--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.08

「遠まわりする雛」米澤穂信

遠まわりする雛遠まわりする雛
(2007/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る

やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。この信条を堅く守っている折木奉太郎は、なにがなんだかわからない間に、現在までの友人、福部里志と知り合い、なぜか、小学生の頃はずっとクラスが同じだった伊原摩耶花は、里志に思いを寄せ、広大な農地を擁する旧家の娘である千反田えるは、「わたし、気になります」という言葉とともに大きな瞳で詰め寄って、奉太郎の省エネ主義を揺るがしてくる。神山高校に入学し、入部直後から春休みまで、古典部を過ぎ行く一年を描いた短編集。

入学から一ヶ月、音楽室でピアノがひとりでに音楽を奏でだしたという学校の怪談。初夏、授業進度を教科書にメモしていた先生が、進んだページから間違えて授業してしまった謎。夏休み、自殺のあったというその部屋に、首吊りの影を見たという千反田と摩耶花。十一月のはじめの日、放課後の教室に流れてきた奇妙な校内放送はどういう意味で行われたのかという推理ゲーム。元日、荒楠神社の納屋に閉じ込められてしまった奉太郎と千反田の脱出劇。二月二十四日、摩耶花が里志のために作ったチョコが盗まれた行方を追う。春休み、千反田の頼みで生き雛祭の行列に参加する奉太郎だが、長久橋の工事が突然始まってルートが変更になってしまった。

前作のカンヤ祭が楽しかっただけに、短編集ということもあってどれも小粒だった。奉太郎と里志、奉太郎と千反田というペアはあるが、四人でわいわい騒ぐという作品が少ない。そんな中で一番好きだったのは、「あきましておめでとう」というわいわい騒ぐ系の作品だった。

元日に巫女のバイトをする伊原摩耶花を見に行こうと、千反田えるに誘われて奉太郎は初詣に行く。おみくじと迷子、落し物の担当をする摩耶花に会って、二人はおみくじを引いていると、社務所内がなにやら忙しそう。そこで二人は手伝うことにして、言われたとおり蔵へ向かう。しかし、そこは蔵ではなく納屋で、酔っ払ったおっさんに外から閂をかけられてしまった。暗闇の中に閉じ込められてしまった二人。その頃、福部里志は「新春ドラマスペシャル 風雲小谷城」を見終わって、のらくらと摩耶花のもとにやって来た。豪農千反田家の一人娘が男と二人でいるところを発見され、あらぬ噂を立てられたくない。そこで奉太郎は、落し物の担当をしている摩耶花、その側にいる里志に、閉じ込められたことに気づいてもらおうと、あれこれ知恵を絞ってわざと物を落とす。

こういう日常のミステリでありながら、古典部の四人が別行動しながらも繋がろうとする作品が好きだ。前作もこのパターンで、本書でもこの系統を期待していたが、収録されていた作品の中では、「正体見たり」「あきましておめでとう」の二編だけ。なもんで、もっと四人をからませてくれよ、ともどかしい短編集だった。次は古典部四人の個性が生きた、がっつり読める長編を期待したいのである。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

米澤穂信
トラックバック(7)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
今回は個々のお話が多かったかもしれませんね。というより奉太郎とえるでしょうか。
この作品の持つ雰囲気が大好きなので、いままでの物語の隙間を埋めるエピソードを楽しみました。
次はまた長編かもしれませんよ。4人の関係の変化が、気になります。

雪芽:2008/06/08(日) 17:17 | URL | [編集]

こんばんは。
ホータローの物語でしたね。
私も前3作の間に4人が何をしていたのかを
知ることが出来て嬉しかったです。

なな:2008/06/08(日) 20:56 | URL | [編集]

こんにちは♪
これまでのシリーズが長編で色濃かった分、今回はちょこっと薄味?いやいやラストであんな素敵なシーンを用意してくれて満足でした。
でもホント、がっつり読みたいって気持ちは同じです。早く読みたいねぇ~(*^-^*)

リサ:2008/06/09(月) 10:17 | URL | [編集]

雪芽さん、こんにちは。
嫌いじゃないんだけど、奉太郎一色じゃ物足りませんでした。
省エネはまわりの活力があってこそ生きる。
なんてことをえらそうに思いました。

しんちゃん:2008/06/09(月) 12:01 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
完全な奉太郎の物語でしたね。
隙間は見事に埋めていました。
でもミステリとしてはしょぼかったかも(汗)

しんちゃん:2008/06/09(月) 12:04 | URL | [編集]

