--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.03

「片眼の猿」道尾秀介

片眼の猿 One‐eyed monkeys片眼の猿 One‐eyed monkeys
(2007/02/24)
道尾 秀介

商品詳細を見る

盗聴専門の探偵事務所「ファントム」に谷口楽器が仕事を依頼してきたのは、いまから一ヶ月ほど前のことだった。ライバルメーカーの黒井楽器が、我が社のデザインを盗用している疑いがある。その証拠を見つけてもらいたい。それが依頼の内容だった。

そんなわけで、三梨幸一郎は中途採用の社員を装って谷口楽器に潜入し、日々黒井楽器の本社ビルにせっせと聴き耳を立てているのであった。黒井楽器の本社というのは、太い道を挟んだ向かいのビルだ。異様な耳を持つ三梨は、異様な目を持つらしい女性の噂を聞き、その冬絵をファントムのスタッフに新たに雇った。産業スパイという地味な調査をしていると、三梨はとんでもない一部始終を聴いてしまう。それが妙な事態に巻き込まれた始まりだった。

ローズ・フラットというアパートを事務所兼住居にしている主人公だが、そこの住人たちがすごく魅力的だった。アパート前で飼われている老犬のジャック、通いのスタッフでもやしのような顔の帆坂君、探偵の師匠である野原の爺さん、野太いダミ声のまき子婆さん、トウミとマイミのまるでシャム双生児のような双子姉妹、そして、トランプマジックと予知能力という奇妙な才能を持ったトウヘイ。そこでのちょっとした和気藹々とした雰囲気が面白くていい感じだった。

主人公はかつて秋絵と一緒に暮らしていたが、ふらっと部屋を出た数ヵ月後に、秋絵は遺体で発見された。二人が一度だけ小旅行に出かけた場所で、首吊り自殺をしていたのだ。その秋絵の写真を今も大事にしている主人公だが、その秋絵と似た名前の女性、つまり、スタッフとして選んだ冬絵が、人殺しかもしれない疑いがでてくる。彼女は以前、四菱エージェンシーという探偵業界では誰もが知っている悪名高き探偵社で働いていた。これまで道尾作品を読んでいる読者としては、冬絵が怪しいと思わせておいて、どうせ最後にひっくり返すのだろうと先読みをしてしまう。その事件の顛末は、あれ?と驚くぐらい淡白すぎて物足りない。

それよりも、いつの間にか作品タイトルになっている「片眼の猿」の方に謎の主眼が移行していた。そちらの部分では、あれやこれやの複線が思い当たり、読者を驚かせるという道尾の技巧は確かに発揮されている。しかし、求めていた驚愕はこんなのじゃなかったのですけど。このあたりに腑に落ちないもやもやがあって、残念ながら手放しで絶賛はできない。冬絵の怪しさを前フリに使っていて、それをヒックリ反すという意味ではやられたのだろう。しかし、これまでに読んだ作品の様な悔しさはまったく感じなかった。軽いハードボイルドタッチで、キャラ読みしやすい作品なのだが、派手に謳った帯の文句は過剰すぎかな。本書だけを読んで道尾を判断されたくないが、ちょっと道尾らしからぬ作品だと思った。

余談をひとつ。これってケイタイ小説だったのか。奥付を見てびっくり。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

道尾秀介
トラックバック(7)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

そうそう、これってなんていうか作者の、読者をびっくりさせてやろうって伏線にばかり気を取られて、中身自体はどうってことなかったですよね。
事件そのものも、どうってことないし。
そっちじゃなくて、あっちで驚かせられた、って感じで。でもラストは、結構やられた!って思っちゃいましたけど。(笑)

じゃじゃまま:2008/05/03(土) 18:59 | URL | [編集]

>求めていた驚愕はこんなのじゃなかったのですけど
まさに。
そらあかんで、って思ってしまいました。
ライトで詠みやすかったですけどね。

ちきちき:2008/05/03(土) 21:10 | URL | [編集]

事件の方は予想もしやすいというか、小粒な印象でしたね。
それ以外の部分では、騙されてたんだ~となっちゃいましたけど(^_^;)
トランプやその他の小道具の使い方は上手いなぁと思いました。
携帯での配信ではトランプの絵柄は表示されなかったようで、
携帯で読んでたらますます気付かなかっただろうなぁ~って思います。

エビノート:2008/05/04(日) 00:04 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
ちょっと拍子抜けな感じでしたね。
それに、おいおいそっちかよ、と…。
流石に上手いんだけど、なんだかなー。

しんちゃん:2008/05/04(日) 11:53 | URL | [編集]

ちきちきさん
このミスリードは反則技ですよね。
キャラ読みしやすいんだけど、これにはがっくりきました。

しんちゃん:2008/05/04(日) 12:00 | URL | [編集]

