--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.06

「実験4号 後藤を待ちながら」伊坂幸太郎

実験4号―後藤を待ちながら実験4号―後藤を待ちながら
(2008/04)
伊坂 幸太郎山下 敦弘

商品詳細を見る

新作小説と新作映画がコラボ!熱狂的人気を誇る2人が場所やキャラクターをリンクさせた奇跡のコラボレーション作品集Theピーズの名曲『実験4号』に捧げる、青春と友情と感動の物語!《出版社より》

本とDVDがセットになっているはずが、図書館ではDVDの持ち出しが禁止。こんなことってありかよ。ブー、ブー。そんなわけで、コラボなのに中途半端な楽しみしか味わえなかった。本のことだけになるけれど、一応、伊坂を読んだ体で書いておく。

温暖化が進んだ近未来の世界。このままでは地球は住めなくなる、大変なことになる、と誰も彼もが、政府やマスコミが騒いだ結果、人口の三分の二が火星に移住し、地球は十年ほどで過疎化してしまった。ベースの柴田、ドラムの角倉さん、ギターの後藤のスリーピース・ロックバンドも、後藤が三年前に火星に行ったことで、実質、活動は休止してしまった。そして二人は、火星からのロケットが空港に着くたびに後藤の姿を探し、生徒が3人になった小学校の片隅を借りてバンドの練習をしながら、後藤を待っていた。

世の中でロックは誰も見向きもしなくなり、ジャカジャカと呼ばれる音楽が流行している。俺らはロックにこだわっていた。だけど、ロックンロールとは何だ。その答えを探していたある日、柴田はたくさんの紙が入っているダンボール箱を見つけた。それは名前も聞いたことがない大昔のロックバンドのインタビュー記事で、バンドのデビュー当時から時系列順に記事が並んだクリアファイルだった。

そのバンドは三人組ということもあって親近感が沸き、彼らの発言も面白く、いつの間にか完全に感情移入をし、このバンドのことなら何でも知っているかのような錯覚を覚えていた。その記事の後半でギタリストが途中で抜けてしまい、バンドは活動停止になったところで記事は終わっていた。ロックンロールとは何だ。日本語にするとどういう意味なのか――。

Theピーズというバンドありきの作品になっているが、そのピーズを知らないので、感慨深いとか、個人的に何かを思うことはまったくなかった。あら、そうなの、という程度の印象だった。ここでDVDを見ていれば違うことを感じるのかもしれないが、見ていないのだからしょうがない。図書館がもっと融通が利いてくれればなあ。なんだか消化不良の読書になり、感想になってしまった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

伊坂幸太郎
トラックバック(4)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

ピーズはとてもストレートな曲を奏でるロックバンドでした。
だからこそこの本もピーズの曲と同様に奇をてらわない内容だったのかなと今にして思っています。
だからこそどのような手段であれDVDは絶対見たほうがいいと思いますよ。

リベ:2008/07/06(日) 22:45 | URL | [編集]

りべさん
ユーチューブで見ましたが、どうも好みじゃないような…。
DVDはもういいかな。ピーズファンには悪いけど。

しんちゃん:2008/07/07(月) 12:13 | URL | [編集]

私も本だけでした。
さすがに普通に面白く読めたんですけど、やっぱりちょっと不完全燃焼な気が…
DVDないわ、Theピーズ知らんわ…(;_:)

ちきちき:2008/07/31(木) 22:02 | URL | [編集]

ちきちきさん
これはモヤモヤが残るよね。
映像なしで、Theピーズに思い入れがないわで。

しんちゃん:2008/08/01(金) 11:47 | URL | [編集]

こんばんわ。
私もDVDはついていませんでした。
本のほうは面白かったです。
バンドの方は初めて聞いた方々でしたが、雑誌に書かれている言葉が面白かったです。
映画の方も、いずれ観てみたいです。

苗坊:2010/05/10(月) 20:04 | URL | [編集]

苗坊さん、こんばんは。
やはり買わないとDVDは見れないのでしょうか。
これを読んで月日が経ち、もういいや、という心境です^^;

しんちゃん:2010/05/11(火) 18:25 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

実験4号 (伊坂幸太郎×山下敦弘)


(本の内容) 舞台は今から100年後、温暖化のため火星移住計画の進んだ地球___ 伊坂幸太郎「後藤を待ちながら」 火星へ行ってしまったギタリスト後藤の帰りを待つ、バンドメンバーの柴田と桑原。 彼らは過去の遺物になってしまった音楽、ロックンロールを演奏

2008/07/06(日) 22:43 | 今夜も読書を

実験4号―後藤を待ちながら


JUGEMテーマ:読書 新作小説と新作映画がコラボ! 熱狂的人気を誇る2人が場所やキャラクターをリンクさせた奇跡のコラボレーション作品集 Theピーズの名曲『実験4号』に捧げる、青春と友情と感動の物語! 舞台は今から100年後、温暖化のため火星移住計画の進んだ地

2008/07/31(木) 22:03 | ぼちぼち

実験4号*伊坂幸太郎・山下敦弘


実験4号(2008/04)伊坂 幸太郎山下 敦弘商品詳細を見る 新作小説と新作映画がコラボ! 熱狂的人気を誇る2人が場所やキャラクターをリンクさせた奇...

2009/06/16(火) 06:52 | +++ こんな一冊 +++

実験4号 後藤を待ちながら 伊坂幸太郎


実験4号クチコミを見る 舞台は今から100年後、温暖化のため火星移住計画の進んだ地球―。 火星へ行ってしまったギタリスト後藤の帰りを待つ、バンドメンバーの柴田と角倉。 彼らは過去の遺物になってしまった音楽、ロックンロールを演奏する時代遅れな3人組だった。

2010/05/10(月) 20:00 | 苗坊の徒然日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。