--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.04

「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子

しゃべれどもしゃべれども しゃべれどもしゃべれども
佐藤 多佳子 (2000/05)
新潮社

この商品の詳細を見る

売れない落語家で、いまだ二つ目でしかない三つ葉。
三つ葉は、吃音がひどい従兄弟の綾丸良のために落語教室を開く事に。
しかも、その落語教室には何故か人が集まってくる。
集まった訳ありの面々だが、中々心を開いてくれない困ったやつら。
個性派の面々は自分に自信がもてず、どうしていいのかが分からないのだ。
しかし落語が好きだが、師匠の二番煎じにしかならない悩みを持つ三つ葉も同じ。

黒猫女、大阪弁をしゃべる村橋少年、野球解説者の湯河原、従兄弟の良。
彼らとの三つ葉の落語を通した交流と、彼らの成長を描いた作品です。


江戸っ子でいきのいい三つ葉の軽快な会話が、まるで落語を聞くようで心地が良いのだ。
しゃべりのプロだけあって会話のテンポが良く、江戸っ子らしく短気だが面倒見が良い。
だから感情移入も自然と出きるし、ぽんぽん飛び出るしゃべりも絶品なのだ。

そんな彼を困らせながらも一緒に成長していく仲間にも、とっても魅力があるのだ。

大阪から引っ越してきた村林は、関西弁ゆえにクラスで孤立をしている。
十河という女性は黒猫のような美人だが、気まぐれで口下手なので失恋ばかり。
湯河原は解説者として気の利いたことを話せず、仕事にも影響も出る始末。

人を寄せ付けない雰囲気や肩肘張った堅さが、人を遠ざけがちになっていたのだ。
そんな彼らが集まる落語教室は、紆余曲折をしながらも次第に回を重ねる。

そしてついには、「まんじゅうこわい」という噺の公演会をひらくまでに成長する。
公演会を経験して彼らが得るものは、自分に対する自信だけでは無かったのだ。

彼らと真剣に取り組んだ三つ葉にも得るモノが大きく、彼も大いに成長する。
師匠の真似事だった落語しかり、もっともっと大事な存在だったりと。

くすくす笑いながら、ほろりとさせる気持ち。じーんとくる暖かく幸せな気持ち。
上手く言えないが、読み終えた時には身体がぶるぶる震えたのだ。
この本を読んで、佐藤多佳子さんにメロメロになり大惚れしてしまったのだ。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

佐藤多佳子
トラックバック(4)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんばんは★
清々しく、本当の落語のように小気味いいテンポで、
(生の落語は聴いたことないんですが…)
さくさく読んでしまいました。
かといって決して印象の薄い作品ではなく、
登場人物たちの持つ悩み・苦悩がひしひし伝わってきて、
彼らがそれを乗り越えようとする姿に、
ただただ感動、そして私自身の励みにもなりました。
佐藤さんのほかの作品もぜひ読んでみたいです。

Rutile:2007/07/09(月) 22:45 | URL | [編集]

Rutileさん、こんにちは。
佐藤さんはいいっすよー!
読むたびに温かくなれて癒されてます。
すべての佐藤作品がお薦めです。

しんちゃん:2007/07/10(火) 08:40 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『しゃべれども しゃべれども』佐藤多佳子


しゃべれどもしゃべれども佐藤 多佳子 2000/6/1文庫化 新潮文庫 P.416 ¥620★★★★★ 自信って、一体何なんだろうな。 自分の能力が評価される、自分の人柄が愛される、自分の立場が誇れる――そういうことだが、それより、何より、肝心なのは、自分

2007/06/22(金) 23:12 | ほんだらけ

しゃべれどもしゃべれども 佐藤多佳子


しゃべれどもしゃべれどもこの本はCiel Bleuの四季さんにオススメいただきました。ありがとうございました。■やぎっちょ書評はじめての佐藤多佳子さん。うん。文章は正統派という感じがひしひしと伝わってきます。粗筋など読まずにいきなり本文だったので、どん...

2007/07/07(土) 22:04 | "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!

『しゃべれどもしゃべれども』佐藤多佳子


シェアブログ1152に投稿噺家の今昔亭三つ葉は、師匠に「噺に個性がない」と言われ、少々ヘコんでいた。そんな折、ひょんなきっかけから『落語教室』を開くことになる。『生徒』はそれぞれワケアリの4人。自身の悩みに加え

2007/07/09(月) 22:36 | 道草読書のススメ

しゃべれどもしゃべれども


★★★ 著者:  佐藤多佳子 出版社: 新潮社   映画にもなった、落語を愛する男の物語。   26歳の今昔亭三つ葉は噺家。前座の1つ上の二ツ目。落語が大好きだけど、恋にも悩み・・・ でも女の心にはとんと疎いので、悶々とすることになります。そんな中...

2009/01/11(日) 10:30 | 自由の森学園図書館の本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。