--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

04.29

「ビールボーイズ」竹内真

ビールボーイズビールボーイズ
(2008/02)
竹内 真

商品詳細を見る

一九八三年、十二歳の少年たちが秘密基地に集まった。正義感の強いリーダー的存在の正吉、頭脳明晰で参謀役の広治郎、ドジで泣き虫だが優しさを持つ勇、そして、男勝りで喧嘩っぱやいが孤独を内に秘める紅一点の薫。北海道の新山市にあったビール工場の閉鎖で、家族と町を離れることになった茜をしのんで、憎いビールを飲み干すことにしたのだ。これが記念すべきビール祭の第一回目だった。

中学の修学旅行では、旅館の蒲団部屋に忍んで酒盛りし、離れ離れになった高校生時代、将来の道への分岐点、あるいは自分というものを見つめたり、かつての恩人を助けたり、その時々の彼らの転換期には、仲間と共に、傍らにはいつも、ビールがあった。12歳から30歳までの年月を共に過ごし、あるいは地元を離れても、お互いの繋がりは薄らぐことなく、いつもビールを通じて、友情に、お互いに頑張る姿を励みに成長していく。

やがて正吉はある目標を持つようになる。それは、自分自身で会社を興して新山の町にビールを生み出すこと。それがやがて、大きなうねりとなって、仲間を招集することになり、大きなビール祭へと繋がっていく。「カレーライフ」の系統を継ぐビール小説。ビールの歴史が詰まったコラム付き。

ビール・デビューというか、お酒との付き合いはわりと早かった。酒飲みの親父がいたし、子供がお酒を飲むことに寛容な親だったので、高校時代にはすで家で飲んでいた。親公認なので、友達が遊びにくれば、ジュース代わりにビールやチューハイを飲んでいたし、勢いがつけばマイ・ブランデーを飲んでいた。いま考えると変な家庭に育ったものだ。もちろん居酒屋でも…、おっとっと。

そんな環境で育ったせいか、正吉や勇たちが、酒盛りして騒ぐ気持ちがすごくよくわかる。ビール・ダーッシュ!なんてはしゃぎぶりも可愛らしかった。それに修学旅行での夜のお楽しみも、同じようなことをかつて経験したことがある。女子の部屋で遊んでいるところを見つかり、こっぴどく説教された。それも酒くさい先生に。ただ本書と違うのは、仲間と一緒に捕まったのではなく、捕まったのが自分ひとりだけだったということ。仲間に裏切られたのではなく、単独行動をしていたからだ。いやー、若かった。そして、青かった。

本書の話に戻るが、この作品で上手いのは、夢が先にありき、ではなく、彼らが成長する過程でそれが人生の大きな目的になっていく点だ。それに正吉以外の勇、薫、広治郎のエピソードもしっかりと書かれている。各々の進路や仕事によって、ばらばらに暮らすことになるが、三人になったり二人になったり、あるいはその時々で参加する人物が入れ違ったりしながらも、ビール祭が続いていくことで繋がっている絆。彼らの友情の絆と成長する姿が微笑ましくて、すごく羨ましく思った。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

竹内真
トラックバック(10)  コメント(16) 

Next |  Back

comments

おばちゃんとこもお酒に寛容な家庭で高校時代からマイウィスキーを親から与えられてました。
外で飲むのはあかんけど、大人になって外で飲む時に自分の適量を知ってたほうがいいなんて親子で屁理屈つけてたなぁ。懐かしい。
竹内さんの青春、友情物は素直に楽しい。
ビールビール、カレーカレー。
次はなんやろか

ナカムラのおばちゃん:2008/04/29(火) 20:20 | URL | [編集]

こんばんはー
しんちゃんなら修学旅行のとき、何かしらしてたんだろうなって思ってた(笑)。
しかもそれが予想通りのエピソード!(爆)

変に感動を誘おうとするのではなく丁寧に描かれていたのが良かったです。

リベ:2008/04/29(火) 20:42 | URL | [編集]

こんばんは~。
そういえば私も父親の飲むビールのお相伴にあずかってたなぁ~。確か、小学生のころ。泡が好きだったんですよね~。懐かしい。
けど、一緒にビールを飲んで、一緒に騒いでという仲間がいたら良かったなぁ。この四人の友情がとても素敵で、羨ましかったです。

エビノート:2008/04/29(火) 20:54 | URL | [編集]

ナカムラのおばちゃん
外ではダメというのはタバコで言われました。
で、灰皿を部屋に持ってきたよ。やっぱ変な親!