リサさん
前作で多視点の面白さを憶えてしまった分、薄味に思いました。
ラストのあれは意味深で終わり方としては最高かも。
でも、ほんとガッツリを希望です。

しんちゃん:2008/06/09(月) 12:08 | URL | [編集]

こんばんは。
私もこの短編集の中では「あきましておめでとう」が楽しかったです。
二人にとっては災難だけど、読んでる方としてはおもしろかったかな。
そうそう、ラストもよかったですね。
次作で4人がどうなっているか、楽しみです。

mint:2008/06/09(月) 19:33 | URL | [編集]

mintさん、こんばんは。
「あきましておめでとう」は内容、タイトルともにグッドでしたね。
こういうのを期待していました。よって少数意見で肩身が狭いっす。
ラストの含みある終わり方は、わたし、気になります。

しんちゃん:2008/06/09(月) 22:01 | URL | [編集]

4人は今度2年生だから、まだしばらくはこのシリーズ楽しめますよね??
4人がこのあとどんなふうになっていくのか、わたし、気になります。がっつりの長編を書いてほしいです。

june:2008/06/10(火) 15:29 | URL | [編集]

juneさん
おもしろそうな展開になってきましたね。
少しは想像していましたが、まさかです。
次は古典部にも後輩ができるのでしょうかね。
同じく長編希望で~す。

しんちゃん:2008/06/11(水) 09:57 | URL | [編集]

今回は時系列も遡っているし、番外編ってことなんでしょうね。ならば次作に期待ということで。いよいよ進級でしょうし。まさか昔の漫画のような事は……。

たまねぎ:2008/06/12(木) 00:42 | URL | [編集]

たまねぎさん
これはサイドストーリー集なんでしょうか。
やっぱ本編でがっつり読みたいっす。
恋の行方も気になるよね~。

しんちゃん:2008/06/12(木) 11:54 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「遠まわりする雛」 米澤穂信


 遠まわりする雛  米澤 穂信  角川書店 (2007/10)  単行本: 354ページ 待ってましたの「古典部」シリーズ最新刊。 大好きなシリーズなので心ウキウキと読み始める。やっぱり米澤さん面白いな~ 血を流さない。殺人が起こらない。高校生の主人公たち...

2008/06/08(日) 17:08 | コンパス・ローズ  compass rose

「遠まわりする雛」米澤穂信


遠まわりする雛 米澤 穂信 ついこの間「クドリャフカの順番」を読んだばっかりなので、よく知ってる友人に会ったような気分。やっぱり「古典部」いいなぁ。 いつものようにえるの「気になります」に省エネホータローが引きずられる訳ですが、4月から次の3月ま

2008/06/08(日) 20:57 | ナナメモ

『遠まわりする雛』米澤穂信


遠まわりする雛 米澤穂信/角川書店 神山高校で噂される怪談話、放課後の教室に流れてきた奇妙な校内放送、魔耶花が里志のために作ったチョコの消失事件――〈省エネ少年〉折木奉太郎たち古典部のメンバーが遭遇する数々の謎。入部直後から春休みまで、古典部を過ぎゆく一...

2008/06/09(月) 10:15 | ひなたでゆるり

『遠まわりする雛』


今日読んだ本は、米澤穂信さんの『遠まわりする雛』です。

2008/06/09(月) 19:16 | いつか どこかで

「遠まわりする雛」米澤穂信


遠まわりする雛 古典部シリーズ4作目は短編集でした。すごく楽しみにしてたんですが、やっぱり期待に違わずおもしろかったです。ホータローの「やらなくていいことはやらない。やらなければいけないことなら手短に」という省エネ主義、4人のかけあいは相変わらず。こ...

2008/06/10(火) 15:29 | 本のある生活

遠まわりする雛  米澤穂信


米澤穂信さんの古典部シリーズ第4弾『遠まわりする雛』です。古典部シリーズとは、名探偵の素質を持ちながらも「省エネ」をモットーにする主人公・折木奉太郎。普段は大人しいのに気になることがあると止まらないヒロイン・千反田える。三つの部を掛け持ちする趣味人、福...

2008/06/11(水) 23:47 | 今更なんですがの本の話

米澤穂信『遠まわりする雛』


遠まわりする雛 (角川文庫)米澤 穂信角川書店(角川グループパブリッシング) 今回は、米澤穂信『遠まわりする雛』を紹介します。古典部シリーズ第4弾になります。今回は、古典部部員4名が入部してから1年間で起きた出来事にまつわる短編集です。短編集の謎解きとしては、...

2011/09/13(火) 12:22 | itchy1976の日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。