--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

10.12

「リレキショ」中村航

リレキショ リレキショ
中村 航 (2005/10/05)
河出書房新社

この商品の詳細を見る

姉さんに拾われて弟になった僕が、半沢良として生きる。
履歴書とリレキショを作りガソリンスタンドで働きはじめる僕。
そこに、ウルシバラさんとう受験生の女の子に招待状。
深夜のガソリンスタンドが世界を照らし出す、都会の青春ファンタジー。

なんじゃこれ!という世界ですが、めっちゃ好きです。
すてきな登場人物が作品を読ませます。

弟と暮らすのが夢だった美人の姉さんは、さばさばしてて良い。
姉さんの友達の山崎さんもいい感じ。
ミステリアスなウルシバラさんも好印象。
しかし主人公がなぜ姉さんの弟の半沢良になたったのかは謎。
でも面白いから問題なし。

新しい名前を付け、新しい自分を一から作っていく。
主人公は、真っ白なリレキショと同じ。
そのリレキショに毎日を書き加えていき、自分を作っていく。

静かな夜の世界である、深夜のガソリンスタンド。
時がゆっくり進んでいく雰囲気は、気持ち良かったです。

注目の作家がまた1人増えたな(笑)。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

中村航
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

ああ、これ「100回泣くこと」の作家さんだったんですね。全然気付きませんでした。
「リレキショ」は、スタンドで働くああいう時間好きなんですよ。そういう日常の物語なら読めたんですけど、やっぱり謎の部分が気になってしまって。
なにがあったんだ~~~??と。

じゃじゃまま:2007/10/08(月) 18:25 | URL | [編集]

ままさんはこの世界がダメでしたか。
少しクセがあるから、好き嫌いが別れるんでしょうね。
自分は結構好き派だったので、中村さんをゆっくり追いかけてます。

しんちゃん:2007/10/09(火) 09:12 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

リレキショ 中村航著。


レキショに自分の人生を書き込んで、ガソリンスタンドで働く、拾われた弟、半沢良。夜中のスタンドで働く良のことを、受験勉強の合間に覗いてる少女がいる。その少女に向けて準備体操したりして、青春始まりそうな雰囲気。 なんでも拾うクセのある姉と、その友人山崎とのア

2007/10/08(月) 18:23 | じゃじゃままブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。