--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.24

「年下の男の子」五十嵐貴久

年下の男の子年下の男の子
(2008/05/16)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る

買ってしまった。印鑑を握る手が、ちょっと震えていた。三十七歳にして池袋から電車で三十分、2LDK、三千八百万円の新築マンションを買ってしまった。わたし(川村晶子)はマンションだけは買うまい、と決めていた。三十七歳、独身、一人暮らし。これでマンションを買ってしまったら、何かを認めることになってしまう。決して口には出せない、何かを。でも、買ってしまった。

マンション売買契約の翌日、いつも通りの一日が始まるはずだった。勤めている銘和乳業は飲料メーカーとして業界で中位クラスだが、最近は医療品や化粧品の分野にも進出している。わたしは宣伝広報課に所属し、社内広報とPR業務が仕事だ。それが三十七歳にして初めて、本物の土下座を見ていた。

銘和乳業では、春の主力商品である健康バランスドリンク?モナ″の宣伝のため、フリーペーパーの配布を実施することになっていた。そのフリーペーパーの編集は青葉ピー・アール社に一任してあった。そして配布を明日に控えた今日、定価表示が抜け落ちていることがわかった。?モナ″の発売日は明日だ。そこで抜け落ちた空白部分に価格を印刷したシールを貼ることになり、つまり、担当者であるわたしと、ピー・アール社契約社員の児島くん二十七歳の二人だけで、徹夜作業をすることになった。

登山が趣味だという典型的なアウトドア派の児島くんと、DVDを見るのが何よりの楽しみだという半ば引きこもりに近いわたしでは、生きている世界があまりに違う。おまけに彼は二十三歳、わたしは三十七歳、このジェネレーションギャップはどうにもならないだろう。十四も年下の男の子とどうにかなるなど、どんなうぬぼれた女でも考えない。でも、と思う。話さなくても、十分楽しかった。楽だった。そのあとはよく喋った。そして、もっと話していたいと思った。それって、もしかして。ちょっとだけだけど、胸が小さく鳴った。この感情はもしかしたら。そして……。

オレ、川村さんが好きなんです。まっすぐに好意を伝える児島くん。嬉しくないはずがない。でもそれはやっぱり難しい。まだ恋をしたい。男の人と付き合ってみたい。だけど、自分の年齢を考えれば、次に付き合う相手は結婚ということを考え合わせなければならない。だから十四歳下ともなると、常識の中ではあり得ない。彼が好意を示してくれたことは事実だけれど、本気で受け取ってはいけない。真剣になってしまえば、最終的に傷つくのは自分だから。

五十嵐さん、すごすぎです。なんで、こんなにも女性の心理がわかるのだろう。覆面作家で実は女性作家?なんてことを思ってしまうほどすごい。五十嵐さんのデビュー作から三冊ほどは、はらはらしながら読んだ記憶がある。それが、最近は安心して読めるようになった。今回はラブコメ要素がたっぷりで、大人の女性の恋物語になっている。主人公のわたしと年齢が近い女性の方は、羨ましいことこの上ないだろう。男である自分にとっては、共感できるとか、そういった部分は全然なかったけれど、十分とキャラ読みさせてもらった。

揺れるわたしの心と共に、お仕事小説の側面もある本書。若い児島くんが青すぎて、たまに寒くなるけれど、これは読んで損ナシだと思った。お薦め。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

五十嵐貴久
トラックバック(8)  コメント(19) 

Next |  Back

comments

チェックしてはいたんですけど
オススメなのですね~。
予約しよ。
しんちゃんのレビュー最後の3行だけ読んだ(笑)。

ユミ:2008/06/24(火) 21:31 | URL | [編集]

 これまで読んだどの五十嵐作品とも違ったテイストではありましたが、個人的にはストライクゾーンをかすったくらいでしょうかねぇ。
 次は『TVJ』を読んでみようかと思ってますが。

higeru:2008/06/24(火) 22:36 | URL | [編集]

ユミさん
大人の女性にとっては夢のようなお話かも。
女心はかなりすごいことになっていましたよ。

しんちゃん:2008/06/25(水) 12:52 | URL | [編集]

higeruさん
かすったくらい、ですか。
まあ、そんなこともあるでしょう^^;
うちでは「1985年」を用意しています。

しんちゃん:2008/06/25(水) 12:55 | URL | [編集]

「大人の女性」という言葉に
しんちゃんの思いやりを感じ思わずまた書く私(笑)。
今や「ママカノ」っつー言葉があるくらいですから
まだまだ行けますよ~♪

ユミ:2008/06/25(水) 14:35 | URL | [編集]

ユミさん
まだまだ行けると思っているのは、大人の女性だけかも。
むふふ、イジワルしちゃった(笑)

しんちゃん:2008/06/25(水) 21:12 | URL | [編集]

はじめまして今この本を読み始めたところです。。この本を検索してこちらを知りました。
実は、、わたし今42歳、独身大手食品会社リサーチ部勤務。。。そして彼は27歳なんです。。早稲卒、池袋でIT会社を持ってます。あまりにも自分に似ているので買いました。現実にもこんなことあるんです~

ふみ2:2008/06/26(木) 15:10 | URL | [編集]

五十嵐さん、一体どれから読んだらいいの?
この本は『For You』以上に気になるぞ!

