--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.22

「福袋」角田光代

福袋福袋
(2008/02/15)
角田光代

商品詳細を見る

人生に“当たり、ハズレ”なんてない!? 謎で不可解な届け物や依頼、または同僚や夫など身近な人の不可解さに出くわしたら、あなたならどうする? 8編の短篇をとおして、直木賞作家が開く、人生のブラックボックス。《アマゾンより》

角田さんの作品は、大きく別けるとしんどい系とありがとう系の二種類がある。しんどい系とは、読むとへとへとに疲れる作品だ。ありがとう系とは、よくぞ書いてくれた、ありがとう、となる作品だ。そのありがとう系の代表作が、「この本が、世界に存在することに」「Presents」の二作品だ。本書のジャケを見て、ありがとう系を予想して手を出すことにした。これが微妙だ。読みやすいし、かわいらしいユーモアもある。でも、人間の嫌な部分も描かれている。これに疲れるかといえば疲れはこない。どちらかの系統でいうと中間にあたる作品だ。ではさらっと内容紹介を。

「箱おばさん」
駅ビルの地下にある洋菓子屋で働いている私。そこへずいぶん大きな段ボール箱を抱えたおばさんがやって来て、すぐに戻るからと強引に段ボール箱を置いていった。いつまで待っても箱おばさんは帰ってこない。店長にぐちぐち嫌味は言われるし、それに箱の中身はいったい何だろう。

「イギー・ポップを聴いていますか」
それはどう見たって、捨ててあるのではなく、届けられたもののように見えた。家の真ん前には電信柱があり、そこはゴミ集積場になっているから、ごくふつうに考えれば、それはゴミだ。そのきちんとした紙袋を、拾いものではなく、届けものだと思うことにして、そっと家に持ち帰った。

「白っていうより銀」
二人ではじめたことを二人で終わらせる。そんな必要もないのに二人で離婚届を出してきた。それから、握手することもなく礼を述べ合うこともなく、互いに背を向けて、駅のホームへと続く階段を駆け上がった。すると、トイレに行く間だけと言って、若い母親が赤ん坊を押しつけて走り去ってしまった。

「フシギちゃん」
恋人が女とメール交換をしていることを年上の同じ派遣社員に言うと、一緒にごはんを食べようと誘われた。その長谷川さんはかつて、恋人の部屋で居候していたと言う。そして、彼の留守の間に、引き出しを開け、箱という箱を開け、棚という棚をのぞいて見た。すると、ついにパンドラボックスを見つけてしまった。

「母の遺言」
母の四十九日に集まった四人の兄妹。母にずっと付き添っていたのは、実家を離れたことがない長女だった。その長女から、形見分けと遺言状が遺されていることを知らされる。まとまったお金があることが分かり、兄はいかがわしい店のオープン資金、姉は悲劇のヒロインを演じて苦労の報酬、まじめな妹はユニセフに寄付、私はわけのわからない借金を抱えている。はたして遺言状の中身は。

「カリソメ」
二つ年上の友彦とは、出身大学や学部が同じというだけで親近感を覚え結婚したが、三年半、夫だった友彦は、二週間前に出ていった。本気の相手は、二十四歳のフリーターだった。もうここにはいない友彦宛の郵便物の中に、同窓会の通知があった。交際中も結婚後も、友彦の友人に会うこと、名前も聞いたことがない。何ひとつ知らないことが薄気味悪くなったので、同窓会の代理出席を決めた。友彦がどんな男だったのか、訊いてみようと思ったのだ。

「犬」
珠子とはお見合いパーティーで出会い、結婚前にはお試し期間が必要というわけで、同棲することにした。新居に一軒家を見つけて引っ越してきたら、前に住んでいた人の飼い犬が玄関前にいたので、犬を飼い主のもとへ届けに行った。すると、その女は感謝の言葉もなく、再会を喜ぶ気配も見せない。それ以降、珠子は犬の様子を毎日見張りに行くようになった。

「福袋」
炎天下、私はさっき会ったばかりの女性と大阪の街を歩いていた。私よりひとつ年下の彼女は、兄の恋人ということだった。その三重子の情報では、兄はこの繁華街の一角にあるラーメン屋で働いているという。中学高校とあがるにつれ、どうしようもない男になってしまった兄だが、ついに犯罪者にまでなってしまった。私は亡くなった母の言葉を言ってやるつもりで、兄に会いにきたのだ。

開けてびっくり、何がでてくるのかな、といった作品集だ。モノであったり、記録であったり、理由であったり、猜疑心であったり、思わぬものであったり、借りの姿であったり、本当の姿であったり、本心であったりと、実際に読んでみないと中身がわからない。そこにいろんな意味があって、それを知ることで、それ以前とそれ以後の関係性や見えてくる風景が変わってくる。それはいい方向に向かうばかりではない。見ない方が良かった場合もある。それを開けるかどうかは本人次第。あなたならどうしますか?

