--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.07

「走ル」羽田圭介

走ル走ル
(2008/03)
羽田 圭介

商品詳細を見る

夏休み明けの試験が終わったある日、自転車レースで使うような専用自転車を昔譲り受けたことを思い出した。ロードレーサーと呼ばれるその自転車。物置に入れられていた、その自転車を復活させた。エメラルドグリーンのフレームにくっきりと映えるBILANCHI(ビランキ)の文字。世界最高峰の耐久自転車レース「ツール・ド。フランス」の衛星放送を続けて見るほどに、熱中しながらも、何故自分は、このロードレーサーを探す気にならなかったのだろうと不思議に思った。

なんとなく、ビアンキにまたがって走り出す主人公は、学校の授業も次第にどうでもよくなって、勢いのまま、目標もないままに、東京を出て北へ向かう。そこに明確な理由はない。だけど、若い頃って、そういったわけのわからない衝動みたいなものはあると思う。ふとした思い付きで、漠然と何かに駆り立てられてエネルギーを消費したくなってしまうのだ。

自分も高校時代に、通学の下車駅で降りずにそのまま電車に乗って、京都までプチ修学旅行へ行った経験が何度もある。ただのサボリだって? 自転車がらみでも、大阪と奈良を結ぶ暗峠(くらがりとうげ)という生駒山を越える旧街道を、マウンテンバイクで走破したことがある。あの時の下り道は急すぎて何度も、死ぬな、と思った。あの当時のことを思い出してみても、何故あんなことをしたのか、その理由は思い出せない。いや、理由なんてなかった。若さゆえの衝動だったのだろう。

埼玉、栃木、福島…と北上して行くのだが、流れる景色も、食生活も、主人公の感情も淡々としていて、まったく彩りがない。そこにドラマがなく、盛り上がる部分が一切ない。あまりにも単調な展開になりすぎていたように思う。野宿をし、股ずれをおこしながら、どしゃぶりの雨の中をひたすら突き進む。そんな悲壮感が漂う雰囲気がありながらも、友達や彼女と交わす携帯メールが俗っぽい。それが現代の若者だと言われればそうなんだろうが、今の若者をそのままリアル書けば、読者はそこにリアルを感じるというわけではない。

それに妙に引っかかる部分が多すぎた。例えば、銭湯で念入りに身体を洗ったあとに、海に入って泳いだりするのだろうか。これはちょっと考えが甘いんじゃないの。それにオチにも唐突感があっていただけない。あっちがダメならこっちって、ご都合すぎる。

本書のように、突き動かす衝動や溢れる生命力だけで、最後まで読ますのにはまだ力量不足かな。それを補うという点で、もう少し何かプラスアルファがあっても良かったのではないかと思う。というわけで、漠然とした苛立ちなどは想像できるのだが、なんだか消化不良のようなもやもやが残ったのは確かだ。「黒冷水」が良かっただけに、肩透かしをくらったようだ。ああ、また強気な自分が出てしまった――。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(3)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

ドライな書き方なのは多分、実際に走ってみてすぐ書いた
わけではなく、時間がたってから書いたのが原因なのでは
と思っています。
自分はあのオチがそんなに嫌いではなかったのですが、
確かに唐突でしたね。

リベ:2008/05/07(水) 21:57 | URL | [編集]

りべさん
これは上手くノレなかったです。
この作家さんは、あの兄弟喧嘩の黒い印象が強くって…。
竹内真さんともどこかで比べてしまうんだよなー。

しんちゃん:2008/05/08(木) 11:51 | URL | [編集]

>理由なんてなかった。若さゆえの衝動だったのだろう。
なるほどね~男ってそういう生き物なんですね。
ラスト、私もなんだかそこだけ高校生っぽいなぁって思いました。飽きっぽいというのか。

なな:2008/05/26(月) 21:21 | URL | [編集]

ななさん
なんかどうでもよくなる瞬間ってあると思います。
そういうのは分かるのですが、作品としては…ねえ。
年代の違いがあるのでしょうかね。

しんちゃん:2008/05/27(火) 12:57 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

走ル (羽田圭介)


(本の内容) 物置で発掘した緑のビアンキ。 その自転車で学校に行った僕は、そのまま授業をさぼって北へと走るが……

2008/05/07(水) 21:56 | 今夜も読書を

「走ル」羽田圭介


走ル 羽田 圭介 JUGEMテーマ:読書 東京・八王子の自宅からロードレーサーで四谷の高校に登校した男子生徒が、陸上部の朝練後、授業をサボってやみくもに走り始める。野宿を繰り返し、山を越えて日本海側へ回り、ついに青森まで。 高校生が自転車で旅に出る話。ふ...

2008/05/26(月) 21:21 | ナナメモ

『走ル』羽田圭介 を読んで


走ル (河出書房新社)羽田圭介 青春を感じさせる気持ちのいい自転車ロード小説。 高校2年の「俺」は一人で東京~青森を自転車で走った。 内容紹介 物置で発掘した緑のビアンキ。その自転車で学校に行った僕は、そのまま授業をさぼって北へと走るが……。 「21世紀日本版『

2008/10/18(土) 13:01 | そういうのがいいな、わたしは。(読書日記)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。