--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.18

「ペンネームは夏目リュウ!」濱野京子

ペンネームは夏目リュウ!―キミも物語が書けるペンネームは夏目リュウ!―キミも物語が書ける
(2008/02)
濱野 京子

商品詳細を見る

夏目宏樹は、読書と野球が好きな小学生。新刊を楽しみにしていた探偵小説の最後の一冊を目前で買われ、図書館では借りようとした本をタッチの差で持って行かれてしまう。だれだよ、と思って見ると、三つ編みにした髪に、ピンクのフレームのメガネ、この間のあいつだった。

新学期が始って小学五年生になり、クラス替えにちょっとドキドキしていると、一番仲良くしている永井翔太とまた同じクラスだった。翔太はちょっと太めで、アニメとマンガが大好き。同じクラスになったメンバーを見回していた宏樹は、ひとりの女の子に目を止めた。ピンク色のフレームのメガネをかけている子。童話作家を目指す勝気な少女、それが島崎明日香だった。

いっしょに遊んだりするグループがだいたい固まってきたある日、宏樹は図書室で本を借りようと、その本に手をのばした。ところが、同時にもう一本の手がその本にのびていた。またもや、島崎明日香だった。明日香は物語を書いているので、どうしても今日読まなくてはいけないと言い、宏樹はそのときの勢いだけで、自分も探偵小説を書いている、と言ってしまう。それがきっかけで、宏樹は探偵物語を書き始めた。

見せ合いっこしたところ、実力には大きな開きがあった。宏樹は正直に初めて物語を書いたと告白し、明日香にいろいろとアドバイスをもらった。それを参考に、まずはホームズをもじったテームズという主人公を日本人探偵にしてみた。高校生探偵の七瀬リョウ。そのリョウはどんな人間なんだ? パソコンに向かって呼びかけたところ、想像していたリョウの姿が目前に現れた。このリョウと会話しながら、宏樹はリョウを活躍させる物語を考えていく。

児童書でありながら、文章を書くこと、お話を書くことができる人は、特別な人ではない。本が好きなら、やり方さえわかれば物語は書ける。誰でもやってみようと思えばできることだとこの本は説いている。この本の主人公たちも、何もないところから、最後には一冊の文集を作りあげる。そんな彼らの創作に対する試行錯誤を楽しむ本編と共に、「ミニミニ創作講座」「那須正幹先生へのインタビュー」「作家への七つの質問」などが収録されている。翔太がお話を楽しく書いているのを読んでいくうちに「ぼくにも書けるかも」「わたしも書いてみたい」そんな気持ちになれるかも。本が好き、そういう子供たちに読んで欲しい一冊だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

濱野京子
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。