--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.02

「リトル・バイ・リトル」島本理生

リトル・バイ・リトル (講談社文庫)リトル・バイ・リトル (講談社文庫)
(2006/01)
島本 理生

商品詳細を見る

高校を卒業したばかりのふみは、母と父親違いの妹と三人で暮らしている。大学の受験勉強のさいちゅうに、母が二度目の夫と離婚した。そうなると、彼と血の繋がりのある小学二年生の妹ユウちゃんはとにかく、ふみの大学の受験費用を払う責任は彼にはまったく無いわけで、なんとかしようにも、すでに入試直前の時期で資金繰りは困難を極めた。そこで受験を来年に見送ることにして、一年はがんばって稼ごうと、ふみはティッシュ配りのバイトを始めた。母は先日まで、接骨院でマッサージ師として働いていたが、院長の夜逃げで何の前触れもなく、職場が潰れてしまので、新しい接骨院で働き始めた。

そんなある日の朝、ふみが目覚めるとなぜか首が痛くてたまらなかった。すると母は、寝違えたか冷えたのだろうから後で自分の治療院に来るように言ってから、仕事へ出かけていった。その野崎治療院にいくと、以前、ふみちゃんの好きそうな子がいると母が話していた、キックボクサーでひとつ年下の周と出会う。

最初の父親とは七年前のふみの誕生日から一度も会っていない。二番目の父親と会うのはあいかわらず居心地が悪い。一年前から通っている柳さんの習字教室に通い、母に紹介されたボーイフレンドの周と遊び、女三人で暮らす母子家庭を支えるふみの日常。今いる家族、いなくなった家族、家族を軸にした人々とのふれあいの中で、わずかずつ輪郭を帯びてゆく青春を描いた作品。第二十五回野間文芸新人賞受賞作。

かなり複雑な家庭環境で育ったふみだけれど、ぐれるわけでもなく、家を飛び出して自立しようとするわけでもなく、ふみはひょうひょうと淡々と毎日を過ごしている。それは笑えないことを真面目に言う母と、持っている空気が似ているからなのか。二人は母娘というよりも、親友や姉妹のような関係で、幼いユウちゃんを加えた穏やかな関係を築いている。そんな生活に、安心して会える周が加わり、豪快な彼のお姉さんとも知り合う。

そして、ふみは習字の先生の柳さんに優しい父を投影しているのだろうか。ユウちゃんの父とは完全に距離を取っているが、自分にエアガンを向けて撃ったことや、酒を飲んで暴れた記憶があるにも関わらず、最初の父のことを折りに触れて思い出す。でもそれは一瞬でしかなく、また元の淡々とした日々に戻っていく。ごく普通の家庭で育った周の姉弟が、見えない温かい光線で、現実のいい方向へ引き戻してくれたのだろうか。

とらえどころのない作品だったけれど、がつがつしていなくて、なんか好きだなぁ。うまく言葉にできないけれど、安易な性描写に走った「シルエット」からは、格段に成長が見えたデビュー二冊目だった。でも、こんなのんびりした生活をしていたら、受験には失敗しそう。余計なお世話か。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

島本理生
トラックバック(5)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

この作品、かなり好きです。
重苦しいものになりそうな設定なのに、読んでいてもあまり意識しなかったです。あざとさとか、わざとらしさのない(あってもそれが嫌な感じじゃない)自然な作品でしたね。

エビノート:2008/07/03(木) 20:51 | URL | [編集]

エビノートさん
そうそう。重そうになりそうで棒線のように淡々としている。
そんなふつうの日常が心地良いと思いました。
かなりじゃなくて、自分はめっちゃ好きな作品でした。

しんちゃん:2008/07/03(木) 22:15 | URL | [編集]

>受験には失敗しそう。
確かに(笑)受験への危機感は感じられませんでした。
しかしこの作品を書いた島本さんもいまや人妻。
うーん。時の流れを感じます。そりゃ変わりますよね。
いや、これこそ余計なお世話でしたか。

たまねぎ:2008/07/05(土) 00:12 | URL | [編集]

私もこの作品すごく好きなんです!
ほんのりとあたたかくて明るい印象が残っています。
そして何より周くんが好きなのです。
島本さんというとダメ男というイメージだったせいか
こういうまっとうな男の子が出てきたのがうれしくて^^;

june:2008/07/05(土) 00:12 | URL | [編集]

たまねぎさん
勉強もだけど、お金も稼いでいませんでしたね。
島本さんは高校生デビューでしたっけ。過ぎ行く月日は早いです。
なんかちょっぴり切なくなってきました。

しんちゃん:2008/07/05(土) 13:11 | URL | [編集]

juneさん
これは島本さんにしては異色の作品でしたね。
こういった普通の日常を描いた作品は大好きです。
またこういうのも読みたいな~。
ダメ男というか痛い女というかですね^^;

しんちゃん:2008/07/05(土) 13:15 | URL | [編集]

こんにちは。
リトル・バイ・リトルはとても読みやすい作品でした。
人と人とのつながりが描かれていて、読んでいて安心出来るような感じでした。
平凡な日常を描く小説も良いものだなと思いました^^
この作品は芥川賞の候補にも挙がったようです。
意外にも島本さんはまだ芥川賞を取っていないので、いずれ取ってほしいなと思っています。
トラックバック送らせて頂きます♪

はまかぜ:2009/02/28(土) 13:16 | URL | [編集]

はまかぜさん、こんばんは。
何も起こらないけれど、これ良かったですよね。
芥川賞はどうなんでしょう。委員から重鎮が抜ければ^^;
夫婦揃って三島賞なんてのも面白いかも。

しんちゃん:2009/02/28(土) 17:38 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

リトル・バイ・リトル 〔島本 理生〕


リトル・バイ・リトル (講談社文庫)島本 理生講談社 2006-01売り上げランキング : 214721おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。 家族は、母、小学校二年生の異父妹の女三人。 習字の先生の

2008/07/03(木) 20:47 | まったり読書日記

『リトル・バイ・リトル』  島本理生  講談社


リトル・バイ・リトル 明るい母と年の離れた妹の三人暮らしのふみは、大学受験を一年延ばして、バイトをしながら家事を手伝ったり妹の面倒をみたりする、おとなしめの女性。母に紹介されたキックボクサーの周や、最近習い始めた習字の先生など少ない人数と係わりな...

2008/07/04(金) 00:15 | みかんのReading Diary♪

リトル・バイ・リトル  島本理生


とても恵まれているとは言えないかもしれない けれども毎日の暮らしと共に時間は少しずつ前から後ろへ 過去から未来へと止まることなく流れてゆく そんな中にささやかながら確かに私の場所があって 時には嫌な気持ちにさせられたり悲しいこともあったりするけど 傍ら...

2008/07/04(金) 23:43 | 今更なんですがの本の話

リトル・バイ・リトル


リトル・バイ・リトル 島本理生 家族は母と、父親の違う小学生の妹ユウちゃん。ふみの父親は今はどこにいるのかわからない。ユウちゃんのお父さんと母が離婚したため、ふみはとりあえず大学受験を先にのばして働くことにしたところ、母が失業した。 これって、かなり...

2008/07/05(土) 00:08 | 本のある生活

「リトル・バイ・リトル」のご紹介


こんにちは。 今日は風が強いみたいで、外にいると風邪を引いてしまいそうです。 体調に気をつけましょう。 さて、今回ご紹介するのは、「リトル・バイ・リトル」(著:島本理生)です。 この本は装丁が印象的で、子供の女の子が何か食べているのを写真で撮って、それをそ...

2009/02/28(土) 13:09 | 読書日和

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。