--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.19

「荒野」桜庭一樹

荒野荒野
(2008/05/28)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

以前ファミ通文庫で刊行された「荒野の恋」の第一部と第二部の二冊に、第三部を新たに書きおろして、一冊の本にまとめられたのが本書。

主人公は山野内荒野、十二歳。幼い頃に母を亡くした荒野は、北鎌倉は今泉台にある、なかば崩れかけたような古い大きな平屋で、いつも女の匂いをぷんぷんさせている恋愛小説家の父と、年齢不詳の若い家政婦さんと、三人で暮らしていた。その荒野が中学校に入学する日、電車のドアにセーラー服を挟まれているのを、文庫本を熱心に読んでいた同じ中学の制服を着た少年に助けられた。彼の持っていた本は「青年は荒野をめざす」五木寛之。わたしと同じ名前、と言おうとしたのだけれど、少年はわきめもふらずに行ってしまう。

同じクラスになった、巻き巻きヘアーで美人顔の江里華や、日焼けしたショートヘアの麻美という新しい友達もできた。そして、電車で出会ったあの少年、神無月悠也とも同じクラスになるが、荒野の名前を知ると、悠也は何故か睨んできた。その悠也が語った。遠くに行きたい。荒野と悠也は少しだけ話しをするようになったある日、山野内家に見覚えのある母子がやって来た。神無月蓉子さんと、息子の悠也だった。父と蓉子さんが再婚すると、荒野はそのとき初めて聞かされたのだ。「第一部」

十三歳になった荒野だけれど、学校は相変わらずだ。ますます大人びた江里華とボーイッシュになった麻美との仲良し三人組も健在。けれど、ひとりだけクラスからいなくなった男子生徒がいた。遠くへ行きたいと言っていた悠也がアメリカへ留学していた。そして、蓉子さんのお腹の中に赤ちゃんができて、男子と話すことが苦手だった荒野にも、気軽に話せる男子の友達ができた。悠也とは全然違うタイプで、クラスの中心的な存在の阿木くんだった。「第二部」

十五歳になった荒野に小さな妹ができた。中学から一貫の高校は相変わらずだ。中学入学と同時にできた三人組も、もう三年以上のおつきあい。お互いの考えていることや行動パターンがなんとなく身にしみこんでいる。東京の全寮制男子校に進学した悠也とは、月に一、二回デートするようになった。いちおう恋人どうしと言ってよい。これは父にも蓉子さんにも語ることがない秘密。最近やたらと家が静かなのはなぜだろうと思っていたら、父の小説がなんとかいう賞の候補作になり、そのことがきっかけで山野内家はおかしくなってしまう。「第三部」

早く大人になりたい、変わりたい、という気持ち。まだ知らないことを、全部、知りたい。でも変わりたくもない。恋ってなぁに?という荒野が十二歳の第一部。恋、とか、好き、という気持ちは、相変わらず、わかったようなわからないような、不思議なもの。でも、好きな人もしたがるよ、という、見え始めたそれは、なんだか不気味なようにも思えてしまう荒野が十三歳の第二部。男子は男子、女子は女子で固まってけっして相容れることがなかった中学のお子ちゃまのころから、いつのまにか、恋の秘密も、性の発見も、大勢ではなく、二人きりで共有するものになった荒野が十五歳の第三部。荒野が少女から少しずつ大人の階段を登っていく作品だ。

レトロな雰囲気が漂う古都鎌倉。その町で育つ青臭い少女たち。少し匂いフェチっぽい地味な荒野、すごく美人さんなのに女の子好きな江里華、スポーツ万能で活発な麻美。出会った当初に一番おませなのは、大人びた江里華なのに、高校生になると、彼氏持ちの麻美が先を行って、彼女があれこれ語る体験談がたいへん貴重になっていく。そんな風に、成長速度の違う三人のバランスがすごく良かったと思う。

女性をとっかえひっかえするのはいかがなものか、という嫌悪を抱きそうな小説家の父だけれど、真面目にキザなセリフを言うのがユーモラスで、どこか憎めないのだ。それに、一緒に住み出した頃は、子供扱いをしていた蓉子さんと荒野の関係も、いつの間にか、嫉妬に苦しむ蓉子さんを荒野が気遣うようになっている。作品のラストでは、対等のおんなとして、蓉子さんの背中を押す荒野が印象的だった。

