--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.20

「星のひと」水森サトリ

水森

星のひと

中学三年の槙野草太を中心に据えた、「ルナ」「夏空オリオン」「流れ星はぐれ星」「惑星軌道」四つの連作短編集。

「ルナ」
体が重い。心も重い。重力が重いのだ。女子の仲良しごっこがくだらない。やかましい母親。小汚い部屋。幼い頃のはるきは本当のお母様からのお迎えを待っていた。本当は大金持ちの家の娘だ。いつかきっと本当のお母様が現れて、このあばら家から救い出してくれる。もちろんそんな夢想はすぐに終わった。でも、いまだに終わらない思いがある。自分の居場所はここではないこと。自分は何か、特別な存在であること。いつの日か、必ず、何かすごいことをやってのける。ある日、クラスメイトの草太の家に隕石が落ちた。あの隕石は、ほんのわずかに軌道がずれれば、自分の上に降っていた。あと一歩で自分が主役になれたのに。そんなイライラが爆発して、UFOを召喚する約束をしてしまった。

「夏空オリオン」
槙野草一郎、三十五歳。今年で勤続一五年。もがき続けた年数は、そのまま息子の年齢と重なっている。草一郎の結婚は、いわゆるできちゃった婚であった。息子の草太は誰からも望まれず胎内に宿った。せめて草太が成人するまでは、演じきらねばならない。愛しあう夫婦。円満な家庭。全責任を負うなどと豪語しておきながら、今では家事も子育でも、ほとんどさっちゃんに任せきりだ。墓場まで持っていく決意でいた愛してるの嘘も、すでにメッキが剥げ落ちている。さっちゃんには、どれほど感謝を尽くしても足りない。尊敬もしている。だが、ひとりの女性としてどうかと言えば、太ったさっちゃんに欲情のカケラも抱けなくなって久しかった。そして、星降る夜に、夫婦は崩壊に向かい加速を始める。

「流れ星はぐれ星」
ビビアンは尽くした。骨までしゃぶらせるほど貢いだ。そうするに足る男だった。それが突然ぽいと捨てられて、行くあてのないままホテルに泊まった。明日からの暮らしのことは、明日になったら考えよう。翌朝、テレビの中に、遠い初恋の人が映っていた。隕石が民家を直撃というニュースとともに。かつてお隣に住んでいた、八つ年上のお兄さん。それは恋と呼ぶにはあまりに幼い思い出だ。なにしろ当時のビビアンは、まだ男子小学生だったのだ。しかし、心の奥底にしまい込んでいた思いが、一気にあふれ出してくる。今でも草ちゃんがいちばん好き。草一郎に会いに行こう。ビビアンは自分を焚きつけて、化粧もそこそこ、一〇分後にはホテルを飛び出していた。

「惑星軌道」
暑さにダレた教室に、目が覚めるニュースが飛び込んできた。草太の家の屋根に隕石が直撃したのだ。クラスメートはきゃっきゃと草太に群がったものだが、明浩にはそんな真似はできやしない。関心の片鱗も覗かせず、だが内心ではウズウズとしていた。斜めに生きる者として。肩で風切る者として。理科系オタク少年のような、あどけなくも辛気臭い趣味は、あってはならぬことだった。だが、隕石である。宇宙から飛来した隕石は、地球よりも高齢である可能性がある。なんと地球よりもだ!欲しい。隕石がどうしても欲しい。草太に譲って欲しいと切り出したいが、なかなかきっかけがつかめずにいたその日、明浩と草太は七人の若者にボコられて、気がつけば、ボートに乗せられて川の上を漂っていた。

はるき、草一郎、ビビアン、明浩に草太とオールキャスト、という流れで、槙野家への隕石直撃の前後を描いた作品だ。「ルナ」はとにかく青い。自意識の塊のようであるはるきだけれど、自分をイジメる相手を逆に不憫に思ってしまう強さがある。そういったイジイジしない部分に好感が持てた。「夏空オリオン」は草一郎の異星人ぶりが目立った。ばかみたいに優しいひとで、なんでもかんでも受け入れてしまう。だけど、こういう人と結婚したさっちゃんは大変だ。でも寂しいストレスからぶくぶく太り、暴言を投げつけることで、心を開かそうとするのは間違っている。結婚前のエピソードを読むと、どっちもどっちかな。明らかにさっちゃんは変な人だし。「流れ星はぐれ星」はビビアンの乙女ぶりがかわいらしかった。最後に見せる老獪な部分も笑えた。「惑星軌道」は明浩の不器用さや、太陽のような草太の根っこが見られて、さらに全員集合で各話のその後が披露される。そして、タイトル「星のひと」の意味がわかる。

