--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.21

「シルエット」島本理生

シルエット (講談社文庫)シルエット (講談社文庫)
(2004/11)
島本 理生

商品詳細を見る

冠くんに初めて出会ったとき、彼を霧雨のような人だと思った。二人の始まりがどこだったのか、正直よく分からない。言葉の量よりもタイミングや空気で伝えようとする彼に、必死で耳を傾けた。そんなとき、自分の気持ちがたしかに彼に全身全霊で向かっていることを感じていられたし、彼もまた、わたしのそういう心をしっかりと感じとって、絶妙なタイミングで笑顔を返した。冠くんには秘密が一つだけあった。冠くんの母親は浮気をくり返すようになって、とうとう父親のほうが激しい口論の末に妻を刺して逃走した。母親は寝たきりになったという。

それ以来、女の人の体に嫌悪感がある冠くん。それは徹底していた。手をつなぐことさえも、例外ではなかった。冠くんと恋愛するようになって、わたしはようやく自分の存在を認められたようで嬉しかった。ただ、彼は、わたしの肉体までは愛することができなかった。あのときのわたしは自分に自信のない子供だった。自分のすべてを認めて肯定してくれる存在を必要としていた。そして彼はそんなわたしの一部分だけを愛した。冠くんと別れ、むちゃくちゃな精神状態のまま半ば居候のように転がり込んだ遊び人の藤井。今の恋人、大学生のせっちゃん。

せっちゃんとの毎日は楽しい。けれど気を緩めるとすぐに、あの日々に引き戻されそうになる。それはまるでわたしが望んでいるかのように強く、後ろ髪を引く。こんなにもせっちゃんを本気で好きなのに、冠くんとのことはまるで別格のように自分の中に今でもはっきりと存在していることに我ながら唖然としてしまう。女子高生の内面を鮮やかに描いた群像新人賞優秀賞の表題作と、「植物たちの呼吸」「ヨル」を収録。

自分が高校生だった頃とあまりにも隔たりがありすぎて、少し引いてしまった。今の女子高生って、男の家に入り浸ってやりまくりなんだろうか。しかも、男の家から学校に行くなんてことは考えられない。これが男ならさもありなんだけど、女子高生がねえ。でも、心理的な描写はさすがに上手いと思った。誰かと触れて安心したいという想い。だけど、冠くんは手も触れてくれない。肩を抱いてくれない。そういう寂しさは、すごくこちらに伝わってくる。その点でいえば、今彼のせっちゃんは安心をくれる。だけど、冠くんを忘れられないことにもやもやもする。好きなまま別れたのだから。今彼がいて、元彼を想って心が揺れるのだけれど、こういう上手く折り合いがつけられない青さが、不器用さが、等身大の女子高生と言えるかも。

熱くならずにどこまでも静かで、それでいて揺れる想いが熱い。これって若さだなぁと思った作品だった。恋人の部屋で恋人を待つ女性を描いた「植物たちの呼吸」と、自分の存在を否定されることを恐れる少女を描いた「ヨル」の二作品。この女の子たちの不安感もなるほどなぁと思った。でも、やりまくりは…ねぇ。ちょっと衝撃度が大きかった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

島本理生
トラックバック(4)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

おはようございます。しんちゃん。
確かに、やりまくり・・こういう展開に安易にもっていくのってどうなんでしょうね(苦笑)
とにかく性描写が稚拙で夢のようで(爆)、読んでいて恥ずかしくてたまりませんでした。

ゆう:2008/06/22(日) 08:31 | URL | [編集]

ゆうさん、こんにちは。
ああいう中途半端描写なら、なくても良かったような・・・。
今の島本さんなら心の揺れだけでいけたでしょうが、若さですかねぇ。

しんちゃん:2008/06/22(日) 12:20 | URL | [編集]

しんちゃんの記事を読んで思い出しました。
思いだせなくて気持ち悪かったのでよかったです^^;

そういえば島本さんの作品の性描写には
無理してる痛々しさを感じてました。
なくてもいいのに・・と。
たぶん若さでしょう。

june:2008/06/23(月) 15:00 | URL | [編集]

juneさん
たはっ、言い換えれば内容を書きすぎ。
あらすじで読むブログです(笑)

ちょっと浮きまくったえっち場面でしたね。
そう、なくてもよかったような…。

しんちゃん:2008/06/23(月) 21:02 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

シルエット 島本理生


いろいろなタイプの男性との出逢いや別れを通して、戸惑いながらも成長していく女子高生の恋愛を瑞々しく描く。 前の彼の面影を今の恋人に重ねてしまうなど、まだ幼さの残る女子高生の「恋愛ごっこ」は、とてももどかしく、また、気恥ずかしくなる部分が多く感じられた。...

2008/06/22(日) 08:32 | かみさまの贈りもの~読書日記~

シルエット


シルエット 島本理生 全編を通して、静かだけれど、張り詰めた糸のような危なっかしい繊細さが感じられた。自分ではどうにもならない気持ちを抱えてしまうと、それが生活の全てになってしまった頃。終わってしまったものに囚われて、逃れようともがけばもがくほど、...

2008/06/23(月) 15:00 | 本のある生活

「花が咲く頃いた君と」豊島ミホ


花が咲く頃いた君と 豊島さんの作品だから、痛いだろうなと思いつつ手にとりましたが、やっぱり痛かったです。痛くて切なくて・・こういう話を書くと、豊島さん本当にうまいなって思います。 ひまわり、コスモス、椿、桜、と花をテーマにした4つの短編。最後の2編、...

2008/06/23(月) 15:03 | 本のある生活

『シルエット』 島本理生 講談社文庫


シルエット 島本理生さんのデビュー作。 冠くんに出会ってからの主人公の恋愛感をみずみずしく描いている。 過去のトラウマより、女性に触れられるのを嫌う冠くん、自分が変えられると思いつつも、それさえも拒否する彼とは長続きはしなかった。別の人と付き合い...

2008/06/24(火) 22:47 | みかんのReading Diary♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。