--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.19

「QED竹取伝説」高田崇史

QED 竹取伝説 (講談社文庫)QED 竹取伝説 (講談社文庫)
(2006/03/15)
高田 崇史

商品詳細を見る

元オカルト研究会会長で、漢方薬局に勤めるタタルこと桑原祟。1つ後輩で薬剤師の棚旗奈々。タタルと対照的な体育会系新聞記者の熊つ崎こと小松崎良平。いつもの店「カル・デ・サック」に集まるいつもの3人。そこで熊つ崎が持ち出した話題が、奥多摩にある魔のカーブであった。何の変哲もないただのカーブなのに、不思議な交通事故がよく起こる。しかも事故を起こした人物は、その事故直前に、竹藪の竹が物凄い光を発したと証言しているという。地元には笹姫様の伝説があり、その祟りだともいわれていた。タタルはこの話題をきっかけに、竹取物語に隠された真実を語り出す。

一方、奈々の働くホワイト薬局の上司である外嶋一郎は、奥多摩へ散策に来ていた。清冽な空気を楽しんでいた外嶋だが、竹槍で体を貫かれた若い男の死体を発見してしまう。警視庁捜査一課警部の岩築竹松が捜査に当たるが、事件は進展をみせないまま、さらなる事件が起こる。織部村に伝わる笹姫手毬唄をなぞったような、首吊り死体が発見されたのだ。竹取物語の真相に迫ったとき、タタルたち一行は、奥多摩の織部村へ向かう。こうして過去と現実が繋がり、事件の真相が明らかになる。QEDシリーズ第6弾。

今回の歴史ミステリは竹取物語。かぐや姫から、小野小町、鬼、七夕、タタラ、出雲と、タタルの飛躍が展開していく。まあ、いつもの如く、文献資料による考証、薀蓄、言葉の語源など、博学ぶりは本当にすごい。これはすごいとしか言いようがないから困る。興味のない方にはちんぷんかんぷんだろうけど。ただ、どこまでが検証されたもので、どこからが著者の創作なのかが、もっとはっきりわかればいいのだが。それに、言霊信仰や呪といった縛りや、小野小町などの掘り下げ部分は、過去の作品と重複していたので、目新しさはなかった。

それに、現代に起こった事件パートの動機や謎の解明、あるいは関係者の描写が、かなり薄弱になっているのが気になった。歴史の謎に重点を置くのはわかるが、殺人事件を絡ませるのであれば、もっとそこにしっかりとした理由が欲しかった。魔のカーブの正体があれでは、肩透かしとしか言えない。それに犯人への追求場面も、緊張感が欠如していたように思う。せめて出入り口ぐらいは塞いでもらわないと。

今回は、事件と歴史の謎部分のバランスが悪かった。ちょっと荒さが目だってしまった内容だが、次のシリーズ作も読むつもり。だって走り出したら止まれないのだから。しかも、すでに続編を買ってあるし。というわけで、シリーズ6冊目は厳しい評価になってしまった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

高田崇史
トラックバック(1)  コメント(3) 

Next |  Back

comments

高田さんの小説、ミステリ部分は弱いのですが、
歴史話は大好きですね。

メデューサの瞳:2008/05/22(木) 06:06 | URL | [編集]

メデューサの瞳さん
歴史ミス自体が少ないので、貴重なシリーズだと思います。
だけど、現実の事件部分が少し弱いですよね。
そこにジレンマがあったりします。

しんちゃん:2008/05/22(木) 11:43 | URL | [編集]

そういえば司馬遼太郎氏が「街道を行く(砂鉄の道)」を取材しているとき、たたら製鉄の神といわれる金屋子神社(島根県安来市)を参拝したのだが、この神社の風情が中世的であることを残念がっていた。スサノオ神話より想定される古代鉄鋼の古さとでその手がかりを、掴みたかったのかもしれない。地元のものが「ここは戦国時代、尼子と毛利の激戦があって古いものが多く消失した。」との説明に少し残念そうにしていたと日立金属のかたから伺ったことがある。
しかし、最近この地域で弥生時代の鉄器が多数発掘されその量も北九州に準ずるものだという。その時代は実は大和は鉄器がほとんど発掘されておらず、山陰出雲がいかに先進地域だったかをうかがわせる話で生きていれば司馬遼太郎氏もさぞ喜んだことだろうと思われます。

坂上:2008/12/02(火) 19:38 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

QED 竹取物語


 またまた、高田嵩史の作品を読んだ。「QED 竹取物語」(高田嵩史:講談社)である。 ごく簡単にあらすじを紹介しよう。舞台は奥多摩の織部村。ここには、不吉な手毬歌が伝わっており、この歌をなぞったような殺人事件が起こり、桑原崇と棚旗奈々そして小松崎良平の...

2008/05/19(月) 22:13 | 読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。