このフード系ののんびりした作品はいいよね。
ほんま次はなんやろ。

しんちゃん:2008/04/30(水) 10:33 | URL | [編集]

りべさん、こんにちは。
なーんか笑われてるぞ。つうか…
何かしらしてそう、ってどう思われてるんだ。
チッ、自分を披露しすぎたか^^;

しんちゃん:2008/04/30(水) 10:37 | URL | [編集]

エビノートさん、こんにちは。
泡が好きってめずらしい。ふつうは苦手だと…。
さすが、九州女!と感心するべきなのか。
九州=酒飲み、というイメージを持ってます(笑)

こういういつまでもバカができる仲間っていいよねー。
久しぶりに友達に召集をかけようかな、と思いました。

しんちゃん:2008/04/30(水) 10:43 | URL | [編集]

カレーライフは、借りては読めずに返し、・・・それの繰り返しでして(苦笑)
この作品も長かったですが、きっとカレーライフも同じようにあっという間に読んでしまうんでしょうね。再度、チャレンジです(笑)

ゆう:2008/04/30(水) 19:25 | URL | [編集]

ゆうさん
借りるのもありですが、文庫を買うのもありです。頑張ってください。
かなりの文章量ですが「カレーライフ」は面白いです。

しんちゃん:2008/04/30(水) 22:27 | URL | [編集]

こんばんは。

昔の仲間でこうやって、馬鹿やりながらもわいわいやれるのってええなあってすごい思いました。
私の周りの女の子はお酒あかん子が多いので、一緒に飲めるってのもうらやましいなあ。
『カレーライフ』未読なので、むくむくと興味が。

ちきちき:2008/05/01(木) 20:52 | URL | [編集]

ちきちきさん、こんにちは。
昔は毎日つるんでいたのに、疎遠になるのは寂しいですよね。
大人になるって、仲間がバラバラになることでもあるから、彼らが羨ましいです。
分厚い本だけど、「カレー」も面白いっすよ!

しんちゃん:2008/05/02(金) 12:15 | URL | [編集]

あの修学旅行の一件は好きだな~。
この物語のいいところって、だらだらと話が長くなりそうなところを、ビール祭と名付けて、彼らが集まった時だけに焦点を当て、18年という月日にも関わらず、ポイントだけを抑えてたから読みやすかったのかな~って。

私が通ってた中学では、同級生が夜公園でお酒を飲んでたって、えらい騒ぎになったんですよ~。それはもう大変な騒ぎで。なので修学旅行での一件は、結構寛大なんだな~って感動?しました。(笑)

じゃじゃまま:2008/08/27(水) 15:42 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
ビール祭というポイントに絞っていたのは、同じく良かったと思います。
しかし、未成年の飲酒って楽しかった~。
何故あんなに陽気になれたのだろう。
今では毎日の習慣でしかなくなってしまいました。^^;

しんちゃん:2008/08/27(水) 20:08 | URL | [編集]

おっ、ここにも悪い子を一人発見(笑)

第一回のビール祭りで冷えてないビールを飲む正吉達を見て、そりゃ旨くないだろうと笑ったのですが、子供の頃に隠れてとかとなると、よくある事なんですよね。最後は彼等と一緒に乾杯したくなっちゃいました。

たまねぎ:2008/09/30(火) 22:50 | URL | [編集]

たまねぎさん
悪い子?? 普通でしょ(笑)
冷えてないビールは確かに不味いよね。
だけど、ぬるくなったビールを飲んでしまう自分がいます。
うちはオープンだったので、隠れてはなかったなあ。
他のことではあるけど^^;

しんちゃん:2008/10/01(水) 12:03 | URL | [編集]

実は私は真面目っ子で、二十歳になってからお酒デビューしました~(笑)もし飲んでいたとしても、たぶんひな祭り?とか憶えていないけどそういう時に甘酒を少し飲まされた程度です。(^^;ゞ

元々炭酸飲料があまり好きでないのとあの苦さのせいでビールはあまり得意ではないのですが、さすがにこの本を読むと、次からはおいしく飲めるような気がするーーー♪(by天津木村)(笑)
『カレーライフ』もずっと積んでいるので読まなくっちゃ~でもあの厚さにびびってます。(^^;ゞ

板栗香:2009/01/23(金) 20:28 | URL | [編集]

板栗香さん
真面目っ子というか、お酒は二十歳からが当たり前です(笑)
自分も炭酸系が苦手なので、ビールはあまり飲めません。
でも一口目はやっぱビールかな~。

しんちゃん:2009/01/24(土) 17:55 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ビールボーイズ  竹内真


ビールボーイズ 竹内 真 東京創元社 北海道 新山市 第一回ビール祭は1983年に開催された。 正吉、広治郎、勇(ユウ)、薫。 小学六年、ビール工場で働く父の転勤で茜が引越しした。 大人の理屈、会社の理屈には子どもは逆らえない。 ビールに復讐。 ビ...

