--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.14

「ジーン・ワルツ」海堂尊

ジーン・ワルツジーン・ワルツ
(2008/03)
海堂 尊

商品詳細を見る

桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―― 人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。顕微鏡下人工授精のエキスパートである彼女のもとに、事情を抱えた五人の妊婦がおとずれる。一方、先輩の清川医師は理恵が代理母出産に手を染めたとの噂を聞きつけ、真相を追うが…。髪よりも細い硝子管で、彼女は生命を作り出す。それはただ、人間らしい望みのためだけに。生命の誕生を支配するのは神か、それとも医者なのか?《本の帯より》

まず内容紹介の補足をしておきます。産婦人科学教室の助教、曾根崎理恵の専門は不妊治療で、発生学の講義受け持っている。その一方で、郊外にあるマリアクリニックに週一回非常勤の医師として通っている。院長の三枝茉莉亜は末期の肺癌を患い、さらにある事件が関係して、クリニックはあと八ヶ月で閉院が決まっていた。そこで理恵は、古参の妙高助産師と共に、一児の母の甘利みね子三十四歳、堕ろおすか迷っているキャリアウーマンの神崎貴子二十八歳、オレンジ髪のヤンキー娘の青井ユミ十九歳、そして、人工授精が着床した足かけ五年の付き合いになる荒木浩子三十九歳、双子を着床した山崎みどり五十五歳、といった、たまごを宿した五人の妊婦を担当している。

さらっと書いてしまうが、五人の妊婦たちの妊娠経過は一筋縄ではいかない。ある者は残念ながら流産する。そして、高度な奇形が判明して出産後に胎児が死亡するケース。重篤な奇形である短肢症であることが判明するケース。それから、人工授精患者がふたり。ようやく待望の一子を授かった者。双胎妊娠のケースが代理母である可能性を疑われている者。まずは、母である彼女たちが決意を下す場面で、上を向いて涙が出ないように我慢をした。そして、ばたばたした出産場面にどきどきしながらも、生まれてきたことに対して、またもや涙を我慢する。そこで、冒頭で曾根崎理恵がもらしていた一言が脳裏を過ぎる。五体満足で生まれ落ちることがどれほどの奇跡か。

クリニック側はここまでで、次は大学医学部側に移りたい。陽気な部分では、曾根崎の講座を受けている男子学生の金田と眼鏡女子学生の鈴本が、ユーモアがあってかわいく思えた。彼らが受ける講義は、というか、読者が読まされることになる、妊娠とは、それに伴うさまざまな事柄など、これにはすごく勉強になった。専門用語がありながらも、理恵先生の授業は真面目に読むと、すごく分かりやすい。それに、旧弊な体質の屋敷教授との対決も、胸がすうっとする。

ただ、今回はもろもろの問題提起が前面に出ていてちょっと硬い。厚生労働省官僚のご都合主義、地域医療の崩壊、不妊治療、代理母問題など。それに伴ってか、全体的にエンタメ度が低く、さらに、代理母についてのミステリもパッとしない。実際のところ、140ページ辺りで理恵の狙いが読めてしまった。いつになったらミステリ部分を褒められるのだろう。

曾根崎理恵の過激な発言をすべて肯定できるかというと、これも難しいのだけど、官僚と現場の意識の違いなどは、なるほどと頷けるものがあった。それらと共に、妊婦さんの決意であったり、出産する姿であったり、神の降臨であったり、ヤンキー娘の変身ぶりであったり、誕生した薫くんのお父さんがアメリカ在住のゲーム理論者だったり…、おっと語りすぎたか。とにかく、海堂尊さんのラストだけは、毎回楽しく読めてしまうから不思議だ。これって、褒めになってるのか?? 出来ればそろそろ、東城大学医学部付属病院を読みたい。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

海堂尊
トラックバック(11)  コメント(20) 

Next |  Back

comments

そうそう作者が主張したい部分が強くなりすぎて、
物語としていまいち楽しめることができなかったとの
印象が強かったです。
ミステリー的にはいままでの作品の中では良かった方か
と思います。
ただ「医学のたまご」を読んでいるとある程度分かって
しまいますね。
(自分のブログでは感想を書いていないのでコメント
だけお送りします)

リベ:2008/05/15(木) 11:21 | URL | [編集]

りべさん
メッセージは伝わるんだけど、楽しさが欠けていましたね。
そこが気になったので、面白い、と書くことが出来ませんでした。
「医学~」とまったく同じ人物ミステリだったのはガックリ。
嫌いじゃないんだけど、二作続けて同じネタはいただけないと。

しんちゃん:2008/05/15(木) 12:30 | URL | [編集]

自分が無事に生まれてきたことに感謝したくなりました。当たり前と思ってたけど、奇跡的なことだったんだなぁって。妊婦達それぞれのドラマには、グッときちゃいました~。他人事じゃなくって。
作品同士の繋がりを見つけるのは嬉しいけれど、そろそろ田口&白鳥コンビの話が読みたいですよね~。

エビノート:2008/05/15(木) 20:45 | URL | [編集]

こんばんは!
「医学のたまご」が未読だったので、代理母部分はネタバレにならず読めました。
奇跡の連鎖で自分がいるんだなと思うと、感慨深いものがあります。
今回はエンタメ色薄かったので、そろそろ白鳥・田口先生コンビに会いたくなってきました。
カンバ~ック!

