--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.02

「戸村飯店青春100連発」瀬尾まいこ

戸村飯店青春100連発戸村飯店青春100連発
(2008/03/20)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

戸村飯店はじいちゃんの代から始まった大阪の下町にある中華料理店だ。ラーメンやチャーハンが主なメニューの超庶民的なさえない店だけど、安くておいしいからそこそこはやっている。平日は常連客が集まり、土日は家族連れでにぎやかになる。どんなに忙しいときでも、戸村飯店を手伝うのは弟のコウスケだけ。小さいころは、食器洗いや料理を運ぶくらいしかさせてもらえなかったけど、今では簡単な調理もさせてもらえる。兄のヘイスケは長男のくせに、店に顔を出さない。自分の家の店のことをとことん避けている。

その兄は高校卒業の翌日に家を出た。なんでもそこそこだけど、昔から文章を書くのは得意だった。やりたいこともないくせに家を出る。そんなむちゃなことを通すのに、この特技は使えた。全ての人が阪神タイガースをこよなく愛し、吉本新喜劇で爆笑し、オチがない話をすると、それがどないしたんと戸惑われてしまう町。すべてのことが筒抜けで、みんなが身内の人情たっぷりの町に居心地が悪く、ただ家を出られさえすれば、なんでもよかった。そこで、とりあえず東京の小説講座の専門学校に入学した。

ハンサムで女の子にもてる兄と、アホなギャグを連発する1歳違いの弟。その戸村兄弟の進路も恋も迷走ばかり。要領よく見える兄が実は不器用で、弟は見た目通りの不器用。お互いのことが見えず、なにより自分のことが一番わからない。大阪と東京で別れて暮らすことになって初めて、今まで近すぎて見えなかった相手の良さが見えるようになる。

主人公である兄弟ふたりはもちろん魅力があるが、脇を固めるさまざまな人物たちも個性的で、インパクト大であった。弟サイドでは、片思いの岡野、頼りになる北島君、常連客の広瀬のおっさん、竹下の兄ちゃん、山田のじいちゃん。兄サイドでは、話が飛ぶアリさん、単純で見当違いで天然の古嶋、バイト先のオーナーの品村さん。そして兄弟の両親である親父とお袋。

高校生活満喫しまくんねん、というコウスケの高校生活や恋を楽しみつつ、東京で過ごす大阪人のヘイスケがまた面白い。関西弁をしゃべる、イコール、おもしろい人というイメージは、ヘイスケと同様にかなりヤだ。でもここにあった大阪と東京の違いは面白く読めた。例えば、千円のランチが安い、という感覚は大阪人なら絶対にない、とか、もんじゃ焼きの頼りなさというか、食い物としての中途半端さがいただけない、とか。そんな東京に竹下の兄ちゃんが現れるのだが、その場面は大爆笑だった。いるよー、確かにこういうアホな大阪人はいてる。でもこんな人に限って、めっちゃええ人やったりする。

戸村飯店を継ぐのだろうと漠然と思っていたコウスケと、なんやかんやと東京で経験するヘイスケやけど、彼ら兄弟のラストにはちょっとじーんときたし、がんばれーと応援したくなった。なんやめっちゃええ兄弟やんか。それに、大阪人は大阪が好き、という、ちょっと異常な地元愛も上手く織り込まれていて、ぎょうさん笑えたし、自分の将来が見えない若者の姿にも共感できた。この兄弟とは、また再会したい。そう思えたおもろい一冊だった。

なんや途中から悪ノリして大阪弁で書いてしもた。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

瀬尾まいこ
トラックバック(13)  コメント(14) 

Next |  Back

comments

良かったですよね!すごい好きです。
兄弟、どちらもええやつだった。ええ家族で育ったんやなあ、って感じで。
お兄ちゃんの東京での話とか、すごいうんうん、ってなってしまいました。
違う土地の方が大阪人らしくなってたり。
本当、この兄弟とできればもう一度会いたいです♪

ちきちき:2008/05/02(金) 20:28 | URL | [編集]

ちきちきさん、こんばんは。
ほんまその通りやったね。ええ兄弟やし、ええ親やった。
戸村飯店に来る常連客を含めて、ええ環境で育ったと思う。
大阪を出ることで、大阪愛に気づく兄もおもろかったな。
また再会したいよね!そして竹下の兄ちゃんにも笑わせてもらいたーい。

しんちゃん:2008/05/02(金) 22:13 | URL | [編集]

