--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.29

「タイマ」嶽本野ばら

タイマタイマ
(2008/03)
嶽本 野ばら

商品詳細を見る

ある日、新宿をひとりで歩いていた小説家の僕は警官に呼び止められた。一応、職務質問ということでして。何が入ってるんですか? 中身は? どうして逃げる。何を持ってやがるんだ。タイマ――だと? こうして乙女のカリスマは、乾燥大麻とそれを吸引するパイプを所持することから大麻取締法違反、大麻所持の現行犯として逮捕された。

連行、逮捕、そして留置場に移送。一九八号と呼ばれ、執拗な尋問、家宅捜索にも同行。ここでの生活は秩序という名の許に決められた規則は必要であれ、不必要であれ、絶対のものであり、如何なる理由があろうとそれを損主せねばならず、どれだけ心情に訴えようとしても、個人の主義主張を通そうとしても、一切の特例が許されないことを悟る。過酷な留置所生活が始まる中で、作家である僕にとって何よりも辛かったのは、最愛の恋人との連絡が全くとれなくなってしまったことだった。

ストリップ嬢のあいと僕は運命的に出会い、お互いの唯一の理解者として、純粋な愛を育んでいた。BABY、MILKなど好きなお洋服のこと、NIRVANA、HOLEなどオルタナティブな音楽のこと。そして余りにお互いのセンスや思考が似通っていた。二人はシンクロし合ってしまったのかもしれない。それゆえに君は僕に、先生って超能力があるでしょ? 超能力者じゃなければ、どう考えても神よね。と問いかけてきた。ようやく釈放された僕が愛しい君と再会すると、なんと彼女は僕の真似をして、ドラッグに手を出していた。

どこまでがフィクションであり、ノンフィクションかはわからない。これを自虐ネタと取るか、悪ノリと取るかは読者によって別れるだろう。自身を投影しただろう主人公は、逮捕当時、反省がこれっぽっちもなく、逮捕されたことを小さなトラブルに巻き込まれた程度にしか思っていない。ある意味で、これがリアルな思いなのかもしれないが、そう言ってしまっていいの?そんな甘さを主人公に吐露させて大丈夫?などと、読者は心配してしまう。

そういった現実の事件を題材にしているのだが、本質的なテイストは今までと同じ。僕が君に問いかける。薬を常習した僕がぶっ飛んだ踊り子の君に問いかける。これまでだと、この痛さやブラックさが快感だったのだが、本書に限っていえば生々しすぎて、これを面白いと思ってもいいのだろうかと、無意識のうちに一歩後ずさりをしてしまう。

作品の価値とは別のところで身構えてしまうのは仕方がないと思う。それなのに、タイトルからして「タイマ」というストレートな爆弾を持ってきて、作品の内容がこれ。正常な読者なら、この作品を評価することは出来ないだろう。大きなチャレンジであることはわかる。だけど、答えを簡単に出すことは出来ない。今後、この著者にどう向き合えばいいのかは、読者が選ぶことであり、著者のこれから次第としか言いようがない。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

嶽本野ばら
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

極端に保守的に取ればこの本を読んでる時点で犯罪に加担していると思えなくもありませんが。
なんでもやってみなきゃ気がすまない人ってのがいるんですよ。
著者もその一人で男なのにロリータを着てみるし麻薬もやるしストリップも見てみたい。
でもやったら取り返しのつかないことってのもあるんですよね。
それを判断するのは法律ではなくてすべて自己責任だという厳しくも甘いお話でしょう。
野ばらチャソは好きですが今作は今のところ読む気はありませぬ。

カイゾー:2008/06/21(土) 22:29 | URL | [編集]

カイゾーさん
俗っぽい批判めいたことは言いたくないです。
とうぜんですが肯定もしません。
ただ、読んでいて気持ちがよいものではなかったです。

しんちゃん:2008/06/22(日) 12:14 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。