「赤朽葉家」では女三代を描いていたが、本書では、荒野の十二歳から十六歳までの成長過渡期を描いている。この年頃の一年って、女子にとってはすごく大きな変化があると思う。自身の身体の変化もあり、好きという一言の重みも変わり、なにより、女子が女性、男子が男性というように、時間の流れが急速に変わっていく。その変換期を抽出した本書は、すごく読み応えがあった。

サイン会に参加してきました。

さくらば_r1

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」


ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

桜庭一樹
トラックバック(11)  コメント(22) 

Next |  Back

comments

しんちゃん こんばんは。
私もサイン会行ってきました~。
桜庭さんは「ほわぁぁん」として、儚げな感じ
でとても素敵でした。
それにしても、サインしてもらうのって
めっちゃ緊張しますね~(笑)
(本の感想じゃなくてスミマセン)

naru:2008/06/19(木) 20:57 | URL | [編集]

naruさん、こんばんは。
おーっ、naruさんも行きましたか。
なかま♪なかま♪ハイタッチだ、いぇいっ♪

順番が前だったので、緊張する間もなく前に立っちゃいました。
でも、お礼を言って立ち去るときは手がびちょびちょ(笑)
当然だけど、サイン本を買うのとはありがたさが違いますね。

しんちゃん:2008/06/19(木) 22:06 | URL | [編集]

こんにちは。
お二人ともサイン本なのがうらやましい。
仲間じゃないけど…。(ちぇっ)

で、この本の感想ですが、おもしろかったです。
子供っぽい感じから少しずつ変化していく荒野の姿が丁寧に描かれていましたね。
周りの大人の世界もうまく描かれていたし。
荒野のほわ~んとした雰囲気は桜庭さんに近いものがあるのかしらん。

mint:2008/06/24(火) 12:07 | URL | [編集]

mintさん、こんにちは。
ちぇっ、ですよね^^;
恋が少しずつ見えてくる段階が面白かったです。
大人の世界はちょっと生々しいですけれど。
そうそう、ほわ~んは近いかもしれませんね。

しんちゃん:2008/06/25(水) 12:46 | URL | [編集]

こんばんは~。
荒野や、同級生のちょっとずつだけど、着実な成長の姿がとても瑞々しい、と感じる作品でした。仰るように、女性にとって特に十代のこの時期というのは、非常に多感で色々なものが変わるんだな、というのが強く感じました。「少女」と言うテーマで多くの作品を書いている桜庭さんならでは、なのかな、とも。

サイン会行かれたんですね。私自身は、行ったことがないのですが、実際に作家さんを目の前にすると、滅茶苦茶緊張するだろうな、と思います(^^;)

たこやき:2008/06/29(日) 21:57 | URL | [編集]

たこやきさん、こんにちは。
女子どうしの会話や、男子との距離感が絶妙でしたね。
暴れるサルだった男子が、さり気ない優しさを見せる場面にキュンでした。
乙女かよ!と自分でツッコミを入れておきます^^;

また、サイン会があれば参加したいな~。
これが人生二度目のサイン会でした(笑)

しんちゃん:2008/06/30(月) 12:04 | URL | [編集]

気持ちや肉体の変化、荒野の変化が丁寧に描かれてましたね~。にきびを気にする様子とか、そうそう、そんな時期もあったなぁと懐かしくもあり。荒野の初々しい恋も、微笑ましかったです。

桜庭さんのサイン、可愛らしいなぁ~。
サイン会行ったことないので、羨ましいです~(>_<)

エビノート:2008/07/09(水) 20:25 | URL | [編集]

エビノートさん
女子の成長も男子の成長もするどい視点で描かれていましたね。
キューンときました。これだから桜庭さんが好きです。

むふふ、サインは名前入りです。お宝~!

