--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.23

「犬はどこだ」米澤穂信

犬はどこだ (創元推理文庫 M よ 1-4)犬はどこだ (創元推理文庫 M よ 1-4)
(2008/02)
米澤 穂信

商品詳細を見る

体調不良により銀行を中途退社した紺屋長一郎は、地元に帰って何か自営業を始めようとした。最初にお好み焼き屋を思い浮かべたが、いろいろ支障があって叶わなかった。そこで探偵事務所を開いた。寂れた商店街の、四階建ての古い雑居ビル。一階にコンビニが入っているおかげで見てくれはそう悪くないが、壁面には微かに、ヒビさえ入っている。その二階が、長一郎の借りたスペースだった。この事務所?紺屋S&R″が想定している事業内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。

開業したばかりのその事務所に、長一郎の友人から紹介を受けて、一人目の依頼者がやって来た。東京のコンピュータ会社をいつの間にか退職して、その後の行方がわからなくなってしまった孫娘を捜して欲しい。長一郎はその失踪人捜索の依頼を受諾した。その翌日、高校剣道部の後輩であるハンペーこと半田平吉が、ハードボイルド探偵になりたいと?紺屋S&R″を訪ねてきた。その最中に、またもや友人の紹介で依頼者がやって来た。古文書の由来を調査して欲しいと。新たな依頼を受け、それと同時に、所員を一人、増やすことになった。

失踪人捜索の調査は私こと紺屋長一郎、古文書の由来調査は俺ことハンペー。二つの事件を二人の探偵が調査していくと、なぜか微妙にクロスしてゆく。これが予想以上におもしろかった。でもまどろっこしさもあった。二人は毎日顔を合わせているのだが、肝心な部分を報告しあわない。ハンペーは古文書調査の合間に、失踪人である佐久良桐子の名前が出てくるのにまったく気づかない。これがじれったいのだ。逆に長一郎も、自分が調べていく中での疑問をハンペーに一言漏らせば、繋がっていることがわかったのに。でも、そこがこの作品の面白さだったりするのだけど。

二人の調査自体は地味なものだが、そこに民族学がからんできたり、チャット仲間であるGENを名乗る人物に相談したり、喫茶店をしている実はやんちゃな妹をこき使ったり、正体不明の人物が現れたりと、狭い田舎を舞台にしながらも外との繋がりを広げることで、こじんまりとした閉塞感を感じさせずに読ませるのは、さすがに上手いと思った。

そして、佐久良桐子という人物の全貌が明らかになるラストでは、それまであったイメージをひょいっと瞬く間に変えてしまう。これぞミステリの醍醐味だろう。ときにユーモアがあり、謎に近づいていくわくわく感があり、ミステリとしての驚きもあり、サスペンスのようなざわざわとした雰囲気も楽しめる。これは面白かった。田舎に今風を持ち込んだのが、この作品のキーポイントだったように思えた。これまで読んだ中で、一番のお気に入り作品かも。


TBさせてもらいました。「今日何読んだ?どうだった??」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

米澤穂信
トラックバック(8)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

この作品で米澤さんに興味を持ちました。うまいですよねぇ。

ほのぼのではなく、最後のぎゃっと叫びたくなるようなざわざわ
感もすーっごく印象深くて、記憶に残ってます。
単行本を買おう買おうと思いつつ、最近文庫で出たのでそちらを
買いました。ええ、金欠なもので……

シリーズ化すると言われつつ、続きが出ていない作品でもあります。早く2巻目が読みたいものです。

まみみ:2008/04/23(水) 16:21 | URL | [編集]

しんちゃん こんばんは。
この作品、キャラがいいですよね。
特にハンペー!!大好き♪
確かにちょっと、じれったいかも。
タイトルには、ニヤリとしました。
続編も楽しみです。

naru:2008/04/23(水) 19:39 | URL | [編集]

こんばんは。
そうだ、続編があるって聞いて楽しみにしていたのにまだですね。
確かこれが私の初米澤さんだったと思います。

なな:2008/04/23(水) 21:24 | URL | [編集]

 某所経由できました。
 「犬はどこだ」面白かったですよね。この人の本でいまだかつてまだハズレを読んでいないので今後もずっと読んで行く作家さんになると思うのですが、主人公の年齢が高い唯一のシリーズだし、是非続編が出て欲しいです。
 トラックバックうってみました。

樽井:2008/04/23(水) 23:14 | URL | [編集]

まみみさん
文庫本を買って早速読みました。予想以上に面白かったです。
そうそう、最後のざわざわが妙に気持ち良かったりして。

続編の「流されないで(仮)」は、ずっと未定のままですね。
早く二作目が読みたーいっ!

