--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.27

「九つの、物語」橋本紡

九つの、物語九つの、物語
(2008/03)
橋本 紡

商品詳細を見る

泉鏡花の「縷紅新草」を読んでいたら、お兄ちゃんが部屋に入ってきた。「あのさ、ゆきな、前から言ってるだろう。俺の部屋に入るなよ」 そこはわたしの部屋ではなく、お兄ちゃんの部屋だった。お兄ちゃんは周囲が呆れるぐらいの読書家で、実にたくさんの本を読んでいた。この六畳の狭い部屋は、ちょっとした図書館のようなものだ。顔立ちが整っていて、喋るのがうまくて、服の趣味がいいお兄ちゃんは、やたらと女の子に人気がある。年はふたつしか違わないのに、わたしとお兄ちゃんはまったく似ていなかった。わたしはどちらかというとひとりでいるのが好きで、顔の造りだって地味だ。

久しぶりにお兄ちゃんの特製パスタを食べたあとで、ふたりはリビングで一緒に過ごす。ここでやっと、第一話の最後になって、妹のゆきなからあることが告げられる。「お兄ちゃんは二年前に死んだはずだよ」と。大学生のゆきなは、両親が海外へ行ってしまってから、古くて広い家にひとり住んでいた。そこに幽霊のお兄ちゃんがふらっと現れて、毎朝毎晩、美味しい料理を作ってくれ、兄妹だけどいるはずのない兄との、ふたりの生活がはじまる。

この作品はタイトルが示す通り、九つの物語だ。第一話「縷紅新草」は泉鏡花、第二話「待つ」は太宰治、第三話「蒲団」は田山花袋、第四話「あぢさゐ」は永井荷風、第五話「ノラや」は内田百聞、第六話「山椒魚(改変前)」第七話「山椒魚(改変後)」は井伏鱒二、第八話「わかれ道」は樋口一葉、第九話「コネティカットのひょこひょこおじさん」はサリンジャー。これらの作品をゆきなはお兄ちゃんの本棚から拝借して、家や駅や大学で読み耽る。彼女もまた、作中の人物と同じように、現実や社会生活の中でいろいろな思いを抱えている。そして小説を読むことで、自分の気持ちと登場人物を重ねたり、ふっと直感した瞬間、それらの悩みがしだいに解消してゆく。

近代文学を作品に絡めると重くなりがちだが、やたらと女の子にモテて、一見ちゃらちゃらしているのに、いつも明るくタフで、ひょうひょうとしたおにいちゃんが絡むことで、楽しくて呑気な作品になっている。しかし、そんな生活がずっと続くわけにもいかない。ゆきなは些細なことで恋人と喧嘩をするし、ずっとひきずっているお母さんへのわだかまりや、記憶から消えていたお兄ちゃんの死んだ経緯などが明らかにされ、信じるべきはなんなのかがわからなくなり、そしてすべてが怖くなって、見えない重圧に押し潰されそうになる。

そこで、お兄ちゃんが幽霊になってゆきなの前に現れた理由が生きてくるのだが、この辺は予定調和かなと思いつつも、妹を大事に想う兄の姿にはぐっとくるものがあった。うちの妹に対しても、兄としてこんな想いがあるのだろうか。たぶん普段は眠っているが、本質的にはあるのだろう。そういうこっ恥ずかしいことを思いつつ、ぱたんと本を閉じて余韻を噛み締めた。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

橋本紡
トラックバック(8)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

>たぶん普段は眠っているが、本質的にはあるのだろう
いいですね~。
うちは姉弟ですが、どうだろ?弟にそんな愛情あるかな?
さておき、見てて優しい気持ちになる兄妹でした。
とりあえず、あんなにいろいろ食わせてる兄がいたら、簡単に餌付けされます。

ちきちき:2008/04/27(日) 19:40 | URL | [編集]

ちきちきさん
恥ずかしいところを突いてくるなー(笑)
ちょっとべったり気味な兄妹ですが、こういうのっていいよね。
うちは食わせたことがなかったし、逆もしかりでした。

しんちゃん:2008/04/28(月) 19:56 | URL | [編集]

あまりにカッコよくて、モテルお兄ちゃんのことをけっ!って思うことなく、良いなぁ~と思えました。妹思いだったことと、読書家だったことがポイントかなぁ~。こんなお兄ちゃん欲しいです。
料理を作ってもらいたいです♪結局は食欲(笑)

エビノート:2008/05/07(水) 23:43 | URL | [編集]

エビノートさん
このお兄ちゃんをけっ!て思ったら罰当たりですよ(笑)
それに、男の豪快な料理とは違いましたね。
読書家で繊細で妹思い。こんなのいるのか!?