エビノートさん
小道具の使い方などは道尾らしかったですね。
でも事件は淡白だし、ケイタイ小説ゆえに水準を下げていたのかなー
なんて邪推を…。意図はわかるんだけど^^;

しんちゃん:2008/05/04(日) 12:06 | URL | [編集]

こんにちは。
今回は映像化できない本ですよね。
冬絵、怪しいって思ってたんですけどね…
道尾さんはどうもかんぐりすぎじゃいます。

なな:2008/05/06(火) 15:45 | URL | [編集]

まだ道尾さんとの付き合いも薄くウブだった頃に読んだので、ころっと騙されてエーッとなってしまいました。確かに驚愕は驚愕だけど、ちと違いますね。何と言いますか、やられた嬉しさが少ないと言いましょうか。

たまねぎ:2008/05/07(水) 00:59 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
冬絵が怪しいと思わせて…おいおい、そっちかよ!
おもわずマジツッコミをいれちゃいました。

しんちゃん:2008/05/07(水) 10:16 | URL | [編集]

たまねぎさん
これで道尾をコンプだったので、免疫があったのでしょうか。
かゆいところはそこじゃないー、となんかね。
上手さは理解できますが、気持ち良さがカケラもなかったです。

しんちゃん:2008/05/07(水) 10:21 | URL | [編集]

道尾さんの作品は疑心暗鬼で読むのに必ず騙されてしまいます。
これもすっかり騙されて、求めていた驚愕とのずれにすら気づきませんでした・・。

june:2008/08/27(水) 23:25 | URL | [編集]

juneさん
もう騙されることを前提に読むようになりました。
だから過剰に期待をしすぎたのかも。
juneさんは幸せな読書をされたみたいですね。

しんちゃん:2008/08/28(木) 19:39 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

片眼の猿 道尾秀介著。


ほぉほぉほぉ~。ミスター伏線ですね。あらゆるところに思わせぶりな文章が散りばめられてて、腹の探り合い。 どこかにヒントがあるはず、これはひっかけ?とそんなことばっか考えて読んでいたので、ちょっと疲れました。 でも、ちょいとやられたかも。 彼らの本当の姿に

2008/05/03(土) 18:56 | じゃじゃままブックレビュー

片眼の猿 One‐eyed monkeys


騙しの大技・小技が炸裂! ミステリ界最注目の新鋭が繰り出す、超絶技巧。 俺は私立探偵。ちょっとした特技のため、業界では有名人だ。今はある産業スパイについての仕事をしている。地味だが報酬が破格なのだ。楽勝、と思いきや、いつの間にか殺人事件に巻き込まれて...

2008/05/03(土) 21:11 | ぼちぼち

「片眼の猿」道尾秀介


片眼の猿 One‐eyed monkeys 道尾 秀介 特殊な耳を持つ三梨は盗聴専門の探偵事務所を一人でやっている。今回の依頼人は楽器メーカー。ライバル社が楽器デザインの盗用をしているのではないかと疑っている。ライバル会社を盗聴している時に偶然聞いた特殊な目を持つ

2008/05/06(火) 15:48 | ナナメモ

片眼の猿  道尾秀介


絶対騙されるというような帯の文句につられて読んだのですが、当然のごとくに騙されてしまいました。ハッキリ言ってしまうと、これは誰だって騙されるだろうと思います。一人称の叙述で嘘は決してつかないけど、なにもかも話すつもりもないというスタイルなら、こちらは与...

2008/05/06(火) 20:06 | 今更なんですがの本の話

「片眼の猿」道尾秀介


片眼の猿 One‐eyed monkeys 道尾さんの作品にはいつもだまされます。今回は帯に 警[Caution!]告 まず断言してしまいます。どれだけ眉に唾を付けて読んでいただいても著者の企みを100パーセント見抜くのは不可能でしょう。どうぞ、目一杯期待して読んで下さい。そ...

2008/08/27(水) 23:23 | 本のある生活

片眼の猿-One-eyed monkeys/道尾秀介 [Book]


 道尾秀介:著 『片眼の猿-One-eyed monkeys』  片眼の猿 One‐eyed monkeys道尾 秀介新潮社このアイテムの詳細を見る  雑誌「ダカーポ」の本特集の号(2ヵ月ほど前)で、  書店員さんオススメとして紹介されていました。  「紹介するとネタバレになるので、  

2008/10/15(水) 00:19 | miyukichin’mu*me*mo*

今回は探偵モノで


小説「片眼の猿」を読みました。 著書は 道尾 秀介 耳に特殊な力を持つ 私立探偵 産業スパイとして盗聴するのだが・・・ サクサクと読める作品で 楽しく 安定した面白さ 道尾さんらしく 今回もミスリードが やられました...

2010/08/16(月) 21:17 | 笑う学生の生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。