--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.03

「陽だまりの彼女」越谷オサム

陽だまりの彼女陽だまりの彼女
(2008/04)
越谷 オサム

商品詳細を見る

何度確かめても、受け取った名刺には渡来真緒とある。僕は名刺とテーブルの向こうの人物の顔を繰り返し見比べてしまった。相手も目を丸くし、こちらをまっすぐに見つめ返してくる。やっぱり、真緒だ。あの渡来真緒だ。交通広告代理店に就職して二年目の奥田浩介は、学年有数のバカと謳われ、チビで、いじめられっ子で、注意力が散漫で、すばしっこさだけが取り柄だった真緒と再会した。彼女は二十五歳になって、なんだかとんでもなく成長している。彼女は美しくて魅力的で、知性と落ち着きが漂っていて、しかも、デキる女だった。

真緒をいじめたクラスメイトに憤慨したことで、キレる子、薄気味悪い人間という偏見をもたれた浩介の中学時代。真緒だけがそういう空気をまったく意に介さず話かけてきた。キレる子、学年有数のバカ、と二人は孤立するが中身の濃い時間だった。あのときなついてきた彼女との関係に戻るのは、二人にとってそう時間はかからない。取引先の担当者という垣根を超えて、公私混同は甚だしいが親密になっていく二人。やがて、付き合いを始めるが、真緒の両親はなぜか認めてくれない。二人は勢いで駆け落ちし、そのまま結婚する。しかし、真緒は浩介に対して大きな秘密を隠していたのだ。

浩介のことを追いかけてきただけだよ、と真緒は言うが、どこまで成長すれば気が済むんだ、というぐらい仕事ができる女になっていた真緒。その真緒の仕事モードとプライベートのギャップがすごく良い。本質は中学生時代と少しも変わっていないのだ。その真緒と浩介は、あれよあれよという間にゴールイン。自分のペースで行動する真緒に引っぱられながらも、二人は甘甘新婚生活にどっぷり浸る。この仲睦まじい二人にはあてられっぱなしで、ヨダレが出そうだった。

お姫様だっこ。これは男女ともに憧れると思う。そう思っているのは自分だけかもしれない。でもいいよね。機嫌がいいと鼻歌を歌う癖もかわいい。ちょっとキーを外すぐらいが、かわいいさアップに繋がるかも。なにより二人の甘いやり取りにキュンとくる。こんなのに憧れてしまうのは子供っぽいのかなぁ。

そんな中で時折、ちょっとしたざわざわ感が漂う。何かあるぞ、何かあるぞ、と警戒音が鳴り響くのだが、そのざわざわ感はすぐに消えてしまう。安心して甘いモードを読んでいると、忘れた頃にまた、ざわざわしてくる。それを繰り返した末にくる結末は…。忘れていました。越谷オサムさんが、日本ファンタジーノベル大賞の出身だったということを。

そうきたか。こうきたか。これについて触れることは出来ないが、切なくて、ほんのりと温かくて、そして、複線の巧みさに気づいて、上手い、とおもわず声を出してしまった。今後もこの作家さんから、目が離せなくなってしまった(=^・^=)にゃん。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

越谷オサム
トラックバック(7)  コメント(14) 

Next |  Back

comments

○○好きなしんちゃんならきっと気に入るであろうと思っていました。
これでもかこれでもかと甘い場面の間でざわざわ感がやってくるのでクドさを感じていましたが、
このオチなら仕方がありません。
しかしビックリしました。さすがファンタジーノベル大賞出身作家です(笑)。

リベ:2008/06/03(火) 19:20 | URL | [編集]

りべさん
くどかったですかね。自分はそう思わなかったです。
何かあるぞー、と漠然と身構えていただけです。
最後はファンタジーだったのねと苦笑い。
でもミステリとしても出来のいい作品でしたね。

しんちゃん:2008/06/04(水) 13:00 | URL | [編集]

しんちゃんならば、この作品に共感してくれる
ものと確信してました~。
お姫様だっこは夢かも。
されたことはないけれど(笑)
「素敵じゃないか」が、聴きたくなりますね~。
私はデビュー作未読なんで、今度読んで
みよっと。

naru:2008/06/04(水) 19:42 | URL | [編集]

naruさん
お姫様だっこはいいよね~。したことないけど(笑)
ビーチボーイズは、サーフィンのイメージしかありませんでした。爆。
デビュー作も面白かったですよ。

しんちゃん:2008/06/05(木) 11:47 | URL | [編集]

甘い二人でしたね。
有川さんの大甘には耐性が出来ているのか
全く平気だったのに、これは一人でてれました。
なにかある、何かあるとは思っていたけど
こういうことだったとは…です。

なな:2008/06/22(日) 22:29 | URL | [編集]

ななさん
まさかの甘甘生活でしたね。
それがラストにはこんな展開になるとは。
ビックリでやられちゃいました。

しんちゃん:2008/06/23(月) 12:26 | URL | [編集]