あさと:2008/06/26(木) 23:09 | URL | [編集]

『パパとムスメの7日間』の人だったんだ・・・なぜ気づかない(涙

あさと:2008/06/26(木) 23:15 | URL | [編集]

ふみ2さん、はじめまして。
うわーっ、晶子さんと似ていますね。
読んだ感想がとても気になりなす。

しんちゃん:2008/06/27(金) 11:12 | URL | [編集]

あさとさん
最近の本で、「相棒」以外はあさとさんの好みだと思います。
気になった本からどうぞ(笑)

しんちゃん:2008/06/27(金) 11:17 | URL | [編集]

おはようございます。
しんちゃん、こういうことってあるのですよ~
本当に。私も晶子に共感したり、「そこはいっとこうよ」とヤキモキしながら読みました。

なな:2008/07/01(火) 08:54 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
ありそう、ありそうと思いながら読みました。
やはり、こういうことってあるのですね~。
男が読んでもこれはすごかったです。

しんちゃん:2008/07/01(火) 11:37 | URL | [編集]

羨ましいこと!と思いながら読みました(笑)
悩んじゃう気持ちも分かるけれどね~。
五十嵐さんの最近の作品は、特に安心して読めますね~。

エビノート:2008/07/09(水) 19:44 | URL | [編集]

エビノートさん
これは女性の方が楽しめる作品だと思いました。
自分の場合、もうすぐ五十の女性がそうなります。
うーん、うーん…、ノーコメントで(笑)
最近の五十嵐さんはいいですよね。

しんちゃん:2008/07/10(木) 12:43 | URL | [編集]

みごとなドラマ仕立てでしたねぇ。

児島くんの若さがうらやましい(笑
年齢的には、部長に共感してたんだけどなぁ。
なかなか、楽しい本でした!

じゅずじ:2008/11/01(土) 09:46 | URL | [編集]

じゅずじさん
児島くんの青さが少し恥ずかしかったです。
部長は・・・、記憶にないな~。すいません^^;
こういう甘い作品も乙なもんですね。

しんちゃん:2008/11/01(土) 15:05 | URL | [編集]

こんばんは。
なんか、読みながら、「このままドラマ化とかできそう」とか思ってしまいました。
明るい雰囲気で、決して目新しいテーマではないのでしょうが、しっかりと読者を引きつける、五十嵐さんらしいツボを押さえた作りだな、と感じます。

たこやき:2008/11/17(月) 23:02 | URL | [編集]

たこやきさん、こんばんは。
そうそう、よくあるパターンの設定だけど、そんなこと関係なしに読ませる作品でしたね。女性心理なんてほんとに凄かったです。

しんちゃん:2008/11/18(火) 19:50 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

【五十嵐貴久】年下の男の子


 五人目の五十嵐貴久である(何じゃそら?と思う人は『交渉人』の感想をお読み下さい)。読んでもないしドラマも見てないのでまったくの想像だが、路線的には『パパムス』寄りなのだろうか。  ちなみに今回も図書館で新本をゲットした。どうもおいらの住んでるあたりで...

2008/06/24(火) 22:14 | higeruの大活字読書録

「年下の男の子」五十嵐貴久


年下の男の子 五十嵐 貴久 JUGEMテーマ:読書 とうとう、マンションを買ってしまった37歳大手メーカー勤務の晶子は14歳年下の取引先の男の子と急接近。 最初はたんなる「きっかけ」と思って食事を食べに行っただけ尚に、なんだか話があう。 タイトルだけ見て、「

2008/07/01(火) 08:54 | ナナメモ

年下の男の子 〔五十嵐 貴久〕


年下の男の子五十嵐 貴久実業之日本社 2008-05-16売り上げランキング : 41361おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 銘和乳業勤務のわたし(川村晶子)は37歳にしてマンションを購入。 契約翌日、新製品の健康ドリンク「モナ」の宣伝用フリーペーパー...

2008/07/09(水) 19:26 | まったり読書日記

「年下の男の子」五十嵐貴久


「年下の男の子」五十嵐貴久(2008)☆☆☆★★[2008061] ※[913]、国内、現代、小説、恋愛、女性 そういえばテレビをあまり見なくなって久しい。つい先日、ボーナスが出たのをきっかけに、赤が滲みだしたブラウン管テレビをやっと液晶に買い換えたが、それでも見ている...

2008/07/13(日) 09:14 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~

【年下の男の子】 五十嵐貴久 著


わたしは三十七歳、賞味期限でいえばぎりぎりのラインと言っていい。 タイムリミットは迫っている… う~ん、37歳独身女性、オレとしてはかなり興味あるんだけどなぁ [:たらーっ:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め...

2008/11/01(土) 09:59 | じゅずじの旦那

(書評)年下の男の子


著者:五十嵐貴久 年下の男の子(2008/05/16)五十嵐 貴久商品詳細を見る 川村晶子、。大手食品会社の広報部に勤める37歳。結婚を諦めたわけ...

2008/11/17(月) 22:59 | 新・たこの感想文

五十嵐貴久  年下の男の子


銘和乳業勤務のわたし(川村晶子)は37歳にしてマンションを購入。契約翌日、新製品の健康ドリンク「モナ」の宣伝用フリーペーパーをめぐってとんでもないトラブルが発生。肝心の価格欄が空白のまま刷り上ってしまったのだ。配布を翌日に控え、徹夜で空白部分にシール貼りを...

2009/02/19(木) 20:52 | マロンカフェ ~のんびり読書~

「年下の男の子」 五十嵐貴久著


―内容(「BOOK」データベースより)― 銘和乳業勤務のわたし(川村晶子)は37歳にしてマンションを購入。契約翌日、新製品の健康ドリンク「モナ」の宣伝用フリーペーパーをめぐってとんでもないトラブルが発生。肝心の価格欄が空白のまま刷り上ってしまったのだ。配布を翌...

2009/03/27(金) 15:10 | とにかく読書。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。