しんちゃん:2008/07/10(木) 12:54 | URL | [編集]

こんばんは!
変化していく多感な少女時代があますことなく描かれていて、レトロな鎌倉の雰囲気もぴったり,
気持ちよく読み終えました。
サイン会って北海道ではめったにないので、名前入りが羨ましいです。私が本屋の平積みで購入したサイン本のだるまさん(?)は金色でした。

雪芽:2008/07/21(月) 22:14 | URL | [編集]

雪芽さん、こんにちは。
少女の大人への一歩は、さすがは桜庭さんって感じでした。
特設HPの鎌倉マップも面白かったです。
サイン会は東京ほどありませんが、大阪はまだある方かも。
お付の人がスタンプを押してシールを貼っていましたよ。

しんちゃん:2008/07/22(火) 12:21 | URL | [編集]

おっと、サイン本。
桜庭さんのサイン可愛らしいですね~。

主人公の〈荒野〉の心のゆれ、そのほかの女性陣も興味深くっておもしろかったです。
鎌倉の雰囲気とあってました。
そして、個人的にはものすごくおとーさんが好きでした。出番をついつい心待ちに…

ちきちき:2008/07/31(木) 22:06 | URL | [編集]

ちきちきさん
少女の心の揺れはもう文句ナシでしょ。
だらしないおとーさんだけど印象に残るよね。
個人的には麻美ちゃんラブでした。

しんちゃん:2008/08/01(金) 11:53 | URL | [編集]

こんばんは。
麻美ちゃんラブだったんですね。
私は江里華の実らぬ恋が気にかかりました。
少女から大人へ…
桜庭さん、本当に上手に表現するなぁって感心しました。

なな:2008/08/02(土) 21:59 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
元気印には弱いかも。逆の病的な子とかも。(おい)
でも設定としては江里華の方が面白かったですね。
少女だけでなく男子の成長もいいな~と思いました。

しんちゃん:2008/08/03(日) 19:37 | URL | [編集]

おおーっサイン本。サイン会はあれですね、ドキドキとあせりで確実に寿命を1日位縮めてくれます。
そして女の子は男の子にとって永遠の謎であり、この本もちょっとドキドキです。

たまねぎ:2008/08/04(月) 13:42 | URL | [編集]

たまねぎさん
お宝だからいつもより大事に本を扱うし、大事に読みました。
あの嬉しいドキドキは忘れない。いや、忘れたくないです。

しんちゃん:2008/08/05(火) 12:38 | URL | [編集]

TBさせていただきました。
サイン会うらやましいです!!
この本すごく私好みでした。面白かったですし、荒野と悠也が本当よくて。
桜庭さんの小説はやっぱり好きだなーと思いました。

masako:2008/11/10(月) 23:43 | URL | [編集]

masakoさん、こんにちは。
大人でも十分楽しめる内容でしたね。
少女たちの青さがかわいくて、微笑ましかったです。
サイン会は、ね(笑)

しんちゃん:2008/11/11(火) 11:57 | URL | [編集]

(*'▽'*)わぁ♪ サイン会行ったのですね♪いいなぁ~うやらましぃ~
今まで読んだ桜庭作品がとても重かったので、こういう爽やかなお話もあるんだ~と読んでほっとしました。(笑)とても可愛らしい恋愛物語でしたね♪
個人的には、ちきちきさんと同じく妙にお父さんが気になるというか・・・くさいセリフがツボでした。(笑)

板栗香:2008/11/22(土) 23:41 | URL | [編集]

板栗香さん
申し訳ないです。新刊「ファミリー~」でまた、サイン会に行く予定です。
そういえば、本書のように黒くない少女たちは初めて読んだかも。
絶倫お父さんはゲゲっときますが、憎めない人でしたね。

しんちゃん:2008/11/23(日) 22:32 | URL | [編集]

少女から大人へと変わる時期の不安や戸惑い、
あまりに鮮やかで胸がキュンキュンしました。
桜庭さん、ほんとうまいです。
桜庭さんってこういう気持ちを記憶してるんでしょうか?
それとも書いているとイタコ状態になって
少女の気持ちになってしまうんでしょうか?
なんてことつい考えてしまいます。

june:2009/01/08(木) 22:26 | URL | [編集]

juneさん
そうそう、著者に少女が憑依しているかのような瑞々しさでした。
自分は男子でしたけれど、少女からの転換期はすごいと思いました。
また、三者三様でかわいかったです。

しんちゃん:2009/01/09(金) 21:02 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『荒野』 桜庭一樹


今日読んだ本は、桜庭一樹さんの『荒野』です。 主人公の山野内荒野(やまのうち こうや)が子供から大人に成長していく姿を描いています。

2008/06/24(火) 12:00 | いつか どこかで

(書評)荒野


著者:桜庭一樹 荒野(2008/05/28)桜庭 一樹商品詳細を見る 山之内荒野、12歳。いつも、周囲に女の人の姿が絶えない「恋愛小説家」の父と、...