しんちゃん:2008/05/08(木) 12:01 | URL | [編集]

こんなお兄ちゃん、いたらいいですね。
食べ物食べさせてもらいたい!
しんちゃんは妹さん想いだと思います。
いろんなレビューからチラチラと見えますもの。
私も弟がいますが、弟はこうはいかないなぁ。

なな:2008/06/14(土) 21:27 | URL | [編集]

ななさん
恥ずかしいことを言わないでください(汗)
お返事ができないじゃないですか(滝汗)
これからは、妹のことを封印しようっと。

しんちゃん:2008/06/15(日) 11:51 | URL | [編集]

普段は眠っていても、本質的にはあるのですね♪
この本には素直にそういう思いを引き出してしまうものが
あるような気がします。
橋本さんの作品の中では一番好きです。
それにしてもしんちゃん、いいお兄さんなんですね。
封印しないでくださいよー。

june:2008/07/05(土) 00:30 | URL | [編集]

juneさん
もう恥ずかしいから出しません(笑)
そんな風にいじられると、マジでお返事が返せませんから。

しんちゃん:2008/07/05(土) 19:40 | URL | [編集]

こんにちは。
私も読んでみましたが、本を開いた途端に止まらなくなってしまって。
なかなか良い作品でしたよね。
私も読み終わった後は、ついつい弟のことを考えてしまいました(^_^;)

fumika:2008/12/20(土) 00:30 | URL | [編集]

fumikaさん、はじめまして。
橋本さんはいいですよね~。大好きな作家です。
兄弟がいると、つい考えちゃいますよね。
妹のことを書いたら冷かされましたけど^^;

しんちゃん:2008/12/20(土) 21:49 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

九つの、物語


JUGEMテーマ:読書 大切な人を、自分の心を取り戻す再生の物語 大学生のゆきなのもとに突然現われた、もういるはずのない兄。だが、奇妙で心地よい二人の生活は、続かなかった。母からの手紙が失われた記憶を蘇らせ、ゆきなの心は壊れていく…。 集英社HPより 表

2008/04/27(日) 19:40 | ぼちぼち

九つの、物語/橋本紡


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/4/27~2008/4/28 [集英社HPより] 大切な人を、自分の心を取り戻す再生の物語 大学生のゆきなのもとに突然現われた、もういるはずのない兄。だが、奇妙で心地よい二人の生活は、続かなかった。母からの手紙が失われた記憶を蘇ら

2008/05/05(月) 17:59 | hibidoku~日々、読書~

九つの、物語 〔橋本 紡〕


九つの、物語橋本 紡 集英社 2008-03売り上げランキング : 2131おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 大切な人を、自分の心を取り戻す再生の物語 大学生のゆきなのもとに突然現われた、もういるはずのない兄。 奇妙で心地よい二人の生活は、しかし

2008/05/07(水) 23:36 | まったり読書日記

九つの、物語 橋本 紡


九つの、物語(2008/03)橋本 紡商品詳細を見る <世界はいい加減で危うい。でも、楽しいものだ> なんと言っていいんだろう、この作品。ある意...

2008/05/11(日) 21:07 | それでも本を読む

「九つの、物語」橋本紡


九つの、物語 橋本 紡 JUGEMテーマ:読書 暫く敬遠していた橋本さんですが「彩乃ちゃんのお告げ」がよかったので新刊も読んでみました。本当はほかに読まないといけない本があったのに、1章読み始めたら気になっちゃってラストまで止まらなかった。 主人公は

2008/06/14(土) 21:29 | ナナメモ

「九つの、物語」橋本紡


九つの、物語 読み始めたら止まらなくなって一気に読んでしまいました。よかったです。お兄ちゃんと過ごす時間の優しいあたたかさ、付き合い始めたばかりの恋人と過ごすドキドキや、気持ちが寄り添わないかなしさ、そして呑みこまれそうな辛さ・・どれもさらりとシンプ...

2008/07/05(土) 00:31 | 本のある生活

九つの、物語 橋本紡


九つの、物語 この本は本のある生活のjuneさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ読書感想文 こんな幽霊、いそう 幽霊といっても全く怖くないんですけどね。こんな幽霊って普通にいそうですよ。 公園で優しく3歳児を抱きしめお母

2008/08/01(金) 00:05 | \"やぎっちょ\"のベストブックde幸せ読書!!

『九つの、物語』 橋本 紡


九つの、物語/橋本 紡 ¥1,365 Amazon.co.jp 『九つの、物語』 橋本 紡(集英社) 〈STORY〉 大切な人を、自分の心を取り戻す再生の物語。大学生のゆきなのもとに突然現われた、もういるはずのない兄。だが、奇妙で心地よい二人の生活は続かなかっ

2008/12/20(土) 00:31 | りんごほっぺ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。