--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.21

「ストーリー&テリング」松久淳+田中渉

ストーリー&テリングストーリー&テリング
(2006/07/26)
松久 淳田中 渉

商品詳細を見る

絵門千明と麻生藤太はともに三十七歳。絵門藤太というペンネームのコンビ漫画家である。麻生が原作担当で、プロットや登場人物、ストーリーを考える。それを書いたものを渡されたり話を聞かされたりして、漫画作品として仕上げていくのが絵門の担当。もともと、というか今でも、絵門はイラストレーターとして、一般的にはまだまだだが、出版業界ではそこそこ名も売れていた。麻生はもともと、というか今でも、超売れっ子の放送作家で、一般的に知られていなくとも、テレビ業界でその名を知らぬものはいないという男だった。

大雑把で女好きの独身貴族の麻生に対して、五歳の息子を厳しくしつけて育てている絵門。さて、助手席にむすっとした顔の絵門、後部座席の真ん中から子供のように身を乗り出している担当石川を乗せ、神泉のほうに新しくできたというバーに向かって、鼻歌を歌いながら麻生が運転するジャガーが高級マンションの駐車場を出ようとするちょうどそのころ。

表参道のイタリアンレストランを出た梶山真智子は、太田奈津の「もう一軒行こう」の誘いに時計を見つめて少し悩んでから、「よし」と笑顔になって頷いていた。真智子は小学校の先生で、六歳の娘のシングルマザー。真智子は、女としても、長いつきあいの大学の同級生としても、奈津の女っぷりには惚れ惚れする。しかもPR会社の女社長というキャリアも申し分なし。

バー・アモーレセカンドシーズン。店を切り盛りしているのは、長男次男三男と呼び合うアモーレブラザーズ。だが、その三兄弟。実は本業がそれぞれ、小説家とCMディレクターと映画宣伝プロデューサーとかいう、バー以上にいかがわしい連中で、ほとんど自分たちの楽しみのために店を持ったというパターンらしい。全員三〇代半ばすぎで、もちろん本当の兄弟などではない。

そのアモーレブラザーズの下ネタに、にやにやしている奈津と、その横でやや怒りをこめかみあたりに滲ませている真智子。そこに新しい客が入ってきた。男三人。絵門、麻生、担当石川である。初対面でいきなりバトルを始めた絵門と真智子だが、その翌日、絵門の部屋七〇七号室の隣の隣、七〇五号室に真智子母子が引っ越してきた。ともにバツイチで子持ちの似通った境遇の絵門と真智子。まるで中学生の初恋のような中年の恋愛に、親友、母親、子供達から励まされ、ふたりの恋愛は少しずつ進んでいく。

期待通りの面白さだった。「ラブコメ」「ラブかストーリー」とリンクした、王道をいくようなラブコメ路線の作品。想像通りに展開して、想像通りの結末に落ち着く。意外性なんてまったくないが、こういうベタを直球で行く作品は好きだ。漫画的な作品を読みたいかたにお薦めしたい。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

松久淳+田中渉
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。