雪芽:2008/05/15(木) 22:00 | URL | [編集]

エビノートさん
妊婦のケースは都合良く集めた感がありますが、決断や出産場面はぐっときましたね。母は強しとは良く言ったもんだ。
そうそう、あのパッシブ・アクティブコンビと再会したーい。

しんちゃん:2008/05/15(木) 22:12 | URL | [編集]

雪芽さん
「医学」の方が出来が良かったと思います。たぶん図書館かな。早く読めるといいですね。
あのシリーズはポンポン出版したと思ったら、バッタリ止まっちゃいましたよね。ほんと、カンバ~ック!です。

しんちゃん:2008/05/15(木) 22:17 | URL | [編集]

 『医学のたまご』の方が出来が良かったですか。いずれにせよこの『ジーン・ワルツ』を読んだら読まずにはいられないって感じです。

 そういや田口・白鳥コンビはご無沙汰ですね~。

higeru:2008/05/17(土) 01:05 | URL | [編集]

higeruさん
「医学」はYAなので内容がシンプルでしたよ。
ただ、横文字ですが、ぜひぜひ。

田口・白鳥コンビは表紙の色が決まらないだけとか(笑)

しんちゃん:2008/05/17(土) 12:20 | URL | [編集]

海堂さんの作品では、一番、気に入っています。
作品のレベルがどうか、というよりテーマが・・・。
私の知り合いに堕胎を繰り返す女性がいて、その一方で、子供が欲しくて欲しくて、もできない女性もいて、男はどうしたらいいの?・・・なんて、考えます。

メデューサの瞳:2008/05/22(木) 06:30 | URL | [編集]

メデューサの瞳さん
海堂さんの執筆動機は、小説という媒体を使って、多くの方に医療の問題点を知ってもらうことだそうです。だから、読者が作品を読んで考えることは、正しい読み方だと思います。
一方で、そこにエンタメ要素を多く求めてしまう欲張りな読者もいますがね。。

しんちゃん:2008/05/22(木) 12:04 | URL | [編集]

こんばんは。
そうか~エンタメ要素か。
私は妊婦さんたちに感情移入しながら
すごく楽しく読んでしまいました。
でも、やっぱり田口&白鳥コンビに又会いたい。

なな:2008/06/03(火) 21:31 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
もちろん出産シーンのような感動も良かったです。
なんて言えばいいのかな~。
田口と白鳥や藤原看護師、島津らとのやり取りですか。
こうい会話の楽しさがあれば良かったと思いました。

しんちゃん:2008/06/04(水) 13:10 | URL | [編集]

そうですね~。
メッセージ性が強くってエンタメ要素はちょっと控えめでしたかね?
ただ出産シーンは強烈でした。やっぱり人が生まれてくるってなんだかすごい。

確かに、そろそろ白鳥達に会いたいですねえ。

ちきちき:2008/06/22(日) 21:16 | URL | [編集]

ちきちきさん
メッセージ色が大幅増な内容でしたね。
これは悪くないのですが、もっと楽しくなる要素が欲しかったです。
それとは別に、出産シーンはほんとにすごかった。
ですが、不定愁訴外来が読みたいというのが本音かも。

しんちゃん:2008/06/23(月) 12:13 | URL | [編集]

こんばんは。
いつものことですが、遅ればせながら読み終えました。
先は読めるのですが、グイグイと妊婦さんたちの成長もあって感動が多かったように思います。

田口・白鳥コンビ、早く会いたいですね~。

percy:2008/08/27(水) 22:48 | URL | [編集]

percyさん、こんばんは。
そう、先が読めてしまうのは毎度のこと。
そんな中で、妊婦さんたちの出産場面には感動でしたね。
田口・白鳥コンビ、カムバ~ック!ですよね。

しんちゃん:2008/08/28(木) 19:31 | URL | [編集]

「医学のたまご」知りませんでした。チェックが甘かった・・。でもどうやら先にこちらを読んだのは正解だったみたいで、よかったです。それでもミステリ部分はやっぱり物足りなかったです。
考えさせられながらぐいぐい読ませるこういう作品も好きですが、私もまた東城大学シリーズが読みたいです。田口・白鳥コンビ、カムバ~ック!

june:2008/09/07(日) 11:37 | URL | [編集]

juneさん
「医学のたまご」面白かったですよ。
それにしても、出版社の壁を越えたリンクがありすぎ。
最新刊の「ひかりの剣」はとうとうミステリじゃなくなったみたいですね。
手元にありますが、剣道の青春小説って飛んだなあ。

しんちゃん:2008/09/08(月) 11:21 | URL | [編集]

こんにちは。
本当メッセージ性の強い作品でしたよね。今までの作品のようなエンタメ性よりも、もっと伝えたいことを書いたという感じでちょっと雰囲気も違ったように思います。
理恵の思いはすごいわかるけど、でも理恵のしていることが全部正しいかといえばYESとは言えないなぁと思いながら読みました。特に患者にした事を考えると恐ろしい・・。

