--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.01

「花が咲く頃いた君と」豊島ミホ

花が咲く頃いた君と花が咲く頃いた君と
(2008/03/19)
豊島 ミホ

商品詳細を見る

ひまわりで遊び、コスモスに恋をし、椿に涙して、桜の微笑みに頬笑む。目を閉じ、耳を澄ませば、可憐な花の囁きが聞こえる。日常の切ない一瞬を切り取る名手が、いま、分岐点にいるあなたに贈ります。静かに。だけど力強く生きる。そんな決意が聞こえる珠玉の短編集。《本の帯より》

花のある別れの風景を描き出した「サマバケ96」「コスモスと逃亡者」「椿の葉に雪の積もる音がする」「僕と桜と五つの春」の四編を収録。

「サマバケ96」
中学三年生のユカが、同じクラスになったアンナと仲良くなったきっかけは、ひとりの男子だった。アンナは髪の毛は真っ茶だし、短いスカートでガニ股気味に座る。真面目っ子のユカとはまったく縁のないタイプの女の子だけど、ユカがその男子と小学校から同級生だったというだけで、なしくずしで友達になった。アンナの見ているだけの片思いに付き合いながらも、彼女の影響を受けて、色んな初めてのことをした。たぶん違う高校に行くから、夏休みに一緒に渋谷に行こう。中学生最後の二人だけのひと夏のはずが。

「コスモスと逃亡者」
たからはひとりで、家の中にいる。窓枠の中におさまったコスモスの花の淡い色がぽつんと目立つ景色が好きで、退屈な時、じっとその絵を見ている。高校の頃はただ笑っていた。でも最近、心臓だと思うところがきゅーっと痛くなることがある。男の子から離れていかれ、すれちがうだけで笑われ、お母さんにずっとおんぶされる生活。あたしってなんのためにいるんだろう。そんなある日、借金取りのコワいにーちゃんから逃げているおじさんと出会い、おつかいを頼まれるようになった。

「椿の葉に雪の積もる音がする」
小さい頃から、眠れない夜にはおじいちゃんのところに行った。おじいちゃんは雁子の気配だけで薄く目を開ける。「眠れない」 そう申告すると、おじいちゃんは黙って蒲団の端に寄ってくれる。「聞こえんか。椿の葉に雪の積もる音がする」 それは雁子にとって、魔法の呪文だ。おじいちゃんに言われてじっと耳を澄ますと、何故か急に眠くなってくる。中学二年になった今でも、本当に眠れなくて困ったら、おじいちゃんのところに行くかもしれない。そのおじいちゃんが倒れた。

「僕と桜と五つの春」
その桜の木と出会ったのは、小学校五年の塾の帰り道だった。不自然な板塀のその向こう。はがれたトタンの穴をくぐれば、それはそこにあった。もろもろの建材が小山になって置き去りにされた中に、一本、若い桜が立っていた。そのはかなさ、うっすらと立つ甘い香り、そして瓦礫の中に立つ細い幹の強さ。すべてに打ちのめされた。五度目の花がいつもより一週間も遅く咲いた頃、吉谷純一はひとつの出会いをした。あの桜の気配がする女の子。それがカナハギエリカだった。

豊島ミホらしい短編集だ。まず一作目は、少女たちの友情であり、約束をやぶって男に走ってしまう友達。そのことによって、少女は苛立ち、不機嫌になる。こういう少女の心の揺れを書くのが本当に上手い。二作目は、言葉は悪いかもしれないが、いわゆる頭が弱い少女がダメ男と出会う。この少女の痛さはちょっと反則気味かな。だけどふたりのやり取りはかわいらしいし、最後のセリフにはぐっときた。三作目は、たぶん幸せってこういうのだと漠然と思っていた。それが、あたりまえだった存在が欠けることで、自分にとってどんなに大事なものだったのかに気づく。これのラストもきたな。最後の四作目は、「ぽろぽろドール」を彷彿とさせるブラック路線。個人的にはこの短編が一番好きだった。まず主人公の僕が、痛い、痛すぎる。だけど、桜の木と少女と出会うことで、すごく真直ぐになる。あとはまあ、読んだかただけのお楽しみなので、黙して語らず。

短編集って長編よりも満足度が薄い。さらっと読めるけど、ガツンとくるものが少ない。その点で言えば、この短編集はバラエティに富んでいるのはもちろんだが、十分満足できる内容だった。個人的には◎だった。←目玉の親父じゃないよ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

豊島ミホ
トラックバック(6)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
私も4つ目のお話が一番好きでした。
そして、2作目、好きな感じだったのに反則部分(笑)が気になってしまって残念でした。
そういえばどのお話もラストがうまくって、だから読後感が良かったのかもしれません。

ちきちき:2008/05/01(木) 20:44 | URL | [編集]

ちきちきさん、こんにちは。
四作目が良かったというのは同じですが、たぶん違う部分で評価してると思います。
痛いのが好きなんですよねー。
だから、一作目の男に走る少女も好きだし、二作目の男女も好きでした。
それにしても出版ペースがはやーい!

