--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.16

「仔羊の巣」坂木司

仔羊の巣 (創元推理文庫)仔羊の巣 (創元推理文庫)
(2006/06/17)
坂木 司

商品詳細を見る

僕の名前は坂木司。外資系の保険会社に勤めている。僕はごく小さい頃から、自分が平凡だと知っていたから、異形の才を持つ人間に憧れた。僕は鳥井真一と出会った。彼は、僕にないものばかりを持っていた。まっすぐなまなざしと、まっすぐな言葉。僕が憧れ続けた、美しくも悲しいいびつさがそこにはあったのだ。僕はそんな彼が、一番精神的に追いつめられていた時期に手をさしのべた。それ以来、彼は僕を介してしか、外界と接触しなくなったのだ。だから僕は、彼のすべてを受け止める。いや、受け止めたいと思った。ときに幼く、ときに不安定で美しい彼の心を。ひきこもり探偵シリーズ第二弾。

いやー、すっかりご無沙汰をしてしまったこのシリーズ。二人の依存しあった関係が気持ち悪い、ということは覚えていたが、それ以外の記憶がスコンと抜け落ちていた。それにしても、やっぱり二人の関係が気持ち悪い。首筋がもぞもぞしてくるような感じかな。

町のお巡りさんになった友人の滝本の問いかけ。「鳥井はともかく、お前はあいつと世界のたった一つの窓口でいることに、納得してるのか? それとも、誰にもなつかない動物のオンリーワンであることを、杖にしてすがってるのか?」に対して、頬を濡らす坂木。その坂木を見た鳥井は、「さかきをなかせるやつは、ゆるさない」と怒る、さ、寒い。絶対零度のブリザードがビューっと吹き荒れる。この二人の依存具合が、ちいとキツイ。

この歪だ関係は苦手だ。しかし、著者のファンだから読むのだ。それに二人の関係さえ除けば、坂木のお人好しぶりはかわいらしいし、鳥井が吐く直線的な意見は好みだ。それにサブキャラに魅力がある。しかし、前作の「青空の卵」を紹介した記事でを読み返しても、ほとんどと言っていい程、サブキャラのことを書いていなかった。そこで、本書に登場したサブキャラを紹介しておくことにする。

町のお巡りさんになった滝本。その後輩の小宮くん。銘菓を送る寺田さん。盲目の塚田くん。デパートに勤める巣田さん。木工教室の先生になった栄三郎さん。その生徒になった利明くん。誤解で坂木を攻撃した女子高生の矢崎さん。歌舞伎役者の安藤さん。坂木の同僚の吉成と佐久間さん。駅員の下島さんと後輩の斉藤くん。「なか川」のご主人と奥さん。これって、役に立つのかな。。というわけで作品紹介。

「野生のチェシャ・キャット」
鳥井がひどい風邪をこじらせたある日、坂木は営業部の同僚である吉成哲夫から、同期の佐久間恭子の様子がおかしいと相談を持ちかけられた。性差別なく業績を評価してもらいたい。保険のおばちゃんにはならない。そう言っていた彼女の机の上に、同窓の名簿があった。営業方針がまんま保険のおばちゃん的に変わったとしか思えない。だから一緒に探ってくれという話だった。いつもならここで鳥井に頼むところだ。でも名探偵はベッドの中。さぁ、どうしよう?

「銀河鉄道を待ちながら」
手作り木工教室を開くようになった木村栄三郎さんから、遊びに来るように誘われた坂木と鳥井。視覚に障害がある塚田くんと合流した三人は、地下鉄の駅で、塚田くんが面倒になったという駅員の下島さんと知り合う。そして栄三郎さんの家で、彼の生徒だという土屋さんと一緒に木工作りを習う坂木たち。その後日、駅員の下島さんから、ホームの一番前で風船を持って立ち尽くす奇妙な少年が毎日いるので、鳥井の探偵力を貸して欲しいと声をかけられた。

「カキの中のサンタクロース」
坂木は最近、おかしな視線を感じる。すると、若い女性が持ったバッグから飛び出たラケットで腹部を強打され、石段に腰かけていた女子高生たちにエロオヤジ扱いをされ、そして、巣田香織さんと歩いていたところ、ワインの入った布袋でふくらはぎを直撃された。怒った巣田さんのとっさの行動で、ワインの瓶に砂が詰められていたことが分かった。攻撃してきた彼女たちは確信犯だと鳥井は言う。その一方で、前の事件で知り合った、利明少年がわだかまりを持っている父親の謎を解く。


関連記事
「青空の卵」坂木司
「仔羊の巣」坂木司
「動物園の鳥」坂木司

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

坂木司
トラックバック(3)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

サブキャラすっかり忘れていたので、しんちゃんの紹介で思い出せました~
早速役に立ってますよ~笑

エビノート:2008/05/17(土) 21:41 | URL | [編集]

私はあらすじをじっくりと読んで色々思い出してました。
>絶対零度のブリザードがビューっと吹き荒れる。
笑っちゃいました。たしかにね。

なな:2008/05/17(土) 21:47 | URL | [編集]

エビノートさん
「青空」が再読の記事だっただけに不覚。
まったくサブキャラに触れていなかったです。
自分の役に立たない記事にガックリでした。
それを踏まえてのサブキャラ紹介でした^^;

しんちゃん:2008/05/17(土) 23:10 | URL | [編集]

ななさん
あらすじだけだと二人の依存度が見えてこないですね。
これが読んでみると…ねえ。

しんちゃん:2008/05/18(日) 08:46 | URL | [編集]

この二人の関係はともかく、結構好きなシリーズだったので終わってしまって悲しい…
今からでも、もうちょっと書いて欲しいって思っちゃいますけど、いっぱいシリーズありますしね…

ちきちき:2008/05/18(日) 21:57 | URL | [編集]

ちきちきさん
あと一冊までやっと来ました。いやー、長かった。
どうも触手がのびないだけですが(汗)

しんちゃん:2008/05/19(月) 12:31 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

仔羊の巣 〔坂木司〕


仔羊の巣坂木 司 東京創元社 2006-06-17売り上げランキング : 32330おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 自称ひきこもりの友人、鳥井真一が風邪で寝こんでいたある日、僕、坂木司は同僚から、同期の女性の様子がおかしいと相談を受ける。 慣れない

2008/05/17(土) 21:32 | まったり読書日記

「仔羊の巣」坂木司


仔羊の巣 坂木 司 「青空の卵」の続編。引きこもり探偵の2作目。「野生のチェシャ・キャット」「銀河鉄道を待ちながら」「カキの中のサンタクロース」3つの短編集。 僕だけが世界と鳥井をつなぐ接点だったのに、少しずつ周りの人を友達と認めてもいいかなって

2008/05/17(土) 21:47 | ナナメモ

仔羊の巣


『仔羊の巣』坂木司(東京創元社) 久しぶりに文庫を持って歩きました。 文庫は軽い!!! 『青空の卵』の続編。 前の感想はこちら あいかわらずふたりはべたべたしてます。てゆーかあんまり前巻を覚えてるわけじゃないんですが、前よりべたべたしてる気が… ...

2008/05/18(日) 21:57 | ぼちぼち

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。