--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.21

「僕僕先生」仁木英之

僕僕先生僕僕先生
(2006/11/21)
仁木 英之

商品詳細を見る

時は唐代。若き王弁は父の財産に寄りかかり、学ばず、働かず、娶らず、ひたすら安逸を貪っていた。そんなある日、父の命で黄土山へと出かけた王弁は、そこでひとりの美少女と出会う。自らを僕僕と名乗るその少女、なんと何千何万年も生き続ける仙人で…不老不死にも飽きた辛辣な美少女仙人と、まだ生きる意味を知らない弱気な道楽青年が、五色の雲と駿馬を走らせ天地陰陽を大冒険。第18回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。《本の帯より》

ファンタジーらしいファンタジー作品。この手にありがちな中国を舞台にしているのだが、そこがちょいと残念に思ったりもする。当然の如く漢字表記が多くて、父親の王滔(おうとう)とか、ページを捲ると読めなくなってしまうのだ。だからたぶん的な雰囲気読みをしてしまうのだ。こういう作品を出版するのなら、最後まで振り仮名を振るサービスがあって然るべきだと思う。でもそれらを差し引いても面白かった。

主人公の王弁は、父親の財産を当てにして、ただぼんやりと床に寝そべり、気が塞げば庭に出て、腹が減れば食うといった、ぐうたらな毎日を過ごしていた。そこにフトしたことがきっかけで、僕僕と名乗る美少女の仙人と親交を結ぶことになり、いつの間にか弟子になっている。

そして漠然と旅に憧れていた主人公は、先生の旅に同行することになり、都では当代きっての仙人の司馬承禎とともに玄宗皇帝に拝謁し、大原府では犬頭の商人と出会い、譲ってもらった死にかけた老馬が実は古今無双の名馬であったり、その吉良に乗って跳んだ不思議な世界では渾沌に飲み込まれ、帰り道では蝗(いなご)の大群を見事に撃退した人の技を目の当たりにする。そんな主人公の冒険にわくわくしっ放しだった。

それらのベースには史実を踏まえた時代設定があり、人間と仙人という身分違いの淡い恋があったり、無気力だった青年が前向きに生きようとする変化があったり、仙人ならこういう不思議をさらっと見せてくれる的な興味を満足させたりと、読ませ方としては抜群に上手いと思った。

また師匠である先生のキャラがとてもかわいらしかった。結構俗っぽかったり、その逆で何千年も生きてきた冷たさがあったり、本当の姿を中々見せない謎で惹かせたり、掴みどころのないしたたかさがあったり、男なら抱きつきたくなるような色気を感じさせたりと。そんな仙人の先生も、主人公と一緒に日々を過ごすことによって、少しずつ変わっていく姿も良かった。

そして続編が読みたいというあなた。仁木英之氏のブログに朗報が載っていたりする。こちらをクリックしてくれたまえ。「駆け出し物書き雑記」 あー、面白かった。そして続編も楽しみだ。次はぜひとも振り仮名を頼みまする。


関連記事
「僕僕先生」仁木英之
「薄妃の恋」仁木英之
「胡蝶の失くし物」仁木英之

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

仁木英之
トラックバック(5)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

はじめまして!くもざると申します。

やっと二冊目がでるんですね。
一年半ほど待たされたわけですが・・・長かった。
「駆け出し物書き雑記」もあまりにも次の作品が
出版されないので見るのを止めてました。

でも、今日発売なんですね。
こちらにお邪魔しなかったら見逃してました。
ありがとうございます! ○┓ペコ

くもざる:2008/04/21(月) 12:57 | URL | [編集]

こんばんは。
表紙のほのぼのした雰囲気にあった可愛らしい作品でした。
そして、おっと、本当に続編出るのですね。
単行本で読むのはもうちっと先になりそうですが。
先に新刊、楽しみです♪

あ。それと今さらですが、リンク貼らせていただいていいでしょうか?
よろしくお願いします。

ちきちき:2008/04/21(月) 22:06 | URL | [編集]

続編読みたいなぁと思ってました。
楽しみですー!
よみ仮名振ってあるといいですね。
振ってなかったら、地図のコピーを応用して
名前の振り仮名メモを作ってみようかな・・。

june:2008/04/21(月) 22:15 | URL | [編集]

おんいちは。
>雰囲気読みをしてしまうのだ。
まさにそうです!なんとなく漢字を目で認識して
流して読んでしまいました。

なな:2008/04/22(火) 12:14 | URL | [編集]

くもざるさん、はじめまして。
やっとですね。正確には三冊目になりますが。
早速図書館で予約してきました。買えって?(笑)

「駆け出し物書き雑記」はRSSに登録しています。
だから放置していても更新時だけチェックです。

しんちゃん:2008/04/22(火) 12:42 | URL | [編集]

ちきちきさん、こんにちは。
表紙がかわいらしくて内容に合っていましたね。
雲に乗ったり痩せた馬をひいたり。
動きののろい作家さんですが今後も楽しみー。

リンクはこちらこそよろしくです!

