--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.25

「こっちへお入り」平安寿子

たいら

こっちへお入り

親友の友美に駆り出され、落語教室の受講生たちが熱演するステージを見ることになった江利は、友美の落語があまりにも下手なのでついこう思ってしまった。英語と落語じゃ、一字違いの大違い。英語ができれば海外旅行もドンと来いだが、落語なんか覚えたところで何の役に立つ。しかし四十がらみの「桜家チェリー」さんや「やど家おかね」さんの落語を聞いてちょっと見直していると、最後の一人が出囃子にのって高座に上がった。

高座名は「桜家楽笑」。今日の演者たちの師匠、かたく言うなら、「女性のための生涯学習・落語講座・講師」である。いつのまにか彼のリズムに巻き込まれていたらしく、聞き手として、自然に拍手ができた。この人の落語なら、もっと聞きたいな。そう思った。

そして打ち上げ会場での一言が、江利を変えた。落語をひとつ覚えたら、癖になる。落語にはそういう魔力がある。魔力。わたしには関係のないもの。一生、出会えそうもないもの。落語を覚える。ただそれだけで、魔力に触れられるものなのか――。わたしにやれるのか。人を笑わせられるのか。オヤジギャグで人をうんざりさせるアホ上司とは大違いの、ちゃんとした笑いをとれるのか。吉田江利、三十三歳。独身OL。わたしは、秋風亭小よし。気づけば落語にどっぷり嵌まっていた。

まず章の冒頭で、落語のネタが紹介される。そこで主人公が引っかかる人物のこと、あるいは現実で引っかかった出来事が披露される。そして、あれやこれやと思い悩んだ末に、落語のお噺と現実の出来事が上手く重なって、やがて主人公が腑に落ちたり納得するという展開の作品だ。だから落語をまったく知らなくても、主人公が親切丁寧に落語の内容を教えてくれる。ここが気に入らないだとか、ああだこうだと、まるで落語エッセイのように書かれているのが読みやすかったり、面白かったりする。

そして初心者にありがちな描写がうまく書かれている。ひとつを暗記すると、それを掘り下げようとするのでなく、次を次をと覚えたくなってしまう。そのにわかファンぶりが滑稽で、熱中しすぎる主人公がかわいらしく思えてくる。そして誰かに落語の話をしたくなって、惰性で付き合っている恋人に熱くなって語るが、こいつが毎回、何故か水を差す。頭でっかちの評論にムッする。胸くそが悪くなる。だけど…、というのが、この作品のポイント高い部分なのだが。

そんな一方で、落語の世界を知り始めると、お人好しや、見栄っ張りや、粗忽者や、知ったかぶりの愚か者たちが、ああ、こんな人、いるな、これはあの人みたいと、次第に思い当っていく。それにカルチャースクールの面々で落語について語りあう場面が、すごくいきいきしていていい感じだった。講師の楽笑さん、奥さんのチェリーさん、おかねさん、晴晴さん、すみれさん、利休さん、グッチーさんと、みんなの落語好きが、気持ちいいぐらいこちらに伝わってくるのだ。

こういう落語ラブの作品を読むと、すぐに影響されてしまい、落語を聞きたくなってしまう。そんなだから、人間って単純な生き物だな、とつくづく思ってしまった。すごくおもしろかった作品だ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

平安寿子
トラックバック(6)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

こんにちは。
私もこの本を読んで落語が聞きたくなりました。(笑)
江利が落語の魅力に引き込まれていく気持ちがよく伝わってきましたね。
水を差したがる恋人が最後には…というのもおもしろかったです。
落語教室の講師やメンバーなどの登場人物のキャラも平さんらしい感じ。


mint:2008/05/04(日) 12:21 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
今度図書館で落語のCDを借りようかな(笑)
ベタでわかりやすい江利の気持ちがかわいかったです。
それに恋人の心境の変化も。
ひとつのことにのめり込む人たちが微笑ましかったですね。

しんちゃん:2008/05/04(日) 12:34 | URL | [編集]

そしてしんちゃんははまったんですね。
私も図書館で落語のCD探してみようかな。
でも、なんだか恥ずかしい感じ…
惰性で付き合ってる旬の反論が結構好きでした。

なな:2008/05/09(金) 18:38 | URL | [編集]

ななさん
そう言わずぜひ落語をどうぞ^^
昔放送されていた「らくごのご」はよく観たなー。
高座とかは行った経験がないけど、落語は身近かも。

しんちゃん:2008/05/10(土) 12:02 | URL | [編集]

こんばんは。
落語の楽しさがいっぱい詰まった作品でしたね。
落語頭って考え方が、面白いなぁ~と思いました。落語聴いてたら落語頭、身に付くかしら?

エビノート:2008/05/11(日) 20:26 | URL | [編集]

エビノートさん、こんにちは。
落語への愛が詰まっていましたね。
落語頭ですか。おいらはすぐに物忘れする鳥頭(笑)
ハートもチキン。・・・なんじゃそれ^^;

しんちゃん:2008/05/12(月) 12:02 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『こっちへお入り』


今日読んだ本は、平安寿子さんの『こっちへお入り』です。 落語を題材にした話で、おもしろかった~。

2008/05/04(日) 12:14 | いつか どこかで

こっちへお入り 平安寿子


こっちへお入り(2008/03)平 安寿子商品詳細を見る <わたし、人生勉強してたんだね> 気がつけば、もう5月も7日!おまけに8日も更新をスト...

2008/05/07(水) 23:03 | それでも本を読む

「こっちへお入り」平安寿子


こっちへお入り 平 安寿子 JUGEMテーマ:読書 落語好きにも、そうでないあなたにも。笑いあり、涙ありの素人体当たり落語寄席、開演!この私が、やれるのか。人を笑わせられるのか?吉田江利、三十三歳。独身OL。落語に挑戦しちゃいます。 素人が落語に挑戦しよう...

2008/05/09(金) 18:38 | ナナメモ

こっちへお入り 〔平 安寿子〕


こっちへお入り平 安寿子 祥伝社 2008-03売り上げランキング : 181963おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ギャグ?このわたしが、ギャグをやる? やれるのか。人を笑わせられるのか。オヤジギャグで人をうんざりさせるアホ上司とは大違いの、ち

2008/05/11(日) 20:15 | まったり読書日記

こっちへお入り*平安寿子


こっちへお入り(2008/03)平 安寿子商品詳細を見る 落語好きにも、そうでないあなたにも。 笑いあり、涙ありの素人体当たり落語寄席、開演! こ...

2008/06/17(火) 06:46 | +++ こんな一冊 +++

「こっちへお入り」平安寿子


「こっちへお入り」平安寿子(2008)☆☆☆★★[2008112] ※[913]、国内、現代、小説、連作短編、落語、女性 平安寿子といえば「グッドラックららばい」。ぼくが平成の奇書と呼ぶ「グッドラックららばい」は初めてこの作家と出会った作品。しかし、残念ながらその後、そ...

2008/11/25(火) 09:01 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。