しんちゃん:2008/04/24(木) 11:59 | URL | [編集]

naruさん、こんにちは。
ハードボイルド嗜好のハンペーは、いい味を出してましたね。
カッコつけのわりに、どこか抜けていたり。
おいら的なお気に入りは、GENとかっとばしの妹でした。
早く続編が出るといいなー。

しんちゃん:2008/04/24(木) 12:04 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
これが初米澤って方が多いみたいですね。
何か目に留まる理由みたいなのがあったのかな。
続編の作品名だけは「汎夢殿」に載ってるので、いつかはでしょうね。

しんちゃん:2008/04/24(木) 12:09 | URL | [編集]

樽井さん、はじめまして。
すごく面白かったです。米澤さんは文庫で読むことが多いので、出遅れてます。
でも手元に置いておきたいので、気長に文庫待ちしてまーす。
と言いながら「小市民」シリーズは積んだまま。秋には三冊目か(汗)

しんちゃん:2008/04/24(木) 12:14 | URL | [編集]

じれったいですよね。「だからあ」と笑いながら突っ込みいれて読んでました。

たまねぎ:2008/04/27(日) 16:49 | URL | [編集]

たまねぎさん
ドリフの「志村ー、うしろー!!」という観客の声を思い出しました。
ちょっと古いですかね。にこにこ。

しんちゃん:2008/04/28(月) 19:48 | URL | [編集]

こんばんわ。TBさせていただきました。
今更ながら読みました。
この作品って、続編は出ているのでしょうか。紺屋(とハンペー)の活躍をもっと見たいです。
桐子の人物像が推理によって大きく変わったところはビックリでした。

苗坊:2010/03/08(月) 22:47 | URL | [編集]

苗坊さん、こんばんは。
残念ながら続編は出ていません。
最近の米澤さんって油がのってますよね!

しんちゃん:2010/03/10(水) 22:30 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

◎◎「犬はどこだ」 米澤穂信 東京創元社 1680円 2005/7


2006年版聖月大賞受賞作品    傑作である。だから早々と、2006年版聖月大賞(2005年版聖月大賞は◎◎『そのときは彼によろしく』市川拓司)を授与しよう。年末まで待てない。本書がこのミスの国内編1位をとっても評者は別段驚かないし、直木賞だとかその他の有名...

2008/04/23(水) 14:22 | 「本のことども」by聖月

米澤穂信『犬はどこだ』


何か自営業を始めようと決めたとき、最初に思い浮かべたのはお好み焼き屋だった。

2008/04/23(水) 19:40 | 待ち合わせは本屋さんで

[書評]「犬はどこだ」 米澤穂信著


 最近自分の中で人気急上昇中の米澤穂信の文庫最新作です。  今までの米澤作品は主人公が中学生・高校生・大学生くらいの割合と若い層で、内容的にも青春小説といっていいほどの瑞々しさが全編に漂っていました。それが、本作はソフトとはいえ「探偵」が主人公のハードボ

2008/04/23(水) 23:13 | 樽井さんの読書&電化よもやま日記

犬はどこだ  米澤穂信


とある事情から仕事を辞め、故郷に戻らざるを得なかった男。しばらくは失意の底にあった彼だが、自分で何か商売をはじめることにした。 最初はお好み焼き屋がよかった彼だが、やはり事情があって断念する羽目に。代わりに彼が選んだ職業が探偵だった。 いや正確には犬探...

2008/04/27(日) 13:52 | 今更なんですがの本の話

犬はどこだ 米澤穂信


犬はどこだ ■やぎっちょ読書感想文 お好み焼き屋はどこ行った!? いやね。 表紙をめくると解説文がありまして、そこに 何か自営業を始めようと決めたとき、最初に思い浮かべたのはお好み焼き屋だった。しかしお好み焼き屋は支障があって叶わなかった。そこで調...

2008/06/04(水) 21:25 | \"やぎっちょ\"のベストブックde幸せ読書!!

犬はどこだ 米澤穂信


犬はどこだ (ミステリ・フロンティア)クチコミを見る 何か自営業を始めようと決めたとき、最初に思い浮かべたのはお好み焼き屋だった。 しかしお好み焼き屋は支障があって叶わなかった。 そこで調査事務所を開いた。この事務所〈紺屋S&R〉が想定している業務内容は

2010/03/08(月) 22:17 | 苗坊の徒然日記

米澤穂信『犬はどこだ』


犬はどこだ (創元推理文庫)米澤 穂信東京創元社このアイテムの詳細を見る 今回は、米澤穂信『犬はどこだ』を紹介します。調査事務所にふたつの依頼が舞い込んできた。ひとつは、佐久良且二から依頼を受けた孫の桐子の失踪事件で、もうひとつは、百地啓三から依頼を受けた...

2010/05/31(月) 23:33 | itchy1976の日記

犬はどこだ/米澤 穂信


金融マンとして働き始めたものの都会の空気が合わなかったのか、身体を壊し田舎に戻って探偵事務所を開いた男・紺屋。「紺屋S&R」は犬捜しが目的だったが、飛び込んできた依頼は、都会から同じように田舎へ帰っているかもしれない女性を捜すこと。どうやって? 考え

2010/07/13(火) 02:07 | ◆小耳書房◆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。