく内容紹介っすよ(汗)

しんちゃん:2008/04/19(土) 12:19 | URL | [編集]

ガバチャさん、はじめましてー。
無学だけど本が好き。それなら読んだ本を紹介しよう。
という、いたって単純なブログです。

ガバチャさんのお部屋も拝見してきました。鮎ボタン、素敵です。
本のことなら書けますが日記は苦手です。どうも恥ずかしくって…。
分野は違いますが楽しくが一番ですよね♪

しんちゃん:2008/04/19(土) 12:29 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。