2008/06/29(日) 21:50 | 新・たこの感想文

荒野 〔桜庭 一樹〕


荒野桜庭 一樹文藝春秋 2008-05-28売り上げランキング : 2225おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 山野内荒野、十二歳。 恋愛小説家の父と暮らす少女に、新しい家族がやってきた。 “恋”とは、“好き”とは? 感動の直木賞受賞第一作。

2008/07/09(水) 20:18 | まったり読書日記

「荒野」 桜庭 一樹


   荒野  桜庭 一樹  単行本: 506ページ  文藝春秋 (2008/5/28) 桜庭さんの小説初読み。 直木賞作品の『私の男』もその前の『赤朽葉家の伝説』も手元にありながら、読むきっかけを逸してしまい積読本と化す。ああ、もったいなや。エッセイは1冊読みま

2008/07/21(月) 22:05 | コンパス・ローズ  compass rose

桜庭一樹【荒野】


視線を感じて振りむくと、レジの奥で和服のおばあさんが、微笑みながらこちらをみつめていた。薄暗い夕刻の店内で、あの老いた女の人は、ど...

2008/07/29(火) 12:49 | ぱんどらの本箱

荒野


JUGEMテーマ:読書 山野内荒野、12歳。恋愛小説家の父と暮らす少女に、新しい家族がやってきた。“恋”とは、“好き”とは? 感動の直木賞受賞第一作 『私の男』で直木賞を受賞した桜庭さんの、受賞後第一作の登場です。 北鎌倉の旧家で、恋愛小説家の父、若いお

2008/07/31(木) 22:06 | ぼちぼち

「荒野」桜庭一樹


荒野 桜庭 一樹 JUGEMテーマ:読書 北鎌倉の旧家で、恋愛小説家の父、若いお手伝いさんと3人で暮らす12歳の少女・山野内荒野(こうや)。中学の入学式に向かう電車で彼女は一人の少年に助けられるのですが、教室で再会した彼はなぜか氷のような視線を荒野に投げかけ

2008/08/02(土) 21:59 | ナナメモ

荒野/桜庭一樹


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/8/16~2008/8/17 [文藝春秋HPより] 山野内荒野、12歳。恋愛小説家の父と暮らす少女に、新しい家族がやってきた。“恋”とは、“好き”とは? 感動の直木賞受賞第一作

2008/08/30(土) 00:45 | hibidoku~日々、読書~

桜庭一樹 『荒野』


荒野/桜庭 一樹 ¥1,764 Amazon.co.jp 山野内荒野、十二歳。恋愛小説家の父と暮らす少女に、新しい家族がやってきた。“恋”とは、“好き”とは? 面白かったです。こういうお話かなり好き。ミステリーでもないのに続きが気になってしまって、1日で読んで

2008/11/10(月) 23:38 | 映画な日々。読書な日々。

桜庭一樹  荒野


はぁ~とってもキュートで可愛らしいお話でした。桜庭作品を読むのは『赤朽葉家の伝説』『私の男』に続いて3作目。結構重たい内容の話を書く作家さんというイメージだったんですが、本作はさくっと読めてしまう本でした。 本作は、ファミ通文庫で出ていた『荒野の恋』の

2008/11/22(土) 23:35 | マロンカフェ ~のんびり読書~

「荒野」桜庭一樹


荒野クチコミを見る 桜庭さんは、閉ざされた世界に住む少女の気持ち、痛みをすごくリアルに描く人だと思っているので、タイトルを見たとき、どんな心の荒野が描かれるんだろうと思ったんです。 それが、読み始めてみたら、まるで少女マンガかラノベのような世界だった...

2009/01/08(木) 22:28 | 本のある生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。