--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.28

「王国は星空の下」篠田真由美

王国は星空の下 (ミステリーYA!―北斗学園七不思議)王国は星空の下 (ミステリーYA!―北斗学園七不思議)
(2007/03)
篠田 真由美

商品詳細を見る

深い森にかこまれた幼稚園から大学院まで揃う全寮制の私立北斗学園。その広大な敷地の一画には戦前からの建物が点在し、異空間をつくりあげている。その学園には、やたらと具体的な、それでいて不気味な不思議、つまり北斗学園には七不思議があった。

一、北斗なのに星が八つの円になっている学校の校章の不思議。二、ときどき勝手に動き回る大理石像の不思議。三、書庫の迷路で人が消え、黒魔術の本が隠されているという旧図書館の不思議。四、壊れたパイプオルガンが鳴り出す旧音楽堂の不思議。五、実際のところ元はなにに使われていたのかわからない開かずの礼拝堂の不思議。六、海外で盗難に遭ったまま行方不明の有名な絵が隠されているという記念博物館の不思議。七、北斗学園を作った「喜多泰山」という人の正体がわからない学園創立者の不思議。

その七不思議のうち一と七は学校自体に関わる謎で、それ以外が足を踏み入れるのはタブーという暗黙のルールがある旧ブロックがらみの謎だった。中等部二年で新聞部の三人、行動派のアキ、慎重派のハル、知性派のタモツは、それらの謎を暴き出して白日の下に晒してやろうと、夜の寮を抜け出して調査を続けるが、それを邪魔しようとする何者かがその前に立ちはだかる。やがて、とんでもない事件が起きた……。

冒険的要素があるので、わくわくするのかと思った。しかし、そういうノリはあまりなかったように思う。その要因のひとつとして、少年たちの幼稚な会話が邪魔していたように感じた。万事がせっかちのあわて者で、走り出してからどこへ行くか考える、しゃべり出してから内容を決めるオレことアキ。そのアキといつも対立する慎重派で、物知りで、照れ屋の恥ずかしがりだけど実はかなり友達思いのハル。アキとハルがぶつかると冷静に意見を調整する、楽観的で前向きなタモツ。そのアキの直線的な行動や物言い、無邪気すぎる語り手ぶりが、中学生としては無理がある。ここにちょっと引っかかってしまった。

それともう一つ。学園の総長派と理事長派の対立や、見つけてしまった首つり死体に、殺し屋の存在。そして、隠されたある物の在り処。これらをミステリと言ってしまっていいのだろうか。ちょっと違うように思うんだが。でも、サブキャラはYAものらしくわかりやすい色づけをされていたと思う。北斗学園を王国だと言った正体不明のJ。旧図書館の魔法使いこと淵野先生。ゴジラの異名を持つクラス委員の森下静香。高飛車なクラスメイトの宍戸万梨菜。ミス北斗学園と呼ばれるスーパー高校生の不破宙美女史。学園の乗っ取りを企む東城理事長。死神のような危ない小沼。

唯一とも言えるミステリ部分の星座にまつわる謎解きは、そんなアホなという展開だが、個人的には嫌いじゃなかった。しかし、これを読んだ子供に理解できるのかは、はなはだ疑問が残るところだ。七不思議と銘打っているのにも関わらず、次巻に持ち越しているのも減点ポイント。しかし、すでに発売されている続編を読ませようとする企みと捉えるのなら、成功なのかもしれない。悪い点ばかりを抽出してしまったが、当たりハズレのあるミステリーYAとしての評価をするとなれば、可もなく不可もなくという普通の作品だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

この前、いいじゃんミステリーYA!と書いたのですが、今日本屋さんに行ったらこの本が続編発売に合わせて新装版として並んでいたのを見つけて、ちょっとだけ前言撤回したい気分になりました。アコギなのかリッパなのか。

たまねぎ:2008/05/29(木) 23:44 | URL | [編集]

たまねぎさん
YAはYA作家のほうがダントツに面白いと思います。
ですが、何故か手にとってしまうんですよね~。

しんちゃん:2008/05/30(金) 11:22 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。