本当いろんな出版社から出しているのにリンクしてますね~。

masako:2008/11/24(月) 14:01 | URL | [編集]

masakoさん、こんばんは。
すごくメッセージ色が濃い作品でしたね。
無理にミステリに拘らなくてもいいような気が・・・。
理恵のしたことは怖いですが、妊婦さんの気持ちもわかりました。
これ発のリンクもありましたね。その人物は全然記憶になかったですけど。

しんちゃん:2008/11/24(月) 20:03 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ジーン・ワルツ 〔海堂 尊〕


ジーン・ワルツ海堂 尊 新潮社 2008-03売り上げランキング : 217おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ どこまでが医療で、どこまでが人間に許される行為なのか。 強烈なキャラクターが魅せる最先端医療ミステリー! 美貌の産婦人科医・曾根崎理恵...

2008/05/15(木) 20:31 | まったり読書日記

「ジーン・ワルツ」 海堂 尊


   ジーン・ワルツ  海堂 尊  単行本: 265ページ  新潮社 (2008/03) なんだかんだ言いつつ、新刊が出ると買ってしまうのが海堂さんの本。 今回は出産という人間の生命にかかわる医療の問題を取り上げ、他の作品よりシリアスな内容となっている。 生命...

2008/05/15(木) 21:38 | コンパス・ローズ  compass rose

【海堂尊】ジーン・ワルツ


 『流星の絆』と同時に借りて、さてどっちを先に読もうかとしばし悩んだのだが、こっちを先に読むことにした。「好きなものは後回し派」なんだよね。 新潮社 2008/3/20 発行  主人公は美貌の産婦人科医・曾根崎理恵。人工授精のエキスパートである彼女のもとにそ...

2008/05/17(土) 00:50 | higeruの大活字読書録

「ジーン・ワルツ」海堂尊


ジーン・ワルツ 海堂 尊 JUGEMテーマ:読書 桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―人呼んで冷徹な魔女(クール・ウィッチ)。顕微鏡下人工授精のエキスパートである彼女のもとに、事情を抱えた五人の妊婦が...

2008/06/03(火) 21:31 | ナナメモ

ジーン・ワルツ


JUGEMテーマ:読書 どこまでが医療で、どこまでが人間に許される行為なのか。強烈なキャラクターが魅せる最先端医療ミステリー! 美貌の産婦人科医・曾根崎理恵――人呼んで冷徹な魔女(クール・ウイッチ)。人工授精のエキスパートである彼女のもとにそれぞれの事情

2008/06/22(日) 21:16 | ぼちぼち

ジーン・ワルツ/海堂尊


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/6/21~2008/6/22 [新潮社HPより] どこまでが医療で、どこまでが人間に許される行為なのか。強烈なキャラクターが魅せる最先端医療ミステリー! 美貌の産婦人科医・曾根崎理恵――人呼んで冷徹な魔女(クール・ウイッチ)。人工

2008/06/29(日) 11:49 | hibidoku~日々、読書~

『ジーン・ワルツ』海堂 尊


『ジーン・ワルツ』海堂 尊 ジーン・ワルツ(2008/03)海堂 尊商品詳細を見る *******************************...

2008/08/27(水) 22:58 | バンザイ!(^^)!

「ジーン・ワルツ」海堂尊


ジーン・ワルツ 桜の宮シリーズを楽しみにしてたんで、グッチー先生や白鳥は出てこないのか・・とがっかりしたんですが、魅力的なキャラと展開に、読み始めたらそんなことを忘れてぐいぐいと引き込まれてしまいました。そして産婦人科医や受け入れ病院の不足、不妊治療...

2008/09/07(日) 11:41 | 本のある生活

ジーン・ワルツ<海堂尊>-(本:2008年142冊目)-


ジーン・ワルツ # 出版社: 新潮社 (2008/03) # ISBN-10: 4103065710 評価:90点 文句なしに面白い。 地域医療の問題、産科医師不足の問題、思考が硬直化した官僚たちの愚かな医療への対応、そんなことに憤りを感じながら読み進めるうちにあっというまに主人公

2008/10/30(木) 22:37 | デコ親父はいつも減量中

海堂尊 『ジーン・ワルツ』


ジーン・ワルツ/海堂 尊 ¥1,575 Amazon.co.jp 産婦人科医・理恵――人呼んでクール・ウィッチ。医者がヒトの生命を操ることは許されているのか? 現役医師作家が挑む、現代日本最大の医療問題。『チーム・バチスタの栄光』を超える強烈なキャラクターとスリリ...

2008/11/24(月) 13:47 | 映画な日々。読書な日々。

ジーン・ワルツ*海堂尊


ジーン・ワルツ(2008/03)海堂 尊商品詳細を見る 桜宮市・東城大学医学部を卒業、東京・帝華大学に入局した32歳の美貌の産婦人科医、曾根崎理恵―...

2009/06/16(火) 06:44 | +++ こんな一冊 +++

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。