疲れをみせる真緒に、もうすぐ死んじゃうのかと心配したり、裸で夜中にいたのは、悪いことをされそうになって逃げ出したのかとか、色々想像したのですが、杞憂に終わりました。
こういうオチとは驚きでした。

花:2008/06/26(木) 18:39 | URL | [編集]

花さん
時折見せた引っかかりがこう来るとはです。
いやはや、これはまさかの結末でしたね。
まんまとやられちゃいました。

しんちゃん:2008/06/27(金) 11:21 | URL | [編集]

妙にトントンと進んでいく恋愛、甘い生活・・
何かあるとは思いましたが、まさかこういうこととは!
表紙を見て再びボー然としました。気付かないものですね・・。

june:2008/07/14(月) 22:58 | URL | [編集]

juneさん
大胆なネタバレをしていましたね。
でもまさかのトリックで、まんまとやられちゃいました。
次はどんな作品がくるのだろう。楽しみですね。

しんちゃん:2008/07/15(火) 11:43 | URL | [編集]

おじゃましたのはかなり前ですが。。

こちらで見かけて読んでみました。
私もこうきたか~!というクチで
ファンタジーノベル大賞で納得。

記事の中にもヒントが隠されていたんですね。
全然気付かなかった~!
私も真似っこしてみました(^^;)

トラバさせていただきますね♪

なゆ:2008/08/12(火) 00:21 | URL | [編集]

なゆさん、お久しぶり。
でしょでしょ。あの甘さから、まさかこう来るとは。
離れ業だけど、ファンタジーノベル大賞出身やもん。
複線も見事で、これはやられてしまうよね。

表紙に大胆な遊びがあったので、自分も遊んでみました。

しんちゃん:2008/08/12(火) 20:52 | URL | [編集]

あ~、そうでした。越谷さんってファンタジーノベル大賞出身でしたね。すっかり忘れてました。
思いがけないオチでビックリしてしまいましたが、二人の甘くて微笑ましいやり取りに、こちらまで頬が緩んでしまうような、素敵な物語でした。

エビノート:2008/10/18(土) 21:50 | URL | [編集]

エビノートさん
甘甘からもファンタジーの複線がありましたね。
あのオチは賛否が別れそうですが、○好きならありですよね。

しんちゃん:2008/10/19(日) 15:33 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

陽だまりの彼女 (越谷オサム)


(本の内容) 運命の人ってけっきょく、諦められない人のことだよね、たとえ何が起きたとしても。 幼馴染みと10年ぶりに再会した俺。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ、冴えない イジメられっ子だった彼女は、驚異の大変身を遂げていた。 モテ服にさらさら大人ヘ...

2008/06/03(火) 19:19 | 今夜も読書を

越谷オサム『陽だまりの彼女』


恋の始まりに、理由なんてない。でも、恋の終わりには、必ず理由がある―。

2008/06/04(水) 19:43 | 待ち合わせは本屋さんで

「陽だまりの彼女」越谷オサム


陽だまりの彼女 越谷 オサム JUGEMテーマ:読書 幼馴染みと10年ぶりに再会した俺。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ、冴えないイジメられっ子だった彼女は、驚異の大変身を遂げていた。モテ服にさらさら大人ヘア、しかも、デキる女系。でも彼女、俺には計り知れない...

2008/06/22(日) 22:29 | ナナメモ

本「陽だまりの彼女」


陽だまりの彼女 越谷オサム 新潮社 2007年4月 交通広告代理店に勤める僕(奥田浩介)は、新規のクライアント、準大手ランジェリーメーカー「ララ・オロール」との顔合わせの場で、偶然、同級生の渡来真緒に会う。中学の時、学年有数のバカと謳われた...

2008/06/26(木) 18:30 | <花>の本と映画の感想

「陽だまりの彼女」越谷オサム


陽だまりの彼女 恥ずかしくなってしまうくらいかわいらしいラブストーリーだなぁって思いながら読みました。でも読みながらどことなく違和感を感じるのです。それでも彼女の抱えた過去が気になったり、何かが起こりそうな予感に気を取られて読んでいくと・・。驚きまし...

2008/07/14(月) 23:00 | 本のある生活

陽だまりの彼女


初めて読む作家さん。 陽だまりの彼女(2008/04)越谷 オサム商品詳細を見る 作者のプロフィールを見て、ファンタジーノベル大賞でデビューという...

2008/08/12(火) 00:29 | たゆたう日々。

陽だまりの彼女 〔越谷 オサム〕


陽だまりの彼女越谷 オサム新潮社 2008-04売り上げランキング : 115749おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 運命の人ってけっきょく、諦められない人のことだよね、たとえ何が起きたとしても。 幼馴染みと10年ぶりに再会した俺。かつて「学年有数...

2008/10/18(土) 21:45 | まったり読書日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。