2008/04/29(火) 20:13 | ナカムラのおばちゃんの読んだん

ビールボーイズ-竹内真


「ビールボーイズ」 竹内真 僕は毎日お酒を飲まなきゃやっていられないわけですが、とりあえず家に帰ってあけるのは缶ビールです。グラスになんていれる時間はもったいないとばかりに缶からそのままのどに流し込みます。でもこれが、最近流行の発泡酒や第三のビールとい

2008/04/29(火) 20:16 | あれやこれや

ビールボーイズ (竹内真)


(本の内容) 北海道の新山市で暮らす正吉たち12歳の悪ガキトリオは、秘密基地に集った。 憧れの茜が市内のビール工場の撤退を機に、転校していってしまうのを惜しんで。 茜を転校へと追い込んだ、ビールという飲み物に復讐、つまりは飲むためだ。 茜の親友の薫も加...

2008/04/29(火) 20:42 | 今夜も読書を

ビールボーイズ 〔竹内 真〕


ビールボーイズ竹内 真 東京創元社 2008-02売り上げランキング : 86102Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 北海道の新山市で、正吉ら12歳の少年達は秘密基地に集った。 ビール工場の閉鎖で、家族と町を離れることになった少女をしのんで――。 思えばこれが、...

2008/04/29(火) 20:44 | まったり読書日記

ビールボーイズ  竹内 真


ビールボーイズ(2008/02)竹内 真商品詳細を見る <ビール・ダーッシュ!> いつも寄らせてもらっているブロガーさんが、この作品をほめてい...

2008/04/29(火) 21:47 | それでも本を読む

ビールボーイズ 竹内真


北海道の新山市で、ビール工場が撤退。友人との別れを余儀なくされた仲良し4人組が、別れのきっかけとなったビールへの思いを胸に歩んでいく成長小説。 友人と別れざる得なかった12歳から、しっかりと自立した30歳になるまでの4人組の物語で、全編にビールを絡ませながら...

2008/04/30(水) 19:21 | かみさまの贈りもの~読書日記~

ビールボーイズ


JUGEMテーマ:読書 北海道の新山市、正吉たちは、ビール工場の撤退のために憧れの茜が転校していってしまうのを惜しんで、秘密基地に集った。茜を転校させてしまうビールという存在へ復讐するために、皆でビールを飲んでしまおう! これが正吉の地ビール造りへと誘うき

2008/05/01(木) 20:53 | ぼちぼち

ビールボーイズ 竹内真著。


≪★★★★≫ 3人の幼なじみの少年と、初恋の少女とその親友。 初恋の少女が地元のビール工場の閉鎖により転校する日、少年と親友は仇を討つためにビールを飲み、友情を結ぶ。それからの彼らの18年間を、ビール祭ごとに語る。 いつもみんなのリーダーの正吉。正吉のよ...

2008/08/27(水) 15:34 | じゃじゃままブックレビュー

ビールボーイズ  竹内真


私がはじめて飲んだお酒はビールでした。幼稚園に入った頃だったかな、近所の爺さんに舐めてみろって言われて、うぎゃーとなったのを覚えてます。 当時私は商店街で飲食店を営んでいた祖父の家に住んでいました。その時はよく分かっていなかったんだけど、時期的におそら...

2008/09/30(火) 23:18 | 今更なんですがの本の話

竹内真  ビールボーイズ


竹内真さんの本って読んだ気になっていたのですが、本書が初読みでした。(^^;ゞ 北海道の新山市、正吉たちは、ビール工場の撤退のために憧れの茜が転校していってしまうのを惜しんで、秘密基地に集りビールを飲んだ。思えばこれがビール祭りの始まりだった・・・正吉ら4人...

2009/01/23(金) 20:30 | マロンカフェ ~のんびり読書~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。