しんちゃん こんばんは。
家族愛、兄弟愛が良かったですよね~。
登場人物のキャラがピカイチでした。
竹下の兄ちゃんにも、ええ味出してたし(笑)
住之江ってところが、またローカルですよね。
私はボートしか浮かばんけど(笑)
関西人は面白くてオチがあると、関東人は
思っているので、とっても困ります。
そうそう、私も関西弁レビューでした♪

naru:2008/05/02(金) 22:41 | URL | [編集]

naruさん、こんにちは。
家族小説、兄弟小説、どちらでも楽しめました。
そんな中で、竹下の兄ちゃんは大爆笑でした。
住之江は…やっぱボートしか思い浮かばない(笑)
ああ、西住之江駅の長いエスカレーターもあるか。
関西人だからおもろいことを言ってくれ、てのが困る。
こういう偏見って確かにあるよね。あー、やだやだ。

しんちゃん:2008/05/03(土) 12:07 | URL | [編集]

こんにちは。
瀬尾さんらしい心優しい兄弟の話でしたね~。
関西弁のレビュー、本の雰囲気が出ていていいですね。
私は兄弟がいないので、兄弟がいればこんな感じかなと思ったりしました。
大阪に帰ってくる兄と大阪を出て行く弟、それぞれ成長した二人が頼もしい感じでした。
親父さんも良かったし、戸村飯店の常連客も楽しかったです。
そうそう、関西人にはどうしてもギャグを期待しちゃうんですよね(笑)


mint:2008/05/10(土) 09:54 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
二人の道は応援したくなっちゃうよね。
それに、こういう人たちがほんとにいるのが大阪。
しかし、ギャグを持ってる人なんていません(笑)
だけど、話のネタやオチは考えるかも…。

しんちゃん:2008/05/10(土) 11:55 | URL | [編集]

おはようございます。
関西弁レビューだ。
でも、この物語にはそれがピッタリ。
お店の常連さんが好きでした。
お父さん、あまり語らなかったけどビシっとしめてくれましたよね。

なな:2008/05/18(日) 09:22 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
気づけば関西弁になっていました。
この作品につられたのかも。
常連さんとのやり取りが面白かったですね。
それにそう。オヤジが渋かったです。

しんちゃん:2008/05/18(日) 12:05 | URL | [編集]

こんばんは。しんちゃん。
瀬尾さんのファンといたしましては(笑)、たまらない作品でした。
人物造形に長けていて、素晴らしかったです!
泣きながら笑えた作品でした(笑)

ゆう:2008/06/05(木) 21:52 | URL | [編集]

ゆうさん、こんにちは。
これが初読みでしたが、すごく面白かったです。
そうそう、人物に魅力がありましたね。
また大阪人というところが良かったです。

しんちゃん:2008/06/06(金) 11:28 | URL | [編集]

大阪弁のレビューいいですね。
こういう作品を読むとネイティブな大阪弁がしゃべれる人がうらやましくなります。

東京の古嶋くんのキャラが結構好きだったんですが、竹下の兄ちゃん、おもしろかったです。やっぱりこういう人いるんですね。いいなぁ大阪。
ところで大阪の人には、必ず話にオチがあると思い込んでるんですけど、これも偏見?

june:2008/09/07(日) 11:17 | URL | [編集]

juneさん
登場人物が大阪弁だと、ついつい。日常の言葉ですから。
竹下の兄ちゃんはインパクト大でした。こういう憎めない兄ちゃんはいます。
そしてjuneさん、それ偏見です!もう(笑)

しんちゃん:2008/09/08(月) 11:06 | URL | [編集]

こんにちは。
東京も大阪も、私の住んでいる地からは遠く、地元から離れた事がない私は、その部分は共感できないなとちょっと残念でした^^;
ヘイスケとコウスケは、近すぎて相手の事が見えなかったんですかね。
東京で会った2人はとても素直で、兄弟の会話が微笑ましく見えました。
2人の続編が見てみたい気がします。

苗坊:2010/05/31(月) 09:17 | URL | [編集]

苗坊さん、こんばんは。
東でなく西でなく、でしたか。
その意見はちょっと耳よりかも。
これから窺わせて頂きます!!

