--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

05.31

「ぼくらのバス」大島真寿美

ぼくらのバス (ピュアフル文庫 お 1-1)ぼくらのバス (ピュアフル文庫 お 1-1)
(2007/05)
大島 真寿美

商品詳細を見る

暇で暇で死にそうな夏の初めの土曜日、小学五年生の圭太は、弟の広太を誘って昔通った「バスの図書館」へ行ってみた。圭太の家の近くのお屋敷のすみに、動かなくなった廃車のバスがあって、そこは昔図書館だった。おじいさんがバスの図書館を作った人で、集まった子供たちみんなに本を読んで聞かせてくれた。こっそりお屋敷にしのびこむと、まず、びっしりはえた雑草が目に飛び込んできた。バスは、庭よりいっそう、あわれだった。おじいさんが死んだ日から放置されたままで、まるで、幽霊バスのようだ。

そのバスを二人で掃除をして、本棚を整理すると、圭太と広太の、ちらかしっぱなしの部屋よりも、きれいになった。すっかりかわりばえしたバスに、お菓子、オセロ、将棋、ポケット・ラジオなどを持ち込んで、秘密基地の完成。だれも知らない、ぼくらのバスだ。夏休みも半ばが過ぎたある日、バスの中に見ず知らずの中学生くらいの男の子がいた。以前この近所に住んでいたという中学二年の富士田順平は、家出してきたと言う。そして、今日からここに住むと言い出した。紆余曲折を経て、こうして、バスの利用者は三人になった。少年たちの、ひと夏の青春ストーリー。

こういう秘密基地って、子供の頃にはあった。自分の場合、空き家になったアパートの一室がそうで、友達と窓から侵入してよく遊んでいた。いま考えると、不法侵入なんだけど、でもそんなことが子供に分かるはずもない。ちょうどファミコンが出だした頃で、マリオやドンキーコングに夢中になる側らで、誰にも内緒の秘密の場所に、よく入り浸っていた。そんな子供時代を思い出して懐かしくもなり、そのアパートが潰されたことに切なくなったことを思い出した。

そういう子供だけの秘密って、どこか危うさがある。本書でいえば、家出中の順平が少ない所持金を浪費したことによって金欠になり、圭太と広太の兄弟は、お母さんに飼い猫と偽って中学生の順平の世話をする。皮肉な目線で見ると、親に隠れて自分より大きな動物を飼っていることになる。順平から見れば、二人の兄弟は餌を持ってくる飼い主だ。こういうバランスの悪さ、あやうさを描くのが、大島さんはひじょうに上手い。それでいて、居心地の悪さを感じさせずに、ほんわかと読ませてしまうのだから、さすがといったところだ。

少年たちの家の近くだけど、これは冒険の物語だと思う。自分たちでアイテムを揃え、ルールを作り、仲間の絆を深め、共に困難を乗り越えて、そして帰ってきたら、気づかないうちに少し成長している。今のゲームっ子や、塾通いにひーひー喘いでいる子供に、こんなわくわくはあるのだろうか。ぼくらの場所となるような遊ぶところがあるのか。そう考えると、ぼくらの子供の頃は贅沢だったのかも。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

大島真寿美
トラックバック(2)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

秘密基地ってワクワクする響きですよね。他者を入れない仲間だけの空間。特別な場所ですよね。でも、本当、そんな思い出があったりできたりした昔の方が贅沢ですね。
今なんて、子どもたちが自由自在に動き回れる範囲がすごく限られてますもんね。

じゃじゃまま:2008/05/31(土) 17:39 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
最近はぶっそうになってイヤになるよね。
昔は泥だらけになって、暗くなるまで外で遊べたのに。
それに携帯を持つ子供を見ると、不思議な感覚に陥ります。
これもしょうがないのかなー。

しんちゃん:2008/06/01(日) 13:15 | URL | [編集]

こんばんは。
しんちゃんには秘密基地があったんですね。
そんな想い出を持てて、シアワセですね。

なな:2008/06/01(日) 21:47 | URL | [編集]

ななさん
ありましたよ~。ほこりだらけになる場所ですが。
今の子って、そういう遊びを思いつくのかな。

しんちゃん:2008/06/02(月) 12:45 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

ぼくらのバス 大島真寿美著。


もっと大島ワールドを満喫したくて、のんびり読んだつもりなのに、ものの数十分で読み終わってしまった。 字も行間もゆったりしてるし、児童書だからか、あっという間。 児童書といっても、大島ワールドは侮れません。大人だって、読んでるうちに子どもになっちゃう。 小...

2008/05/31(土) 17:36 | じゃじゃままブックレビュー

「ぼくらのバス」大島真寿美


ぼくらのバス (ピュアフル文庫 お 1-1) 大島 真寿美 JUGEMテーマ:読書 暇を持て余していた、小学五年生の加納圭太は、弟の広太を誘い昔通った「バスの図書館」へ行ってみる。管理人のおじいさんが亡くなって以来使われずにいた「バスの図書館」は、かつての面影を失...

2008/06/01(日) 21:47 | ナナメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。