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

角田光代
トラックバック(6)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

しんどい系とありがとう系…なるほど!
そして、これは確かに微妙でしたね。
でも角田さんならもっとしんどい系にできた気もして、それよりはダメージ少なかったので良かったかな??

ちきちき:2008/06/22(日) 21:19 | URL | [編集]

しんどい系とありがとう系、
うまい表現だ。
角田さん、どちらかというとしんどい系が多いような気がします。
でも、好きです。

なな:2008/06/22(日) 22:11 | URL | [編集]

ちきちきさん
しんどい系の一歩手前でしたね。
個人的にこういうブラックな作品は好きでした。
この系統ならまた読みたいと思いました。

しんちゃん:2008/06/23(月) 12:16 | URL | [編集]

ななさん
角田さんのしんどい作品は苦手です。
ですが、これぐらいの内容だったらカモーン。
いつでも大歓迎です。

しんちゃん:2008/06/23(月) 12:19 | URL | [編集]

私は黒角田、白角田、グレー角田って勝手に呼んでましたが、ありがとう系としんどい系も、なるほどな分け方です。
たしかにしんどい系の一歩手前。私もこれはブラックの手前のグレーだなって思いながら読みました。
角田さんのしんどい系、読むのはホントしんどいのだけれど、なぜか読んでしまうんですよねぇ・・。

june:2008/06/23(月) 15:33 | URL | [編集]

juneさん
それって乙一の区別方法ですよね(笑)
自分は角田さんのしんどいのは苦手です。
だから、しんどい系には近寄らないように気をつけています。
それゆえに記事がぜんぜん増えません。

しんちゃん:2008/06/23(月) 21:39 | URL | [編集]

しんどい系とありがとう系の分類になるほどです!
私もしんどい系は苦手・・・でも、タイトルや表紙だけだとわかんなくって、時々あれれ?ってなっちゃいます。
本を手にとる前に、あらすじチェックとかすればいいんだろうけれど(^_^;)
このくらいのしんどさなら大丈夫なんですけどね~。

エビノート:2008/06/24(火) 21:13 | URL | [編集]

エビノートさん
あらすじだけでは判断できないかもしれない^^;
誰かが先に読んでくれればいいんだけれど、そうすると、予約に乗り遅れるし。
自分の勘に頼るしかないのかも。

しんちゃん:2008/06/25(水) 12:49 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

福袋


JUGEMテーマ:読書 私たちはだれも、中身のわからない福袋を持たされて、この世に生まれてくるのかもしれない……八つの短篇を通して直木賞作家が描く、心と人生のブラックボックス。話題の連作小説集。河出書房新社HPより 大変読みやすい短編集。 いろんなものの

2008/06/22(日) 21:19 | ぼちぼち

「福袋」角田光代


福袋 角田光代 JUGEMテーマ:読書 私たちはだれも、中身のわからない福袋を持たされて、この世に生まれてくるのかもしれない…直木賞作家が贈る8つの連作小説集。 角田さんらしい、キラキラ光るものが全くないごくごく普通にありそうな人生が8つ。主人公の年齢が...

2008/06/22(日) 22:11 | ナナメモ

「福袋」角田光代


福袋 ファンシーな表紙にまたもやだまされました。タイトルからして福々しいので「Presents」みたいな白角田さんかと思ったんです。でもこれは黒まではいかないけれど、グレー角田さんでした。8つの短編はどれもどよよんとして、心に妙にざらりとひっかかるものを残す...

2008/06/23(月) 15:30 | 本のある生活

福袋 〔角田 光代〕


福袋角田光代河出書房新社 2008-02-15売り上げランキング : 84239おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 私たちはだれも、中身のわからない福袋を持たされて、この世に生まれてくるのかもしれない…… 八つの短篇を通して直木賞作家が描く、心と人生

2008/06/24(火) 21:11 | まったり読書日記

福袋<角田光代>-(本:2008年108冊目)-


福袋 # 出版社: 河出書房新社 (2008/2/15) # 言語 日本語 評価:79点 福袋は生まれてから一度も買ったことがない。 いくら「お得ですよ」と言われても、自分にとって必要性があるかどうかわからないもののために金を出せる考え方がどうしてもわからない。 ほし

2008/09/01(月) 00:37 | デコ親父はいつも減量中

『福袋』  角田光代  河出書房新社


 私たちはだれも、中身のわからない福袋を持たされて、この世に生まれてくるのかもしれない…。謎で不可解な届け物や依頼、同僚、夫など身近な人の不可解さに出くわす8つの連作小説集。   どれもちょっと奇妙な人に出会ったり、奇妙な体験をする話

2009/07/03(金) 22:40 | みかんのReading Diary♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。