デビュー作である「でかい月だな」でも思ったが、人物の心理描写が抜群に上手い。ちょっと複雑な部分をさらりと書いてしまうのだ。「ルナ」のはるきのような息苦しさだけでなく、すべての人たちが、《本当の自分はべつにある》と思っている。その痛みは誰にでもあって、その痛いところをちくちくと突いてくる。自分で言えば、「惑星軌道」の明浩がよく似たタイプだった。やんちゃをしているからこそ、本当の自分を出せない。カッコ悪いと思っているのだ。そういう痛さが、すごく共感できた一冊だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(10)  コメント(16) 

Next |  Back

comments

私は、はるきの思いに痛いなぁと思いながらも共感しました。特別な何かでありたいと願った時期があったので、懐かしくって。
水森さん、今後も期待大ですね♪

エビノート:2008/06/20(金) 21:54 | URL | [編集]

こんばんは。
私はさっちゃんの「愛されたかった」って気持ち
「デブ」って言葉まではがんばるって気持ちが
わかりました。
方法はどうかな…とは思うけどね。
次作が待ち遠しいです。

なな:2008/06/20(金) 22:11 | URL | [編集]

エビノートさん
こういうくすぶる気持ちはありませんでした。
イライラもなかったです。でも、わかります。
はるきちゃん、かわいかったです。

しんちゃん:2008/06/20(金) 22:39 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
さっちゃんの大変さはわかるけれど、好きになれなかったです。
夫目線しかなかったですが、あの罵倒に引いてしまいました。
草一郎も痛いけど、さっちゃんも痛かったです。

しんちゃん:2008/06/20(金) 22:46 | URL | [編集]

中学生たちの気持ちの描写はお見事でした。
登場人物、みんなそれぞれダメなところもあるけど、否定するばっかりじゃなくて良かったです。
ラストがすごく好きでした。

ちきちき:2008/06/22(日) 21:23 | URL | [編集]

ちきちきさん
中学生たちの痛さはかわいらしかったですね。
太陽の人だと思われた彼にもいろいろあると分るし。
最後は都合よろしいけれど爽快でしたね。

しんちゃん:2008/06/23(月) 12:23 | URL | [編集]

本当の自分は別にあると信じている思いが、切実に感じられました。
誰にでもそういう気持ちは多かれ少なかれあるのでしょうね。
「でかい月だな」は、SFのところが???だったので、「星のひと」という題名から、SFの話が出てくるのかと思ったら、今度はなかったですね。

花:2008/07/27(日) 21:27 | URL | [編集]

花さん
この作家さんは、本当に心理描写が上手いと思います。
自分はべつにある、という痛い思いがすごくわかります。
それに、サカナが出なくて良かったですよね(笑)

しんちゃん:2008/07/28(月) 19:22 | URL | [編集]

しんちゃんは"少々個性が強い高校生"(笑)だったからこそ特別な何かであることを欲しなかったのかなと思います。平凡な子にはそういう思いがあったと思います。
ちょっとバランスが悪いなとは思いましたが、こういう小説は好きです。

リベ:2008/08/07(木) 22:33 | URL | [編集]

りべさん
うーん、自分はりべさんにどんな風に思われているんだ^^;
前作よりは読みやすいけれど、前作よりは大人しい。
そんな作品だったと思いました。今後も要チェックです。

しんちゃん:2008/08/08(金) 10:49 | URL | [編集]

しょっぱなのはるきにイライラしながらも共感してしまって引き込まれましたね。あのUFOを呼ぶところで草太と七海の演技に、ぐぐっときちゃいました。
それぞれすごくよかったです。草一郎とさっちゃんの関係が冷めてたのはびっくりでしたけど、実はさっちゃんの想いは・・・って分かった時救われました。

高宮君ほどカッコウいいもんじゃないですけど、私も周囲にこう思われてるなら、そうしてあげる的なところがあって、やっぱり損な性格って実感しました。(爆)

じゃじゃまま:2008/08/15(金) 00:22 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
はるきの青さは好感が持てました。
でもさっちゃんは生理的にダメでした。
え~っと、高宮君って誰だっけ。すみません(汗)
性格は分かっていても直せないよね。

しんちゃん:2008/08/15(金) 12:08 | URL | [編集]

しんちゃん、こんばんは。
高宮・・・あ、そっか。明浩でしたよね、しんちゃんが自分にも似てるって思ったあの彼です。

どうせ周りにこう思われてるなら、期待通りそうしてあげる的なとこが、私にもあって・・・痛いですね。

じゃじゃまま:2008/08/15(金) 21:51 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
何度もすみません!自分が一番共感していた少年でしたか(汗)
そういうのは学生時代にはありました。でもいつからかなあ。
恥ずかしがらずに、素の自分が出せるようになっていました。
別に痛くないですよ。それも処世術ですから。

