--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.13

「風花」川上弘美

風花風花
(2008/04/02)
川上 弘美

商品詳細を見る

里美は卓哉の恋人である。三年ほど前から、卓哉と恋愛をしている。卓哉とは同僚で、卓哉の五年後に入社した。里美と卓哉のそういう関係を、匿名の電話で、のゆりは知らされた。電話があった日の夜、のゆりは卓哉に電話のことを報告した。里美との関係の有無を問いただそうとしたわけではない。ただ、どうしていいかわからなくて、かといって腹に溜めておくほどの決意もつかず、ともかく報告したのである。卓哉は里美との関係を否定せず、あまつさえ、離婚のことまでほのめかした。

翌日の昼、里美から電話があり、のゆりは里美と直接会うことになった。里美はてきぱきとした女だった。卓哉のことは好きである。でも卓哉とのゆりが離婚することは望んでいない。たとえ離婚しても卓哉と結婚する意志はない。どうしてものゆりが卓哉との恋愛をやめてほしいと希望するならそれも可能だが、いくばくかの時間が必要である。ごく事務的に説明され、のゆりは圧倒された。結論はそちらに預けます、と、取引先とのやりとりのような言葉を残し、里美はさっさと席を立った。

卓哉はその後だんまりを決めこんで口を閉ざしているばかり。その沈黙が、事態を膠着させてしまった。里美からその後連絡はない。のゆりからも、里美に連絡をしていない。里美からゆだねられた結論を、のゆり自身もどうやって出していいかわからないまま、二ヶ月という時間が、ゆるやかに過ぎていった。

ほわんとしたのゆりが夫の浮気を知り、離婚した方がいいのか、どうしたらいいのか、という自分の心がわからないまま、はんぶん兄のような叔父の真人に心配され、医療事務の講座で知り合った年下の瑛二と食事をしたり、大学の先輩だった唐沢知子と沖縄旅行へ行ったり、夫の転勤で神戸へ一緒に移ったりと、月日がどんどん流れていく。

こちらを向くことのない夫との生活の中で、そのときの風景だったり、こうだと思っていた夫の違う一面に気づくことや、漠然と感じて揺れる心が淡々と綴られている。何故のゆりがこんな生活を続けられるのかわからない。執着しているようでもないし、意地になっているわけでもない。本気の浮気をした夫や、夫の不倫相手に怒ることもない。でもこれがのゆりという女性なのだろう。

のゆりがどういう答えを出すのか、というのが作品の結末になる。これにはもちろん触れることはしないが、結婚って何だろう、結婚するきっかけとは、みたいなことを考えた。のゆりの微かな息遣いのような考えるという行為が、読み手であるこちらにじわっと伝わってくる。上手く言葉にできない。伝えようとすると、するっと言葉が逃げていく。パソコンに向かう今の自分は、まるで本作の「のゆり」のようだ。何を書きたいのか、よくわからなくなってしまった。それにしても、男って馬鹿だなぁ。女って……。

Image0161_r1.jpg


またサインに釣られた。
他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」


ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(4)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
夫の浮気を知ったのゆりが自分がどうしていいかわからない様子、なんだかよくわかります。
主婦って意外と自分の意見を捨ててボーット生きていたりするんです。
だから少しずつ考えて、自分の気持ちを確認していくの。

なな:2008/06/13(金) 21:12 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
浮気された既婚女性の心理はよくわからないです。
わかったら、それはそれで怖いですけど。
男目線で読むと、この作品はある種ホラーかも。

しんちゃん:2008/06/14(土) 11:00 | URL | [編集]

こんばんは。
のゆり、いろいろ活動してるわりには、全然前に進んでゆかないお話でした。
そして、やっぱり男性から見るとホラーなのか、と(笑)
女性から見るとすごくわかる部分も多いんですけど…

ちきちき:2008/06/26(木) 21:16 | URL | [編集]

ちきちきさん
おもいっきりホラーでした(笑)
男が読むとちょー怖かったです。
くわばらくわばら^^;

しんちゃん:2008/06/27(金) 11:24 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「風花」川上弘美


風花 川上 弘美 JUGEMテーマ:読書 日下のゆりは33歳。システムエンジニアである夫の卓哉と結婚して7年。平穏な日々が、夫に恋人がいるという一本の電話で破られる…。私はどうしたいんだろう?「すばる」2004年1月号から2007年10月号掲載作品。 久しぶりのよう

2008/06/13(金) 21:12 | ナナメモ

川上弘美の「風花」を読んだ!


川上弘美の、小説としては「真鶴」(2006年10月30日発行)以来の待望の新刊、「風花」(2008年4月10日発行)を読みました。「風花」、「夏の雨」、「大寒」、「立春」、等々、季節を思わせる言葉を章ごとの題名にした、13章に分かれている作品です。初出誌は「すばる」で

2008/06/25(水) 09:59 | とんとん・にっき

風花


JUGEMテーマ:読書 愛はいかにして色あせてゆくのか 日下のゆりは33歳。システムエンジニアである夫の卓哉と結婚して7年。平穏な日々が、夫に恋人がいるという一本の電話で破られる…。何気ない日常の中で、色あせてゆく愛を描く長編恋愛小説。集英社HPより 不思

2008/06/26(木) 21:16 | ぼちぼち

川上弘美【風花】


わたしはいったい、どう、したいんだろう。 のゆりは結婚して7年の夫に恋人がいると知ったが、なぜか涙も怒りも湧かない。離婚するかどう...

2008/07/21(月) 15:17 | ぱんどらの本箱

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。