--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.20

「少女ノイズ」三雲岳斗

少女ノイズ少女ノイズ
(2007/12/14)
三雲 岳斗

商品詳細を見る

欠落した記憶を抱えた青年と心を閉ざした孤独な少女。彼らが出会った場所は無数の学生たちがすれ違う巨大な進学塾。夕陽に染まるビルの屋上から二人が見つめる恐ろしくも哀しい事件の真実とは――。気鋭の作家が送る青春ミステリーの傑作!《本の帯より》

猟奇的な殺人事件の現場を訪れて、その風景を写真に収めることが趣味という大学生。スカこと高須賀克志は、法科学の准教授であり異常犯罪マニアでもある皆瀬梨夏から、雙羽塾での奇妙なアルバイトを無理やり押し付けられた。登塾するなり行方をくらまし、立ち入り禁止の屋上や地下室など、誰も訪れるものがいない場所で、セーラー服に銀色の無骨なヘッドフォンという姿で、ぐったりと死んだように倒れて時間を過ごす少女、斎宮瞑のバイト講師という建前の世話係だった。少女は頭がよくて洞察力に鋭く、病的なまでの正義感を持っていた。しかし一方で、人並み以上に愛情に飢え、もろいほどに孤独で不安定な女子高生であった。

「Crumbling Sky」
小学生の頃、彫像の除幕式典に参列しているスカの目の前で、担任教師が突然死んだ。空はよく晴れていた。なんの前触れもなく、背広姿の男が苦しみ始め、そして不自然な形に首を曲げて倒れていた。空から降ってきた見えない何かが頭に当ったのか。それ以来、スカはだだっ広い開けた場所が怖くなるトラウマを抱えることになった。

「四番目の色が散る前に」
廃業したファミレスの駐車場で見つかった少女の死体には、右腕が欠損していた。その殺人現場に忍び込んで、その風景を写真に収めていたスカは、雙羽塾に通う納戸愛美と出会った。そして左腕が切断された高校生の死体が発見された。別れ際に瞑がぽつりと漏らした言葉、ABCでなければいい。その意味するところとは。

「Fallen Angel Falls」
浦澤華菜という少女が、机の中に仕込まれたガラス片によって手首を怪我した。その少女はつい先日にも、階段から突き落とされ救急車で運ばれていた。自分は呪われていると彼女は言う。その少女の袖口からのぞく白い手首には一条の傷跡が走り、一度自殺未遂をした噂があるのに、屋上で自殺の真似事をしていた。

「あなたを見ている」
スカをカウンセラーと勘違いして、森澤恵里という少女が相談に来た。ストーカー男を自宅で刺し殺してしまったが、警察が調べてもそのような痕跡は発見されなかった。その後もストーカーからの陰湿な嫌がらせが続く。彼女は本気で怯えているし、おそらく嘘ではない。少女が幽霊を刺した同じ日、姿なき者から刺されるという通り魔事件が起こっていた。

「静かな密室」
斎宮瞑という少女が、両親の離婚がきっかけでスカの前から姿を消して三ヶ月。試験監督のバイトをしている試験中の教室で、同僚の女性が何者かに頭を殴られて殺されていた。その翌日、大学の写真部の部室で火災事故に巻き込まれたスカは、現在病院で入院していた。そこに現れた警察官の二人は、スカを容疑者だと思い込んでいた。

ミステリの体裁はとっているが、これを読んで謎を解けるかたはいないだろう。論理やロジックを紐解こうとしても、斎宮瞑の飛躍した推理というか、こじ付けというか、著者の豪腕ぶりで無理やり解答にたどりつくような感があった。だからミステリを求めて読むと、肩透かしを食わされるだろう。

それよりも、優等生の仮面を被った少女の退廃的な弱さを上手く読ませる作品だと思った。変わった性癖を持つ主人公や、不思議系美少女のヒロインという、キャラで読ませる傾向が強いと感じていたが、読んだあとで他の著作を見てみると、この作家はラノベ作家であることを知った。そう、ラノベ作家なら納得できる。それを知ってからフト思い返すと、出てきた登場人物たちが女子高生ばかりだった。これは単行本の皮を被ったラノベ小説。この言葉が一番ぴたりと嵌まる作品だと思う。よって読み手の年代が若干絞られるかも。ふつうは表紙で気づくのだろうが、まったく気づかない天然ぶりを発揮してしまった。とほほ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(2)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

三雲岳斗『少女ノイズ』感想―ツンデレヘッドフォン娘


少女ノイズ三雲 岳斗 光文社 2007-12-14 欠落した記憶を抱えた青年と心を閉ざした孤独な少女。 彼らが出会った場所は無数の学生たちがすれ違う巨大な進学塾。夕陽に染まるビルの屋上から2人が見つめる恐ろしくも哀しい事件の真実とは-。 青春ミステリー。サクっと読め

2008/04/22(火) 10:38 | StewpanLife

-


管理人の承認後に表示されます

2017/01/04(水) 20:10 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。