しんちゃん:2008/04/22(火) 12:47 | URL | [編集]

juneさん
続編にはルビが欲しいですよね!
ページを捲るとすでに忘れてました。
登場人物表があればコピーできるのにね。

しんちゃん:2008/04/22(火) 12:50 | URL | [編集]

ななさん、ですよねー。
たぶんこんな読みだったような風に読んでしまう。
で、後でルビが出てきて間違った読みが判明したり(苦笑)

しんちゃん:2008/04/22(火) 12:52 | URL | [編集]

続編楽しみですね~。
そして、新刊は全くチェックしてなかったので、発売情報嬉しいです。
新刊の表紙もほのぼのとした雰囲気で、読むのが楽しみ♪

エビノート:2008/04/22(火) 19:56 | URL | [編集]

エビノートさん
お役に立てたみたいで嬉しいです。
新刊はこの作品の系統っぽい表紙ですね。
ルビがあるのかなー。でも読むのが楽しみだ。

しんちゃん:2008/04/23(水) 13:16 | URL | [編集]

こんばんわ~☆

新刊が発売されましたね♪
僕僕先生の続きも読んでみたいけど、新作も楽しみです。
(新刊、買ってはいるんですが、まだ読んでません…)

雰囲気読み、私もよくしてます。自室で読んでるときはメモ用紙に読み方を書いたりしてるんですけど、バスの中とかだと「たぶん○×~」と雰囲気読みばかりです。
とくに今読んでる浅田次郎さんの『中原の虹』なんて読み方が難しすぎて…うう、振り仮名がほしいぃぃ(>_<)

マメリ:2008/04/29(火) 00:32 | URL | [編集]

マメリさん、こんにちは。
新刊を書店で見かけました。でも買わずです^^;

雰囲気読みはねえ。これは現状ではしょうがないのかな。
もうちょっと出版社が親切にしてくれると解消されるのにね。

しんちゃん:2008/04/29(火) 12:04 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「僕僕先生」仁木英之


僕僕先生 日本ファンタジーノベル大賞受賞作を読もう!企画第8弾です。今回もやっぱりおもしろかったです。ファンタジーの世界って幅広いなぁと受賞作を読むたびに思うのですが、これはファンタジーらしいファンタジー。術を使う仙人やら不思議なものが次々と出てきて...

2008/04/21(月) 22:13 | 本のある生活

「僕僕先生」仁木英之


僕僕先生 仁木 英之 時代は唐代。勉強もせず、仕事もせず、日々ダラダラと過ごしていた王弁。ある日父から黄土山に住むと言われる仙人に供物を持って行くようにいい使う。迷ったあげく出合った仙人は十代なかば程にしか見えない美少女で自分を僕僕と名乗った。 フ

2008/04/22(火) 12:14 | ナナメモ

僕僕先生 〔仁木英之〕


僕僕先生仁木 英之 新潮社 2006-11-21売り上げランキング : 36005おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 時は唐代。 若き王弁は父の財産に寄りかかり、学ばず、働かず、娶らず、ひたすら安逸を貪っていた。 そんなある日、父の命で黄土山へと出かけ

2008/04/22(火) 19:48 | まったり読書日記

『僕僕先生』 仁木 英之


僕僕先生 仁木 英之 第18回日本ファンタジーノベル大賞の大賞受賞作。 本屋さんで、柔らかい色合いと可愛いイラストに一目ぼれでした(笑) 『グロテスク』の鬱々とした気分を吹っ飛ばすために、さっそく読みました♪ 時は唐代。 勉強もせず、仕事もせず、

2008/04/29(火) 00:29 | お菓子を片手に、日向で読書♪

僕僕先生


著者:仁木 英之 出版社:新潮社 紹介文: 2006年の日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。 働くことも学ぶこともしない青年が、少女の姿をした仙人と旅をするという、中国を舞台としたファンタジー作品。 時は楊貴妃を寵愛したという玄宗 李隆基の頃。 おそら

2008/10/30(木) 00:18 | どくしょ。るーむ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。