--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.10

「フリッツと満月の夜」松尾由美

松尾

フリッツと満月の夜 (TEENS’ENTERTAINMENT 1)

主人公は小学五年生のカズヤ。夏休みの三週間を海辺の港町で過ごすことになったカズヤだが、デザイナーの母さんは行かずに父さんと二人だけとか、直前まで知らされていなかったとか、勝手にきめられたこととか、どうしても納得できないまま、この町にやって来た。

この町は、東京とはあまりに違う。一言でいえばのんびりしている。外に出れば必ず誰かを見かけるが、たいてい同じ人がずっとそこにいる。走り回るのは子どもくらい、すたすたと道を横切るのは猫くらい。港のほうであまった魚でももらっているのか、猫はたくさんいた。その猫だけど、ときたま金色のピアスをつけた猫がいる。うまく猫と人が共存できる地域をめざそうと、不妊手術をすませたノラ猫のしるしが金のピアスだという。

カズヤたちが借りた家の三軒となりにメルシー軒という食堂があり、カズヤはある日、そこの一人息子で、ミステリ好きのミツルから、この町に住んでいたあるおばあさんをめぐる秘密の話を聞かされる。

おととし亡くなった人で、名前は佐多緑子。この町一のお金持ちで、亡くなる四日前に佐多家の財産、つまりものすごくたくさんの現金を銀行からおろし、まっすぐ家に帰ったあと、亡くなるまで一度も外出することもなかった。それなのに佐多緑子が亡くなったあと、お金はどこにもなかった。銀行から持って帰ったはずの大金が、そっくり消えていたのだ。

その消えた財産の半分は自分のものだと主張するこの町で二番目のお金持ちであり、町長をしている出川轟三。この出川はそのお金を遣って、林を伐りたおし、丘をけずってゴルフ場を作る考えに夢中になっているらしい。その出川の手から守るべく、カズヤとミツルは、佐多緑子が隠した財産を見つけようと行動する。

ミステリとしては早い段階でオチに気づいてしまったが、YAらしく、さまざまな分かりやすい鍵となるものが用意されている。ダビデの星、市域の猫を見守る会、不審な男、きれいな図書館のお姉さん、魔女みたいだった佐多緑子おばあさん、そして、ピアスをつけた茶色いトラ猫。これだけ揃った鍵が、上手く融合されていたように思う。

ただ、大人が読むには少し物足りないかもしれない。だけど、YA世代なら十分楽しめる作品だ。宝探しの冒険であり、仲間がいて、ライバルがいて、少しだけ混ざる魅力的なファンタジー。子どもらしい夢のある作品で、YAが好きなかたにはありだと思えた。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

松尾由美
トラックバック(3)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
>子どもらしい夢のある作品
でしたね~。
ミステリネタは早々にわかってしまいましたが、それ以外にもお楽しみがあった感じがします。
続編あればいいのにな。

ちきちき:2008/06/11(水) 22:02 | URL | [編集]

ちきちきさん、こんにちは。
ミステリとしてはあっさり薄味でしたね。
でも物語としてはいい感じだと思いました。
また満月の夜に再会できることを期待しましょ。

しんちゃん:2008/06/12(木) 11:47 | URL | [編集]

こんばんは。
そうか~やっぱりミステリは簡単にわかっちゃうのか。
私はフリッツに教えてもらいました(苦笑)
子どもが好きそうな要素がいっぱい詰まった楽しい本でした。

なな:2008/07/24(木) 20:38 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
わりと早い段階でわかっちゃいました。
というか、タイトルからしてすごくわかりやすい。
めずらしくYAらしいYA作品だと思いました。

しんちゃん:2008/07/25(金) 11:34 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

フリッツと満月の夜


JUGEMテーマ:読書 猫と月夜が「不思議」の扉を開く―― デコボココンビが走り回る! ひと夏のさわやかミステリー! 夏休みを港町で過ごすことになったカズヤ。 月の光と不思議な猫に導かれ、 彼が知ることになった「秘密」とは――。 小説家の父とデザイナーの

2008/06/11(水) 22:03 | ぼちぼち

■『フリッツと満月の夜』(※宝探し)


“おれの名前はフリッツ。  そう呼んでもらおう。  あの老婦人がつけた名前だよ”  ポプラ社の新レーベル創刊第1回配本分その1。  これはファンタジー込みのミステリ。  夏休みの間港町で過ごすことになったカズヤ。  彼はそこで友だちになったおかしな子・ミツ

2008/06/12(木) 13:49 | 本うらら

「フリッツと満月の夜」松尾由美


フリッツと満月の夜 (TEENS’ENTERTAINMENT 1) 松尾 由美 JUGEMテーマ:読書 夏休みを港町で過ごすことになったカズヤ。月の光と不思議な猫に導かれ、彼が知ることになった「秘密」とは―。小説家の父とデザイナーの母、食堂「メルシー軒」のおかしな息子とその両親

2008/07/24(木) 20:38 | ナナメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。