--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.04

「走れ!T校バスケット部」松崎洋

走れ!T校バスケット部走れ!T校バスケット部
(2007/02)
松崎 洋

商品詳細を見る

高校バスケットの顧問の先生方と部員たちの間で「読み出したら止まらない」と、口コミで広まっています。涙と笑いの青春小説ですが、イジメを背景にしたストーリーのため、身近な問題として考えさせられる内容。高校生やその家族の強い後押しで出版が実現しました。《出版社より》

陽一こと田所陽一は、バスケットの名門であるH校に入学するが、部員によるイジメに苦しみ、学校を辞めて都立T校へ転入した。失意の陽一を救ってくれたのは、同じ中学卒の同級生、底抜けに明るいチビたち四人の仲良しグループだった。チビこと河崎祐太は、身長が百五十三センチしかなく、「文句マン」という別のあだ名も持っていた。メガネこと川久保透は、猛スピードで走れる足の持ち主。名前を反対読みにしたのぞき魔こと牧園は、チーム一の長身でセンタープレイヤー。俊介こと矢嶋俊介は、チビやメガネと同程度の腕前だったが…。

彼ら四人に誘われたT校バスケットボール部は、一度も勝ったことがない烏合の衆だが、なにより純粋にバスケットボールを楽しんでいた。そして、自称二十代という四十半ばの女性顧問、バスケの素人だが元気が取りえの小山先生の頼みで、一度でいいから二年生に勝つ喜びを味あわせる、つまり、それぞれがレベルアップを計り、T校の初勝利を目指すことになる。彼ら五人もやがて二年生になり、新一年生マネージャーの浩子、素人のコロ、潜在能力を秘めた巨漢の健太を加え、やがて三年生の三人が抜けて、陽一たちの時代がやって来る。

これはめっちゃ面白かった。文章はあまり上手くはないのだが、ストーリー展開がマンガ的で、すべてがすごくわかりやすい。勝つ喜びを知らない先輩たちに、初勝利を味合わせるために、練習に明け暮れる前半部分。マネージャーの浩子の兄が大学のスター選手で、その隼の指導でメガネのシュート力、のぞき魔のリバウンドが鍛えられ、その他の連中も実力を貯えていく。

そして先輩たちが抜けた新チームでは、冒頭で語られる俊介の怪我があり、あれれ?という夢幻がありつつ、その俊介がアメリカ人のトムと出会い、チームにとって貴重なスリーポイントを身につける。とまあ、このような流れで、最終的に、陽一の心をひどく傷つけたH校と対戦するまでの物語だ。

少年たちが本当にバスケ好きで、ちょっぴり恋の部分もあって、とにかくベタでキャラ読みできる作品。少年たちがすごく真直ぐで、爽快な気持ちになれる一冊だった。NBAが好きなら、ラストはむふふだろう。バスケが好きな方にはぜひ、お薦めしたい。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(3)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
弱小チームがどんどん強くなって最後は名門校にも勝ってしまう…。
すごくストレートな話でしたね。
とにかく少年たちのまっすぐな気持ちがさわやかさでした。
自分が十代だった頃もあのくらいまっすぐだったかなぁ。(笑)

mint:2008/05/04(日) 20:09 | URL | [編集]

こんばんは。
いま図書館に予約中ですが、二人待ちなんです。
しんちゃんさんの感想を拝見したら、ますます読みたくなって来ました!
そう言えば「走れ!T校バスケット部2」が4月に出版されたようですね。
こちらも図書館で予約しようと思ったのですが、まだ受け入れられていませんでした…。

chika:2008/05/04(日) 22:28 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
すっごくわかりやすいお話でしたね。
各ポジションにお決まりの特性をもった少年たち。
最後の健太はありえないけど、笑ってしまいました。

しんちゃん:2008/05/05(月) 11:46 | URL | [編集]

chikaさん、こんにちは。
めっちゃベタな王道をゆくストーリーですが、これが面白い。
続編はすでに予約しましたとも。抜かりなしです。
これってシリーズ化するのかな^^

しんちゃん:2008/05/05(月) 11:51 | URL | [編集]

ベタだけどとても楽しめて読めました。
いろいろツッコミを入れたくなるけど、これはこれでありな話だと思います。

自分も続編をすぐ読みたいのですが、今はすぐ読めない状態です。
読める状態になったらすぐ借りて読もうと思います。

リベ:2008/06/09(月) 00:01 | URL | [編集]

りべさん
おかしなところはありますが、これは面白かったですよね。
試合の場面ではもっと派手でもいいかも。

しんちゃん:2008/06/09(月) 12:17 | URL | [編集]

俺も読んでみましたが俊介がモーガンの腕を付けた所はちょっと…(苦笑)
作者は医療をきっと舐めてますね(笑)

個人的には好きですが多くの人がこの本を絶賛してるのは驚きました。

貴:2009/08/02(日) 20:25 | URL | [編集]

貴さん
モーガンのあれは思いっきり違和感ありありの空振りでしたね。
でも「1」はマンガ的で読みやすく楽しむことができました。
だけど続く「2」がなんともお粗末な内容で・・・がっかり。

しんちゃん:2009/08/04(火) 18:11 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『走れ!T高バスケット部』


ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか? 今日読んだ本は、松崎洋さんの『走れ!T高バスケット部』です。

2008/05/04(日) 19:47 | いつか どこかで

走れ!T校バスケット部 (松崎洋)


(本の内容) バスケットの強豪高であるH校に入学した陽一。 しかし、部内の陰湿なイジメによりやむなく転校を決意する。 転校先の都立T校はバスケットの弱小校。 失意のどん底で二度とバスケットなどしないつもりだった陽一だが、T校バスケット部の 輪に入ってい

2008/06/09(月) 00:00 | 今夜も読書を

「走れ!T校バスケット部」


名門高校のバスケット部でいじめにあった陽一。公立校に転校し、そこで弱小のバスケット部と出会う。一度はバスケを止めると父に話した陽一...

2008/08/28(木) 22:20 | 心に残る本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。