--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.04

「百瀬、こっちを向いて。」中田永一

百瀬、こっちを向いて。百瀬、こっちを向いて。
(2008/05/10)
中田 永一

商品詳細を見る

アンソロジーはほとんど読まないので、本書ではじめて中田作品を読んだ。ん~、いいじゃん。これがすっごく好きな作風だった。ドロドロのしんどい恋愛ものは苦手だけど、こういうライトな恋愛ものは好きだ。ちょっと切なくて、甘酸っぱくて、温かみがあって、人物に魅力があって、という四つの短編集。

「百瀬、こっちを向いて。」
高校一年生の僕は、勉強も運動も、社交能力までも欠けていて、髪の毛もぼさぼさで服装もダサダサのモテないくん。高校で一番の美人と評判の神林徹子先輩が、宮崎先輩と付き合っているとはじめて知ったとき、僕はおどろいて、そして納得した。家が近所の宮崎瞬は兄のような存在だった。その宮崎先輩に呼び出された翌日、僕に百瀬という彼女ができた。宮崎先輩は、神林先輩と付き合っていながら、他にも百瀬という恋人がいたのだ。その百瀬との関係を疑われたので、宮崎先輩の幼なじみである僕が、百瀬と恋人どうしだという演技をすることになってしまった。

「なみうちぎわ」
高校生になったわたしは、近所に住む小学六年生の登校拒否児童の家庭教師を引き受けることにした。わたしは恋愛には向かないガリ勉女で、学校を一度も休んだことがないことが、唯一の自慢だった。小太郎の家庭教師をはじめた最初の頃は、彼のからかいに本気で腹を立てていたが、しだいにじゃれあいを楽しめるようになった。そんなある日、入江で溺れている小太郎を発見したわたしは、何も考える間もなく海に飛び込んだ。そして気が付けば、月日は五年経ち、わたしは二十一歳になり、小太郎は高校生になって学年を追い越されていた。

「キャベツ畑に彼の声」
夏休みのわたしに、テープおこしというバイトを紹介してくれたのは、都内の出版社に勤める叔父だった。録音されたインタビューを再生し、会話を耳で聞きながら、キーボードをたたいて一文字ずつ入力していく。小説家の北川誠二のテープおこしにとりかかると、仕事を忘れてわたしは声に聞き入っていた。やたらと女子に人気があり、黒いセルフレームのメガネがいい二十六歳の男性国語教師の声にそっくりだった。ためしに北川誠二の処女作を読んでみると、主人公は黒いセルフレームのメガネを愛用しているという描写があった。わたしは本田先生と二人だけの秘密を共有することになってしまった。

「小梅が通る」
クラスではわたしと松代さんと土田さんの三人で地味な女子グループを形成していた。華やかな女子グループと交流することは皆無だし、男子が話しかけてくることもない。たまに他の子たちの話し声が聞こえてきても、わたしの場合、きもちわるいとか、メガネがあっていないとか、しもぶくれ顔とか、ホクロ人間などと言われる。それは、人から興味を持たれることがないように地味メイクで作った嘘の顔だった。焼肉店で山本勘太と遭遇したのは会計をしているときだった。いつもの化粧をしておらず、わたしは素顔だった。わたしは妹の小梅だとごまかしたが、それ以来、山本勘太は小梅に会わせて欲しいと話しかけてくるようになった。

まずは表題作の「百瀬、こっちを向いて。」だけど、主人公は恋人のフリをしている女の子のことを好きになってしまう、ちょっと切ないお話だ。憧れの先輩との距離感もいいし、最後で見せる意外さも絶妙で、素直に上手いなぁと思った。二作目の「なみうちぎわ」は、少し残虐な設定だけれど、読んで行くとある謎が明らかになっていく。少し痛いけれど、ミステリとしてよくできていたと思った。三作目の「キャベツ畑に彼の声」も意外性があった。先生を思う少女の淡い想いだと思って読んで行くと、これもミステリ色の強い作品だと気づく。こういう優しさのあるトリックは嬉しくなる。最後の「小梅が通る」は別格かな。もろもろの目線や偏見が嫌で、美人さんということを隠している少女と、どこまでも鈍感な少年のやり取りが、すごく微笑ましかった。こういう甘酸っぱいのは大好きだ。

この中田永一という作家は、ある有名作家の覆面だという噂があるけれど、ほんとのところはどうだろう。自分で読んで確かめてみるのも、面白いかもしれない。そういう読み方をせずとも、十分楽しめる恋愛小説だった。お薦め。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(8)  コメント(14) 

Next |  Back

comments

拝見させていただきました。

コメント残しますね。

また訪問させていただきます。

不適切なコメントでしたらお手数ですが削除お願いします。

シュウ:2008/07/05(土) 01:08 | URL | [編集]

シュウさん、はじめまして。
不適切ではありませんが、ここは本ブログです。
読書の参考になるように、読んだ本を紹介しています。
だから、記事と関連のあるコメントなら歓迎です。

しんちゃん:2008/07/05(土) 19:54 | URL | [編集]

表題作はアンソロジーで読みました。おもしろかった。かわいらしいし。
そっか、単行本になったんですねー。
図書館で(そう、図書館で!)読んでみようかな。
噂のあの人の覆面ならばこのうまさは頷ける。
彼の作品は好きなのと受け付けないのがありますが、文章はうまいですもんね。

うたまる:2008/07/06(日) 00:36 | URL | [編集]

うたまるさん
すごく面白かったですよ。ぜひ、借りて読んでください(笑)
3作目とか4作目とかいい感じでした。二作目は…。えへんっ。

しんちゃん:2008/07/06(日) 11:37 | URL | [編集]

これ好きです。
私は昔の少女漫画の設定だ!って思いながら読んで、きゃ~ってなってしまいました。
少年も少女もかいらしかったです。

ちきちき:2008/07/31(木) 22:00 | URL | [編集]

ちきちきさん
少女マンガは未だに目がキラリの偏見ありです。
こんな偏見は古いのかな。いや、古いでしょう^^;

しんちゃん:2008/08/01(金) 11:44 | URL | [編集]

しんちゃんライクな作品だったと思います(笑)。
切なくて少し驚かされてそして甘い、自分も好きです!

