--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.09

「動物園の鳥」坂木司

動物園の鳥 (創元推理文庫)動物園の鳥 (創元推理文庫)
(2006/10/11)
坂木 司

商品詳細を見る

外資系の保険会社に勤める坂木司はいつもの友人の部屋にいた。鳥井真一。ひきこもり気味のコンピュータ・プログラマーで、最近では探偵のようなことをちらほらやっている。というのも、坂木が外出嫌いの彼をなんとかして外へ引っ張り出そうとしているうちに、いくつかの事件に巻き込まれ、それを鳥井が持ち前の頭脳で解決した結果、他人の相談事が持ち込まれるようになったからだ。

春が近づくある日、鳥井の部屋へ二人のお年寄りが訪ねてきた。坂木のお得意さんであり、今となってはもう年上の友人と呼んでも差し支えはないだろう木村栄三郎さん。もう一人は、栄三郎さんの幼なじみの高田安次朗さん。その安次朗さんは動物園にボランティアとして通っているが、松谷明子さんという二十三歳のボランティアも通っていて、最近の彼女はどことなく元気がない。原因は動物園に住み着いた野良猫が虐待される事件があいついで起こり、その野良猫の姿を見て心を痛めているという。

さっそく動物園に向かった坂木たちだが、その帰りに坂木は一人の男に声をかけられた。名前は、谷越淳三郎。坂木と鳥井が中学校のときのクラスメートで、鳥井を苛めていた奴だった。そう、思い出したくない人物。坂木の人生で唯一、存在を消したいとまで考えた人物。それが谷越淳三郎という男だった。シリーズ三冊目にして完結編。

苦手な部類に入るこのシリーズも終わってしまった。そして、三冊目にして、やっとしっくりきた。鳥井が引きこもる原因になったイジメや、坂木が鳥井に依存するようになった理由が明らかにされている。この原因や理由がわからなかったので、二人のべったり具合が気持ち悪かったのだとここにきてわかった。それと合わせて、二人をそっと見守ってきた友人の滝本にも、心の傷があったことが明かされる。その滝本には妹がいて、今回はたまたま上京していたので坂木たちと行動を共にする。この美月ちゃんがかわいくて、さらにミニ鳥井みたいで笑えた。

その一方で、イジメのことや、肩書きで人物を判断することや、ぶりっこで壁を作っていることなど、読んでいて重くなる場面がある。一番名の知れたものを選ぶブランド信仰と、それによる他者への世間体の押し付け。そして、同調しないものを排除するというイジメへの流れには、おもわずほほうと唸ってしまった。そういうイジメのパターンは確かにある。人と人は違うことが当たり前なのに、同類じゃばければハブをする。こんなことをするやつは小せえ。それに乗っかるやつも小せえ。そんな男をぐうの音が出ないほど理論攻めする場面は、ツッカエが取れたように胸がすうっとした。

本書は単独のミステリとしては物足りない。だけど、これまでの謎だった事柄が解けたというシリーズを通してのミステリとしてはアリだった。それに完結編としても、この内容なら納得できたし、心憎いオマケも巻末にあった。でも、これで終わってしまったことは、少しは寂しいかも。それに、坂木作品をすべて読んだことになるので、次に読む本がないことも寂しい。新刊をプリーズ。


関連記事
「青空の卵」坂木司
「仔羊の巣」坂木司
「動物園の鳥」坂木司

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

坂木司
トラックバック(3)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

ココまで読むと、なるほどねぇ~となりますよね。
坂木の不安定さの原因もわかって、すっきりした最終巻でした。
このシリーズはほんとに美味しそうな料理が並んでますよね。おまけでも、大いに食欲を刺激されちゃいました。

エビノート:2008/07/09(水) 20:15 | URL | [編集]

1作目は二人の関係に???でしたが
3作目にして納得ですよね。
途中で投げ出さなくてよかったって思いました。
知り合った人たちが友達になって行き
最終巻にも登場していたのが嬉しかったです。

なな:2008/07/09(水) 20:55 | URL | [編集]

エビノートさん
そうそう、やっとこさナルホドでした。
長かったです。長すぎです。
料理のレシピは面白いアイデアでしたね。

しんちゃん:2008/07/10(木) 12:46 | URL | [編集]

ななさん
ほんと投げ出さなくて良かったです。
期間を開けすぎて一冊目を二回読みましたもん。
今回は続けて読んだので、人物はばっちり憶えていました。
何故か塚田くんは出なかったですね。これ不思議。

しんちゃん:2008/07/10(木) 12:49 | URL | [編集]

こんばんは!
最後にきてやっとそれまでのもやもや感もすっきりでしたね。
全国の銘菓や料理のレシピが楽しみという、毎回ちょっと違った期待でわくわくしていました。
坂木さんはこのシリーズ以外未読なので、あとはこれからのお楽しみです。

雪芽:2008/07/10(木) 19:51 | URL | [編集]

雪芽さん、こんにちは。
ですよね。もやもやがやっと晴れました。何度挫けかけたことか。
鳥井料理のレシピは同じ味が再現できるのでしょうか。少し疑問。
いいな~。雪芽さんにはまだ楽しみがあって。

しんちゃん:2008/07/11(金) 11:47 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

動物園の鳥 〔坂木司〕


動物園の鳥坂木 司 東京創元社 2006-10-11売り上げランキング : 23073おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 春の近づくある日、鳥井真一のもとを二人の老人が訪ねてきた。 僕らの年上の友人でもある木村栄三郎さんと、その幼馴染みの高田安次朗さん

2008/07/09(水) 20:03 | まったり読書日記

「動物園の鳥」坂木司


動物園の鳥 坂木 司 野良猫虐待の犯人を見つけるため動物園を訪れた鳥井と坂木。そこで坂木は鳥井が引きこもる原因となった中学時代の同級生と出会う。 「青空の卵」う「仔羊の巣」に続く3冊目、長編です。今回は鳥井が引きこもりになった原因。坂木が鳥井の

2008/07/09(水) 20:56 | ナナメモ

「動物園の鳥」 坂木 司


動物園の鳥 坂木 司 「青空の卵」、「仔羊の巣」と続いたひきこもり探偵シリーズ完結編。 さらにはシリーズ初の長編でもある。 栄三郎さんの幼馴染み安次郎さんからの依頼を受け、動物園で頻発する野良猫虐待事件を調べることになった鳥井たちだったが、事件の真相

2008/07/10(木) 19:38 | コンパス・ローズ  compass rose

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。