しんちゃん:2008/05/02(金) 12:09 | URL | [編集]

こんばんは。
私が好きだったのは3作目ですが
2作目は痛かった。あれはダメです。
でも、終わり方がよくて読後感が爽やかでしたね。

なな:2008/05/11(日) 21:24 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
真っ当な三作目も良かったですね。
二作目のあれはちょっと反則かな~と。
設定があんなだけに評価しにくいです。
「ひまわりで遊び~」の文句は、読んだあとにおおっときました。

しんちゃん:2008/05/12(月) 12:08 | URL | [編集]

私は一作目がお気に入りです。男の子よりも友だちの方が大事で、そのくせ、友だちは男の子優先で。なのに、ユカの方が男の子と仲良くなってる、って。ユカの異性への必死さがないのも好きだし、アンナのこと大好きって気持ちも、ああ、懐かしい季節を思い出しました。(笑)

2作目以外は、それなりにグッとくるものがありましたね。あ、2作目も、たからちゃんのお母さんを思うと、悲しくなります。

じゃじゃまま:2008/05/27(火) 22:53 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
男なら友達付き合いを優先するだろうから、アンナの行動は分かるけど理解できませんでした。これは女の子らしい作品といえるのかもですね。

個人的には、4、3、1、2の順で好きでした。

しんちゃん:2008/05/28(水) 11:56 | URL | [編集]

全然違う話ですが、四季の花でうまくまとめていますね。
少年少女たちの切ない思いが伝わってくる作品でした。

花:2008/06/08(日) 16:54 | URL | [編集]

花さん
四季の花をつなげた帯の言葉が素晴らしいですね。
こう想いがぐっと伝わる作品集だと思いました。

しんちゃん:2008/06/09(月) 11:56 | URL | [編集]

私も4作目好きですが、しんちゃんとは好きの感じが違うかも・・。
私はラストのさわやかさが好きだしほっとしたんですが、しんちゃんはブラックな痛さの方にひかれるみたいですね(^u^)

june:2008/06/23(月) 15:03 | URL | [編集]

juneさん
ば、ばれている^^;
おっしゃる通り、ブラックな痛さにひかれました。
つい、Sの気が出ちゃって…。

しんちゃん:2008/06/23(月) 21:06 | URL | [編集]

とても豊島さんらしい作品が詰まっていたと思います。
ふぅん。しんちゃんは4話目の彼女のS気に惹かれたのか(笑)。
ちなみに自分は4話目も好きでしたが、3話目が一番好きでした。

リベ:2008/07/23(水) 23:16 | URL | [編集]

りべさん
S気に惹かれたのではなくて、S心をくすぐられたです(笑)
おいおい、何を言わせるんだ!
3話のおじいちゃん子も好きでした。でも、やはり4話です。

しんちゃん:2008/07/24(木) 12:15 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

花が咲く頃いた君と


JUGEMテーマ:読書 気鋭の作家が四季を彩る花とともに描く青春小説。4編からなる連作集。祖父との交流を描いた「椿の葉に雪が積もる音がする」は必読の1編。双葉社HPより なんか勝手に「桜の咲く頃~」とか思ってたら、桜もあったけど季節のお花盛りだくさん。表紙

2008/05/01(木) 20:44 | ぼちぼち

「花が咲く頃いた君と」豊島ミホ


花が咲く頃いた君と 豊島 ミホ JUGEMテーマ:読書 夏のヒマワリ、秋のコスモス、冬の椿、春の桜。四季の花をモチーフに書かれた4つの短編集。「小説推理」掲載。 どの物語も苦くて、痛くて、切なくて。取り残されてしまった人の気持ちがすごくよく表現されていま

2008/05/11(日) 21:25 | ナナメモ

花が咲く頃いた君と/豊島ミホ


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/5/7~2008/5/8 [BOOKデータベースより] ひまわりで遊び、コスモスに恋をし、椿に涙して、桜の微笑みに頬笑む―。目を閉じ、耳を澄ませば、可憐な花の囁きが聞こえる。静かに。だけど力強く生きる。そんな決意が聞こえる珠玉の短

2008/05/15(木) 01:10 | hibidoku~日々、読書~

花が咲く頃いた君と 豊島ミホ著。


≪★★★≫ 装丁はいいですね~。 多分、豊島氏がいいたかったこと、書きたかったこと、とは違う感じ方をしたと思う。 「サマバケ96」は、女子中学生二人の話。ある時期、男の子よりも、当然親よりも、女友達が大事で、この世界観は誰にも邪魔させたくないってときあるよ...

2008/05/27(火) 22:36 | じゃじゃままブックレビュー

本 「花が咲く頃いた君と」


花が咲く頃いた君と 豊島ミホ 双葉社 2008年3月 四季の花、ひまわり、コスモス、椿、桜をモチーフにした4つの短編集。 サマバケ96 成績のよいユカといまどきの女の子アンナ。アンナの片思いの相手庄司がユカの小学校の同級生だっ

2008/06/08(日) 16:49 | <花>の本と映画の感想

花が咲く頃いた君と (豊島ミホ)


(本の内容) ひまわりで遊び、コスモスに恋をし、椿に涙して、桜の微笑みに頬笑む—。 目を閉じ、耳を澄ませば、可憐な花の囁きが聞こえる。静かに。だけど力強く生きる。 そんな決意が聞こえる珠玉の短編集。 ...

2008/07/23(水) 23:15 | 今夜も読書を

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。