リベ:2008/08/11(月) 22:40 | URL | [編集]

りべさん
こういう白い作品は好きです。いいですよね。
こういうベタな作品はいつでもウェルカムです。

しんちゃん:2008/08/12(火) 20:45 | URL | [編集]

どの短編も好きでした~。
切なくもなるんだけど、特別な思いを知った彼らが素敵でした。そうそう、恋愛部分だけでなく、ミステリ部分があるのも良かったですよね。おお!こうくるか!という楽しみがありました。

エビノート:2008/10/28(火) 20:47 | URL | [編集]

エビノートさん
恋愛ものとして、またミステリとしても面白かったですね。
この作家さんの作品をもっと読みたいと思いました。
というか、出版ニュースがわかるよう著者名を絞ってくれ^^;

しんちゃん:2008/10/29(水) 11:26 | URL | [編集]

こんばんは。
ピュアな恋とミステリーが絡まって、どの作品も良かったです。面白かった!
3番目は自分も畑のキャベツになった気分で、漫画チック&乙女チックで楽しみました。

雪芽:2009/02/13(金) 21:17 | URL | [編集]

雪芽さん、こんにちは。
恋ってこんなだったな~(遠い目)
ピュアな心はとうに忘れてしまったけれど、切なかったです。
そうか、これが乙女ちっくなのか。少女漫画ってこれのことか!

しんちゃん:2009/02/14(土) 16:40 | URL | [編集]

同じくアンソロジーは読まないし、恋愛小説だし、名前だけならまったくの無名だしと、ブログで噂を見なければきっと読まなかった本でした。いやあ読めて良かったです。
それぞれに入れられた、ちょっとした謎がいいですよね。ただの恋愛小説は苦手なだけに、そのおかげでとても楽しめました。

たまねぎ:2009/04/01(水) 21:38 | URL | [編集]

たまねぎさん
謎も適度だし、登場人物たちもかわいかったですよね。
ドロドロは嫌だけど、こういうライトなのは好きです。
第二作も出て欲しいな~。

しんちゃん:2009/04/02(木) 18:30 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

百瀬、こっちを向いて。


JUGEMテーマ:読書 市川拓司氏絶賛! 「ささやかな人生に訪れた、奇跡のような輝き。これを読んだら絶対恋したくなる。」 恋愛アンソロジー「I LOVE YOU」などで読書界を騒然とさせた話題の大型新人、初めての恋愛小説集。祥伝社HPより 話題?の覆面作家の初の単

2008/07/31(木) 22:00 | ぼちぼち

百瀬、こっちを向いて。 (中田永一)


(本の内容) クラスの中で最も「人間レベル」が低い“僕”は、いわば教室の障害物のようなものだった。 いつもできるだけひっそりと気配を消している僕は、このまま女の子と手を繋ぐこともなく、 生涯を終えるのだろう…と思っていたが、とあるきっかけで日常ががら...

2008/08/11(月) 22:38 | 今夜も読書を

百瀬、こっちを向いて。 〔中田 永一〕


百瀬、こっちを向いて。中田 永一祥伝社 2008-05-10売り上げランキング : 63981おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ささやかな人生に訪れた、奇跡のような輝き…。 恋愛小説アンソロジー「I LOVE YOU」に収録され、読書界を騒然とさせた表...

2008/10/28(火) 20:37 | まったり読書日記

『百瀬、こっちを向いて。』中田永一


百瀬、こっちを向いて。 中田永一/祥伝社 「百瀬、こっちを向いて。」「なみうちぎわ」「キャベツ畑に彼の声」「小梅が通る」4編の短編集。 これは純粋な恋愛。ピュアと書くとちょっと綺麗すぎる。 訥々と語られる静謐さ、素朴な中にもハッと思わせるキラキラしたも

2008/11/26(水) 17:54 | ひなたでゆるり

「百瀬、こっちを向いて。」  中田永一


恋愛アンソロジー『I LOVE YOU』で話題となった表題作「百瀬、こっちを向いて。」を含む短篇集であり、中田永一さん初の単行本。ピュアで少しせつない、まっすぐな若さゆえに残酷な棘もあるよっつの恋模様。濁りのないまっしろな装丁も包み込む世界にぴったりだ。中田さん...

2009/02/13(金) 21:09 | コンパス・ローズ  compass rose

百瀬、こっちを向いて。  中田永一


あちこちのご近所的ブログで評判だった本書。著者の中田永一さんは恋愛をテーマにしたアンソロジー『I LOVE YOU』で、突如、彗星のようにデビューした新人作家らしいのですが……実はその正体は誰もが知る有名作家だという専らの噂。 ただの恋愛小説だったら読ま...

2009/03/31(火) 23:43 | 今更なんですがの本の話

百瀬、こっちを向いて。


著者:中田 永一 出版社:祥伝社 感想: 「百瀬、こっちを向いて」は、中高生を主人公にした青春・恋愛小説集。 甘すぎず、切れ味の良い不思議な感覚の作品で、中田永一さんが某人気作家さんの変名だという噂にも頷けます。 四つの短編に共通するのは、主人公たちは何ら

2009/10/02(金) 23:27 | どくしょ。るーむ。

-


管理人の承認後に表示されます

2014/02/26(水) 22:41 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。