--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.27

「夕子ちゃんの近道」長嶋有

夕子ちゃんの近道夕子ちゃんの近道
(2006/04/27)
長嶋 有

商品詳細を見る

西洋アンティーク店のフラココ屋に集い繋がって深まり、やがて、めいめいが自分の場所に旅立ってゆく。フラココ屋を舞台にした七つの連作短編集。

フラココ屋の二階に転がりこんだ僕は、フラココ屋の店番をするようになった。店長はインターネットオークションの対応が忙しく、閉店時にしか顔を出さない。その店長と長い付き合いがある瑞枝さんは、特になにも買わない常連客だ。その瑞枝さんと僕との交流を描いた「瑞枝さんの原付」。

店長の実家兼フラココ屋本店からの帰りのホームで、夕子ちゃんと一緒になった。夕子ちゃんはフラココ屋のオーナーの孫娘で、大家の八木さん宅はフラココ屋のすぐ裏にあり、姉の朝子さんとそこに三人で住んでいる。夕子ちゃんは定時制高校に通っていて、コスプレが好きだ。その夕子ちゃんに誘われて、はじめて歩く道で帰ることになった「夕子ちゃんの近道」。

夜の三時の電話は瑞枝さんで、スクーターでこけて怪我をしたという。翌日、瑞枝さんの安否を心配しつつ、三年ぶりに日本にやって来たフランソワーズとの待ち合わせ場所へ店長とともに絵を届けに行くと、瑞枝さんが店長の昔の恋人だったとこっそり教えられた。その数日後、フランソワーズは店長の前カノだったと瑞枝さんに聞かされる「幹夫さんの前カノ」。

現役美大生の朝子さんの卒業制作はフラココ屋の裏口ですすめられた。だから用事で裏口を通るたびに、木の箱を作り続ける朝子さんの没頭する姿を見つづけた。その作品がついに完成して、展示されることになった。その展示された作品を見て、巨大な都市を連想し、そのことを伝えると、朝子さんの顔が曇った。何かに見えることは失敗らしい「朝子さんの箱」。

フラココ屋の本店に行くとフランソワーズが待っていた。そのフランソワーズは、亡くなった祖父が集めた家具がたくさんあるので、フランスまできて欲しいという。翌日、フランソワーズが相撲のチケットを持って店にやってきた。そこへ、夕子ちゃんが現れて、おじいちゃんが気絶したと言い出した。きっと、あのことを打ち明けたんだ「フランソワーズのフランス」。

少しの居候のつもりだったのが、フラココ屋の二階に住んでもうすぐ半年になる。手伝いとはいえ小道具屋の仕事を、店長の仕事ぶりを目の当たりにしてきた。しかし、簡単な接客や店舗の掃除しかしていないので、何も身に付いていない。それ以上を望んでいないからだ。そろそろ帰る時期がきたのだろうか「僕の顔」。

フランスへやってきた。店長はのみの市。僕はそれに付き添い。瑞枝さんは友達に会う予定。夕子ちゃんたちは観光。皆、目的はばらばらだ。いつもなにかが自分たちをゆるく束ねている。日本ではフラココ屋が。フランスではフランソワーズの部屋が「パリの会員」。

全体的にまったりしている。主人公の僕でさえ謎のままだ。名前も、年齢も、家族も、フラココ屋で居候するに至った経緯も明らかにされない。瑞枝さん曰く、背景みたいに透明な人。そういった空気のような主人公の目線でフラココ屋に集う人々を見続ける。そして時間の流れと共に人々のことがわかり、くっ付きすぎず離れすぎずという微妙な距離感を持ったまま、お互いに影響を与え合って、行くべき場所へ巣立っていく。

世間からはみ出した人々が集うフラココ屋。こういったコミュティがあると楽だろう。こんな休憩ならしてみたい。そう思えた気持ちのいい一冊だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

長嶋有
トラックバック(2)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

しんちゃんさん、こんばんは!

文庫化されてようやく『夕子ちゃんの近道』読みました。
とにかくこの作品の世界が好きだなぁって思いました。
フラココ屋ならアルバイトしてみたいかもしれないです^^
最初は「僕」が誰かと恋に落ちるのかと思っていたのですが、瑞枝さんに「背景みたいに透明な人」と言われる「僕」に恋愛相手が出来なかったのは何となく納得してしまいました。
長嶋有さんのお父様の本『古道具ニコニコ堂です』もいつか(文庫化されたら)読んでみたいです!

みらくる:2009/04/21(火) 21:34 | URL | [編集]

みらくるさん、こんばんは。
このまったりが長嶋さんらしい作品でしたね。
長嶋さんは普通の日々の中で面白いものを見つける天才かも。
これ以降の作品を読んで益々思いを強めました。

しんちゃん:2009/04/22(水) 20:29 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

夕子ちゃんの近道/長嶋有


一番楽しみにしていた4月発売の新刊文庫、長嶋有の『夕子ちゃんの近道』。読書の喜びを感じさせてくれる小説でした。ここ最近に読んだ本の中...

2009/04/21(火) 21:13 | 読書メモ。

長嶋有 「夕子ちゃんの近道」


大家さんの娘の夕子ちゃん。駅から家まで、なんとおりもの道を知っている。人の庭を通ったり、塀の上を登ったりなんか猫のようですが、最後の落ちにはびっくりしました。

2010/05/11(火) 10:05 | ゼロから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。