しんちゃん:2010/06/02(水) 23:26 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

戸村飯店青春100連発


JUGEMテーマ:読書 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店の二人の息子は、性格も見た目もまるで正反対。東京、大阪と離れてくらす兄弟が再会をきっかけに人生を見つめ直していく。一番大切なことは近すぎて見えないもの。単純でバカでかっこわるいけどかっこいい男子の

2008/05/02(金) 20:28 | ぼちぼち

瀬尾まいこ『戸村飯店青春100連発』


大阪、住ノ江にある中華料理店、戸村飯店の2人の息子は、見た目も性格もまるで正反対。アホで不器用だけどまっすぐな兄弟を追いかける、さわやか爆笑コメディー。

2008/05/02(金) 22:43 | 待ち合わせは本屋さんで

『戸村飯店青春100連発』


今日読んだ本は、瀬尾まいこさんの『戸村飯店青春100連発』です。

2008/05/09(金) 12:30 | いつか どこかで

戸村飯店青春100連発/瀬尾まいこ


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/5/6 [理論社HPより] 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店の二人の息子は、性格も見た目もまるで正反対。東京、大阪と離れてくらす兄弟が再会をきっかけに人生を見つめ直していく。一番大切なことは近すぎて見えないもの。単純

2008/05/13(火) 00:03 | hibidoku~日々、読書~

「戸村飯店100連発」瀬尾まいこ


戸村飯店青春100連発 瀬尾 まいこ JUGEMテーマ:読書 戸村飯店は、大阪の下町にある中華料理店。ハンサムで女の子にもてる兄と、アホなギャグを連発する1歳違いの弟をめぐる物語。兄は東京の専門学校に行き、弟は店を継ぐと決めるのだが、戸村兄弟の進路も恋も迷走

2008/05/18(日) 09:22 | ナナメモ

戸村飯店青春100連発 瀬尾まいこ


大阪の下町で中華料理屋を営む両親のもとで生まれ育った年子の兄弟の青春奮戦記。 方や、要領がよく格好もいいが、地元の空気に馴染みきれない兄、方や、コテコテの関西人を地でいってるような弟・・・ちょっとした会話や行動を通して、この二人の個性が表情豊かに見事に...

2008/06/05(木) 21:53 | かみさまの贈りもの~読書日記~

「戸村飯店青春100連発」瀬尾まいこ


戸村飯店青春100連発 アンソロジー「Re-born はじまりの一歩」でこの第1章を読んで気になってました。アンソロジーで読んだ時には、要良がよくて自分勝手な兄の陰で貧乏くじをひいている弟というイメージだったのですが、こうして兄の目線でも語られてみると、そう単

2008/09/07(日) 11:17 | 本のある生活

『戸村飯店青春100連発』 瀬尾 まいこ  理論社


戸村飯店青春100連発 大阪、住ノ江にある中華料理店、戸村飯店の2人の息子は、見た目も性格もまるで正反対。アホで不器用だけどまっすぐな兄弟を追いかける、さわやか爆笑コメディー。 中華料理屋に生まれ、年子の男の兄弟なのに、見た目も性格も違う二人。 お互

2008/10/15(水) 00:11 | みかんのReading Diary♪

『戸村飯店青春100連発』 著:瀬尾まいこ


『戸村飯店青春100連発』 著:瀬尾まいこ大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学校に通うつもり。一...

2009/03/01(日) 16:07 | *モナミ*SMAP・映画・本

瀬尾まいこ  戸村飯店青春100連発


大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く、頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学校に通う準備をしていた。一方、高2の次男・コウスケは勉強...

2009/09/24(木) 02:58 | マロンカフェ ~のんびり読書~

戸村飯店青春100連発 - 瀬尾まいこ


瀬尾まいこサンの「戸村飯店青春100連発」。 自分の道を模索しながら家族と自分との距離を測るキラキラ青春小説。 明るくてガチャガチャした雰囲気なので、静かで淡々としたイメージの瀬尾さんの作品の中では異色なんですが、1,2を争うくらいお気に入り。雰囲気が違っ

2010/01/03(日) 09:33 | iNee Books

戸村飯店青春100連発 瀬尾まいこ


戸村飯店青春100連発クチコミを見る 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店の二人の息子は、性格も見た目もまるで正反対。 東京、大阪と離れてくらす兄弟が再会をきっかけに人生を見つめ直していく。 一番大切なことは近すぎて見えないもの。 単純でバカでかっこわる

2010/05/31(月) 08:53 | 苗坊の徒然日記

「戸村飯店青春100連発」瀬尾まいこ


「戸村飯店青春100連発」は兄弟の視点を章ごとに書いた作品。 なかなか面白かった。    【送料無料】戸村飯店青春100連発価格:1,575円(税込、送料別) この作品は、「Re-born はじまりの一歩」収録の「ゴーストライター」が元になっている。 村上春樹のベストセラ…

2011/11/16(水) 17:49 | りゅうちゃん別館

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。