しんちゃん:2008/08/16(土) 10:51 | URL | [編集]

しんちゃん、こんにちわ。
↑のじゃじゃままさんとのやり取りに笑ってしまって(あれ?一番共感してなかったか?と)書こうと思ったことが吹っ飛びました(笑)。
「でかい月だな」で中学生の描写がすごい!と思ったんですけど、ここでは中学生に限らずさらに広がった気がします。
でも一番共感できたのははるきでした。

june:2008/09/07(日) 11:22 | URL | [編集]

juneさん、こんにちは。
明浩と高宮のすれ違いを笑うなんてヒドイ(笑)
だって自分の書いた文章に高宮がいないのですから。。
確かに広がってきました。ビビアンなんておもしろキャラは初でしたね。
女性ならはるきでしょうね。おいらは高宮明浩です^^;

しんちゃん:2008/09/08(月) 11:13 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

星のひと 〔水森 サトリ〕


星のひと水森 サトリ 集英社 2008-04売り上げランキング : 125761Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 離れていても、星は互いに引かれ合っている。 中3の草太の家に落下した隕石は、人々に思わぬ運命を引き連れてきた…。 星はめぐり、人々は集う。 生の

2008/06/20(金) 21:45 | まったり読書日記

「星のひと」水森サトリ


星のひと 水森 サトリ JUGEMテーマ:読書 離れていても、星は互いに引かれ合っている。中3の草太の家に落下した隕石は、人々に思わぬ運命を引き連れてきた…小説すばる連載。 あっという間に読めて、なかなか面白い本でした。水森さんの描く人間って「どんなに近...

2008/06/20(金) 22:11 | ナナメモ

星のひと


JUGEMテーマ:読書 第19回小説すばる新人賞受賞第一作 夜明け前の住宅街に隕石が落下。その日から人びとの日常は変化し始める。星が引き寄せた、隕石が落ちてくるよりも、もっと大きな奇跡の物語。生の輝きを、みずみずしくうたいあげる連作集。集英社HPより お

2008/06/22(日) 21:23 | ぼちぼち

本「星のひと」


星のひと 水森サトリ 集英社 2008年4月 中3のはるきは、亜子、七海の仲良しグループに入っていたが、いつも月ばかり見ていた。ある日、マキノ(草太)の家に隕石が落ちる。はるきは、自分の上に降っていたら主役に慣れたのにと思う。そんな時、は

2008/07/27(日) 21:20 | <花>の本と映画の感想

星のひと (水森サトリ)


(本の内容) 特別な存在でありたいと願う中3のはるき。 ある日、同級生の草太の家に隕石が落ちて来たことに嫉妬して、UFOが呼べると言ってしまい…。 星はめぐり、人々はつどう。生の輝きを描く瑞々しい連作集。 ...

2008/08/07(木) 22:32 | 今夜も読書を

星のひと 水森サトリ著。


≪★★★☆≫ 自分の居場所はここじゃない、と今いる場所に違和感や居心地の悪さを感じている人たちの連作集。 自分は違う星から来たんだ、そう思うことで楽になろうとしている少女、はるき。そんなはるきのことが気になってついついかまってしまう草太。 誰にでも優しい

2008/08/15(金) 00:10 | じゃじゃままブックレビュー

「星のひと」水森サトリ


星のひと 「でかい月だな」がよかったので、気になっていた水森さん。「でかい月だな」で描かれていたわけのわからないような焦りだとか痛さに、すごく惹かれたのです。「星のひと」は、そういうところはしっかり残しながら、登場人物の幅も広がってさらに読みやすくな...

2008/09/07(日) 11:23 | 本のある生活

星のひと/水森サトリ


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/11/17~2008/11/18 [集英社HPより] 第19回小説すばる新人賞受賞第一作 夜明け前の住宅街に隕石が落下。その日から人びとの日常は変化し始める。星が引き寄せた、隕石が落ちてくるよりも、もっと大きな奇跡の物語。生の輝きを

2008/11/28(金) 00:03 | hibidoku~日々、読書~

星のひと/水森サトリ


星のひと/水森 サトリ¥1,680Amazon.co.jp 【第19回小説すばる新人賞受賞第一作。 特別な存在でありたいと願う中3のはるき。 ある日、同級生の草太の家に隕石が落ちて来たことに嫉妬して、UFOが呼べると言ってしまい…。 星はめぐり、人々はつどう。生の輝き

2009/01/07(水) 11:01 | 狭間の広場

水森サトリ 「星のひと」


隕石が自宅に落ちたことにより、今までの家族の鬱憤が吐き出されて、バラバラになってしまった家族。思い続けていたことにやっと気づいた幼馴染。それらがひとつの方向に向かい、再び収束へ。ちょっと青春かな。

2010/07/27(火) 21:06 | ゼロから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。