--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.09

「ザ・万歩計」万城目学

ザ・万歩計ザ・万歩計
(2008/03)
万城目 学

商品詳細を見る

『鴨川ホルモー』でデビューの奇才、待望の初エッセイ集!●万博公園に出現したオレンジ色の巨大怪鳥とは!? ●係長から「マキメっち」と呼ばれるとき ●「この世に存在するはずのない曲」への想い ●負のカリスマ「御器齧り」との仁義なき戦い ●「オリーブの首飾り」を聞く小さな歓び ●カッパドキアで魅惑のハマムを……!? ●京都市が極秘裏に実行している防災計画について ●モンゴルで夢見たエコで優雅な遊牧民生活……《出版社より》

そこにあるというのは知っていたので、まずは探してみた。あったあった。森見パンチを発見!というユニークな表紙。それに本に挟まれていた栞を見てニヤリ笑い。そんな本書だが、読み始めは歌にまつわるエッセイで、これにはあれ?と思うが、次の「鴨川ホルモー」が生まれるまでや、作家の部屋探し、会社勤めのエピソード、ゴキブリとの戦い、あちこちへの旅行記、「鹿男あおによし」誕生秘話と、全体的にクスクス笑いがほとんどで、抱腹絶倒とまではいかなかった。そんな中でも、トルコのサウナで経験したことに対しては大爆笑してしまったが。

個人的にだが、お気に入りだった一文を紹介。《梅田に到着するも、集合時間まで余裕があったので本屋に寄った。自分の本の前に、書店員の方が書いてくれたポップが立っていた。のぞいてみると、「三分の一までガマン! あとは一気にいけます!」と書いてあった。東京ではまずお目にかかることのない、率直すぎるコメントに胸をどきどきさせたのち、私は待ち合わせの店に向かった》 なんていう小洒落たエピソードなど、物の捉え方が万城目らしいので、ちょっと微笑ましくかわいらしいと思えた。

でも全体的に昔のことが多く語られているので、「ホルモー」や「鹿男」のような、もう少し最近のこと、本にまつわることが書かれていると、さらに良かったかも。それにゴキブリについてはありがちな話だし、読んでいて気持ちがいい話ではないし、もっと酷い経験をしたことによって、思い出しただけで鳥肌がでる身にとっては、ご遠慮願いたかった。

それにしても、京大生って変なやつばかり、などと、またもや偏見を強くしてしまった。読みやすいし、おもしろかったけど、やはり、小説の方を読みたいのである。次の大阪はいつ??などと、欲張りな一読者であった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

万城目学
トラックバック(7)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

ものの見方が独特なところは、やっぱり作家になる人だなぁ~と感心してしまいました。
ユーモラスな部分がにじみ出ている文章で、楽しかったです。ゴキとの対決は、笑いつつもひぇぇぇっとなっちゃいましたけど。しんちゃんはもっと壮絶な闘いを経験されたことがあるんですね。私はなかったことにしちゃうタイプかも(^_^;)
次の大阪の話、早く読みたいですね~。待ち遠しいです。

エビノート:2008/05/10(土) 19:36 | URL | [編集]

エビノートさん
万城目らしいユーモアのある文章でしたね。
読みやすいし、くすくす笑えました。
だけど、やっぱり小説の方が読みたいっす。
Gは絶対に抹殺するまで眠れません^^;

しんちゃん:2008/05/11(日) 11:39 | URL | [編集]

こんにちは。
面白かったですね~。
「三分の一までガマン・・・」は私も思わず笑っちゃいました。
万城目さんの小説ももちろんですが、エッセイもまた読みたいですね。

masako:2008/09/05(金) 12:05 | URL | [編集]

masakoさん、こんばんは。
やはりツボはそこですよね。
でも手柄は書店員なんだよなあ。
そこが微妙だけどエッセイも面白かったです。

しんちゃん:2008/09/05(金) 19:12 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ザ・万歩計 〔万城目 学〕


ザ・万歩計万城目 学 産業編集センター 2008-03売り上げランキング : 1382おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「鴨川ホルモー」でデビューの奇才、待望の初エッセイ集。 万博公園に出現したオレンジ色の巨大怪鳥、負のカリスマ「御器齧り」との仁

2008/05/10(土) 19:26 | まったり読書日記

「ザ・万歩計」万城目学


ザ・万歩計 万城目 学 JUGEMテーマ:読書 Boild Eggs Online「どうにも止まらぬ万歩計」に掲載されたものと色々な雑誌に書かれたエッセイ。 あぁ、面白かった。クスクス笑っちゃいました。 「吐息でホルモー」では晴れて作家になって部屋を借...

2008/06/26(木) 09:04 | ナナメモ

【ザ・万歩計】 万城目学 著


ふ~ん、万城目さんって、こんな人だったんですねぇ…   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 万博公園に出現したオレンジ色の巨大怪鳥とは。係長から「マキメっち」と呼ばれるとき。「この世に存在するはずのない曲」へ...

2008/06/29(日) 11:56 | じゅずじの旦那

ザ・万歩計/万城目学


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/7/6 [産業編集センターHPより] 『鴨川ホルモー』でデビューの奇才、待望の初エッセイ集!オニを遊ばせ鹿に喋らせるマキメ・マナブのマーベラスな日々が綴られています。

2008/07/17(木) 23:40 | hibidoku~日々、読書~

万城目学 『ザ・万歩計』


ザ・万歩計/万城目 学 ¥1,260 Amazon.co.jp 万博公園に出現したオレンジ色の巨大怪鳥とは。係長から「マキメっち」と呼ばれるとき。「この世に存在するはずのない曲」への想い…。オニを遊ばせ、鹿に喋らせる、マキメ・マナブのマーベラスな日々を綴ったエッ...

2008/09/05(金) 12:02 | 映画な日々。読書な日々。

「ザ・万歩計」万城目学


「ザ・万歩計」万城目学(2008)☆☆☆★★[2008100] ※[914]、国内、現代、随筆(エッセイ) レビューを書くようになってエッセイを読まなくなった自分に気づいた。小説家の書くエッセイは、ことに。昔は割とエッセイを好んでいたのだが・・。 大好きな伊集院静のエッ...

2008/10/15(水) 08:18 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~

「ザ・万歩計」万城目学


ザ・万歩計クチコミを見る 万城目さんのエッセイってどんな感じだろう?と思いつつ読んだのですが、おもしろかったです。吹き出したり爆笑したりというよりも、ふふふ、クスクスという感じ。 掌編小説のような「鴨川ホルモー」誕生秘話があったり、家族の話、会社員だ...

2009/11/16(月) 20:44 | 本のある生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。